英語スピーキングを上達させる方法:英語で物を考える・英語脳を作る方法




日本人が苦手な英語スピーキングを上達させる方法:英語で物を考える・英語脳になる方法


日本人の英語学習者は、英語を学ぶ際に、必ずと言っていい程
”日本語を頭の中で、一度英語に変換してから”口に出す事が常識となっていることと思います。

英語の本を読むにも、音楽をリスニングしたりしていても
英語で映画を見るにしても同様に、日本語から英語にして頭の中で英語を解釈していると思います。



しかし、英語は日本語と全く異なる言語なので
英語を直訳すると当然言葉の意味も間違った翻訳になりやすいですし

頭の中で英語を、日本語にしてから解釈しようとすると時間のロスになるますし
英語をペラペラにする為には、妨げになってしまいます。

英語が自然に口から出るように、ペラペラになるには
まず、日本語で物を考えるというクセを排除しなくてはなりません。



英語脳になる方法
英語脳になる方法








英語で物を考えるようになる方法:英語脳をマスターする


しかし、いきなり、英語で物を考えなくてはいけないとなると
その方法について、考えてしまうと思います。

まず、英語で物を考える習慣をつけるには、一日のうち数分でもいいので
自分の頭の中で考える、内容を英語で考えるようにして下さい。

例えば、通勤電車の空いた時間で、今日の仕事の予定を英語で考えてみたり
帰りの電車で、今日の一日の出来事を英語で回想してみて下さい。

その際、必ず”日本語を排除して、頭の中は英語だけにして考える”ようにして下さい。

とにかく、頭の中に浮かんでくる言葉は英語で考えるようにして下さい。
独り言も、英語でするようにして下さい^^。
どんな簡単な言葉でもいいです、とにかく思考は、英語で考えらえるようにしましょう。

毎日少しずつ、英語で物を考えるようになれれば、英語を話す際に
自然と英語で物を考えて、英語思考の状態からスムーズに英語が口から出やすくなります。

こうする事によって、少しづつ英語脳を作っていきましょう。







   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post