英会話が苦手な日本人の為の英語スピーキング克服方法を紹介



ネイティブと話さなくても英語のスピーキングが学習できる方法


英語の学習において日本人の我々が特にネックになってしまうのが
英語を話す事=つまりスピーキングです。

一般的には、スピーキングの学習の際は、英語圏のネイティブと話すことが大前提として
決められているような風潮になっていますが、実は私はそうは思いません^^



英語スピーキング克服方法
英語スピーキング克服方法



もちろん、ネイティブと英会話する事によって得られる恩恵は大きいと思います。
しかし、これは、英語が口ごもらず自然と出るようになってきた後に
行うようにすると効果は高いと思いますが
スピーキングの学習を始めたばかりの英語学習初心者にとっては
英会話する相手が、英語圏のネイティブでなくても、かまわないと私は思います。

それは、どうしてかというと、まずは”英語を口に出して発音する”という行為自体に慣れる事ができればいいので
極端な話、相手が生身の人間であれば、実際のところ誰でもかまわないと思います。




スピーキングの練習には、どんなパートナー選ぶ必要があるか



しかし、英語で話しかける相手は、誰でもいいといっても
全く英語に興味のない人を相手に話すのでは、英語を話された相手も、苦痛でしょう。

あなたが、英語で話しかけているうちに、自然と会話も日本語になりかねません。

それでは、どんな人が英語のスピーキングパートナーに一番適しているのでしょうか?

それは、”英語に興味を持っている日本人”を相手にパートナーとして選ぶとよいでしょう。

特に、英会話教室で知り合った人や、英会話カフェで知り合った人などが
好ましいでしょう。お互いの学習モチベーションの維持にもなりますから。

この際、一点だけ気をつける点としては
事前に二人で”英語で話す内容のテーマと時間”を決めておくと、会話もスムーズに流れるでしょう。

行き当たりばったりの会話ですと、すぐに日本語の会話になってしまうのは
正直、目に見えていますからね^^

事前に2人で話せる共通の話題など、話しやすい内容を日本語で決めておいて
スピーキングの練習をするといいと思います。












   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post