Subscribe: RSS Twitter

日本人英語学習者は英語を話せないのかを徹底解析:独学で英語を話せるようになる具体的な方法を紹介



このサイトでは、独学で英語を話せるようになる方法についてのコンテンツを中心に紹介していますが、ネットを中心に英語学習についての記事を読んでいると目につくのが、何故日本人は英語が中々話せるようにならないのか?
こんなコンテンツをよく目にする事が多いです。

このようなテーマについては、過剰な英語教育ビジネスから出てきた、マーケティング的なキャッチコピーだと思っていますが、実際に私の友人の中に英会話教室で講師をしている英語圏のネイティブスピーカーに、これと同様の質問してした人がいました。

そこで、今回のページでは、なぜ日本人英語学習者は英語を話せないのか?というテーマについての具体的な解決策と
英語を独学で勉強している人向けにもなるような内容で紹介していきたいと思います。





日本人は英語を話せるようになる解決策

日本人は英語を話せるようになる解決策






ベテラン英会話講師が考える日本人が英語を話せるようにならない理由



その質問を投げかけてきた彼は、日本人に英語を教えて7年目になる英語の教師(公立中学校と英会話教室)です。
彼いわく英会話教室に通っている生徒たちの中で英語を話す事が苦手な人の特徴として、ある原因を見つけたといいます。

彼の担当しているレッスンで、授業中に生徒に簡単な質問した際、黙って固まってしまって、考えている素振りをしていて、中々答えを返してくれない人が時々いるようです。

こういった人に、どんな答えを考えているのか?と彼は尋ねてみると、大体難しい文章を頭の中で作って、質問の回答を用意しているようです。

たしかに英語を話す際、文法的に正しく話す事は需要な事だと思いますが、英語を口から出す事に慣れていない段階から、完璧で正しい英文法を意識するあまり、正しい文法を考えれば考える程、意識的に英語を口から発する事が難しくなってしまいます。
そのようなネガティブなスパイラルが頭の中を支配してしまうんですね。


また、その彼いわく、ネイティブとの会話に慣れていない人ほど、難しい構文と単語を駆使して英語を話そうとする傾向が強いようです。
ここにリーディングで英語を勉強してきた英語学習者の落とし穴があるようですね。

ネイティブ達が使っている会話のパターンはいたって単純な絵会話のパターンで構成されているので、文法的には中学で習った文法で最低限のコミュニケーションは取れるはずなのです。




日本人が英語を話せるようになる解決策



日本の授業では、受身のスタイルが一般的です。
そのクセなのか、私も含めて日本人は英語学習をする際に授業となると積極的に意見を発表したり、自分から話し出す事を苦手としているタイプの人が多いと思います。

その事を理解した上で、以下の点に気を配り英語を話す事を実行していくと良いと考えられますし、実際に私も勉強していてそのように感じています。



英語の表現は決して1つではないので、なるべく多くの英語の表現をマスターして使えるようにする。



まず、第一に英語で話す際に理解しておくと重要なのが・・。


英語の言い方・表現には、何通りものパターンがあるという事を理解する事。
これは、日本語であっても、他の国の言語でも全く同様の事が言えると思いますが、何か人に同じ事を説明する場合であっても、その内容を伝える表現や言い方はかなり沢山あると思います。

また、英語で話す際は、婉曲的な表現、遠まわしな表現を使わないで、シンプルの物事を伝えるという事を肝に銘じておくと、会話のフレーズを考える際であっても、英作文する際であっても、伝えたい表現が頭の中に浮かんできやすいのではないでしょうか。



様々な言い方や表現を習得するにはパターンプラクティスのような学習方法が好ましい。



英会話が上達する上で、重要な事は、やはり同じ言葉を何通りもの言い方が出来るようになる事です。
つまり、会話のフレーズやパターンを多く知っている事が英語をぺらぺらになる為の近道なんですね^^。


会話のフレーズやパターンを多く習得する為には、パターンプラクティスの訓練をする事がとても有効です。

使うフレーズは同じでも、単語を入れ替えたりして、自分が日常会話で使うであろう、英語の文章を作って練習してみましょう。
これらの学習効果はスピーキングの学習の中でもとても高い方法だと思います。



ネイティブとの英会話の際には、シンプルな文章で話せるように心がける事



上記の勉強がある程度済んだら、実際にネイティブと英語で会話できる機会を積極的に行っていきましょう。
その際には、なるべくシンプルな言い方やフレーズを使って、コミュニケーション出来るように心がけましょう。






   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ