日本人のための英語スピーキングを上達させるためのステップ勉強法


固定観念に囚われている日本人の英語スピーキングに関しての間違った勉強法と考え

 

日本人の私達は、中・高校で学習してきた6年間の英語の知識を多く持っているが、英語を話す事になれていないため
英語の学習をする際に、スピーキングよりも、本で学習する文法や単語の暗記を中心とした、スタイルの勉強方法が得意な人が多いです。

それが、ジャマしてなのか、英語学習をする際には、まずは正しい英文法を理解してから
しっかりした英文で、英語を話す事が脅迫観念のようにインプットされているかのような感じです。


しかし、非英語圏の国で英語を学習している外国人のスピーキングの学習スタイルを見てみると
とにかく、間違った文法でもなんでも、英語を話すことに重点を置いている国が多いです。


勿論、最終的には綺麗な英文法で話せる事が英語学習のゴールですが
彼ら非英語圏の人達は、英語のスピーキングの上達には、まず自分の知っている英単語とフレーズを
使って、英語を口に出すことの大切さを知っています。


 

スピーキングの上達には英語をどれだけ口に出すかがポイント!
スピーキングの上達には英語をどれだけ口に出すかがポイント!


 
 



非英語圏の外国人達の英会話学習方法から学ぶスピーキング学習方法

 

繰り返して、口に出すことによって、自然とネイティブが使う自然な会話をものにしていきます。
英語ネイティブたちとの会話の中で間違っている箇所の文法や言葉使い、単語は自然と指摘されより完璧な英語になってきます。

しかし、我々日本人は、綺麗な文法で英語を話すことに気をとられて
英語を口で発することに、恐れて話すこと抵抗がある人が多いと思います。

『間違った英語を話してしまって大丈夫なのか?』とか
英会話教室などでも、『みんなの前で間違った英語を口にしたら恥ずかしい』などと
考えてしまって英語を口にする事に消極的になりがちです。

英語のスピーキングの練習をする際は、英語圏のネイティブの気持ちになって
もっと積極的に、英語を口にだし、暗唱するようにフレーズを口に出して練習していきましょう。






   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post