カナダ人英語教師が答えるカナダ英語とアメリカ英語の違いについて紹介


カナダ英語とアメリカ英語の違いについて



英語を本格的に学習している方であればもうご存知の方も多いと思いますが、英語圏各国はそれぞれの国毎に英単語やアクセント、言葉使い等に違いがあります。

以前に当サイトでも、「日常会話においてのアメリカ英語とイギリス英語の違い」について紹介していますが、これ以外にも多くの言葉使いの違いがあります。


そこで今回は英語圏の国の中でも非常に似た英語同士である、「カナダ英語とアメリカ英語」について紹介していきたいと思います。

実際にネイティブのイギリス人に聞いた話なんですが、我々カナダ人の話す英語とアメリカ人の話す英語を聞いても、どちらがアメリカ人なのかカナダ人なのか判別がつかないといったくらい似ているように感じるようです。



カナダ英語とアメリカ英語の違い
カナダ英語とアメリカ英語の違い





カナダ英語とアメリカ英語の違いについて



殆どの日本人は義務教育内で行われる英語の授業でアメリカ英語を中心に勉強しているので、アメリカ人の話す英語のアクセントや発音、イントネーションに慣れている人が多いと思います。

実際に私も日本人の生徒を相手に英語の授業をする時、その事を強く感じる事が多いです。そして、日本人の留学生が英語を勉強する為に語学留学する国といえば圧倒的にアメリカが多いと思います。


2008年の文部科学白書によると、語学留学の渡航先としてはアメリカが最も多く2.9万人。ついで中国、イギリス、オーストラリアの順になっているようです。



また私はよく日本人の生徒に「アメリカ英語とカナダ英語を比べた際にどんな所が違うんですか?」というような質問をよく聞かれる事があります。

そのような経緯もあり、私はカナダ人としてカナダ英語とアメリカ英語の違いを説明する必要がある!と思い(笑)
、その違いについて解説しておきたいと思いを記事を書く事にしました。そしてこれは現在の私の視点からみたアメリカ英語とカナダ英語の違いについてです。


実は殆どの英語圏のネイティブ達(特にイギリス人、オーストラリア人、ニュージーランド人など)は、アメリカ人とカナダ人の話す英語のアクセントを区別できないと思います。

特にアメリカとカナダの西海岸のアクセントは殆ど同じアクセントです。


しかしカナダの東海岸のアクセントには様々な特徴があって、特にモントリオールなどのバイリンガルなエリア(フランス語も使われている)では英語のアクセントも違います。

それでは一体、どのようなポイントでカナダ英語とアメリカ英語を区別できるのでしょうか。


カナダ英語とアメリカ英語の違い
カナダ英語とアメリカ英語の違い





カナダ英語とアメリカ英語の違いについて: 1. ou の発音



アメリカ人によく言われているステレオタイプですが、確かにこの点でカナダ英語とアメリカ英語の発音は少し違います。最も有名な例の一つとして「about」という単語の発音があげられると思います。


  • アメリカ英語:アバウト
  • カナダ英語:アブート


上記の例では、カタカナ読みで少し大げさに紹介しましたが大きく言うとこのくらいの違いがあります。また「out」や「plough」、「house」等の単語の発音は上記の例に近いですね。エリアによって発音の強さが違う場合もあります。




カナダ英語とアメリカ英語の違いについて: 2. eh?という付加疑問文



イギリス人はよく「~、isn’t it?」や「~, aren’t you?」などの付加疑問文をよく使います。一方アメリカ人はよく「~right?」という言い方を使います。

そしてカナダ人がよく使う英語の表現として「~eh?」という表現を使いますね。面白い事にオーストラリア人とニュージーランド人もこの表現をよく使います。




カナダ英語とアメリカ英語の違いについて: 3.「zee」ではなく「zed」



もしあなたがある英語を聞いて、その人がアメリカ人なのかカナダ人なのかを区別したかったら、アルファベットを言ってもらえばすぐに判別する事が出来ます(笑)。

一般的にアメリカ人は「Z」を「ゼィー」という発音を使っていい、カナダ人は「ゼッド」という発音をします。




カナダ英語とアメリカ英語の違いについて: 4. ボキャブラリーの違い



カナダ英語は、アメリカ英語とイギリス英語のちょうど真ん中のような英語というと分かりやすいかもしれません。ですからカナダ英語は、時にイギリス英語の単語を使ったりアメリカ英語の単語を使う事もあります。


例えば:

大学という単語の場合

・カナダ英語: university
・アメリカ英語: college (時々universityを言う)


蛇口という単語の場合

・カナダ英語: tap
・アメリカ英語: faucet


鉄道という単語の場合

・カナダ英語: railway
・アメリカ英語: railroad


お手洗いという単語の場合

・カナダ英語: washroom
・アメリカ英語: restroom
・イギリス英語: public toilet/lavatory


上記は一例ですが、他にも多くのボキャブラリーの違いがあります。





カナダ英語を練習する為のメディアセレクション: 1. 映画:The Sweet Hereafter (1997)





このストーリーは元々小説でした。ブリティッシュコロンビア州の小さい町のストーリーです。
スクールバスの事故が起き市民達がバス会社を訴えるかどうか決めなければならない。

かなり「ダーク」なストーリーですが、カナダで作られた映画の中で最も評判のいい映画だと認められています。




カナダ英語を練習する為のメディアセレクション: 2. ドラマ:Due South (1994-1999)





Due Southは有名なテレビドラマです。1994年に初めて上映されたテレビドラマです。
馬に乗っている警察(”mountie”)の様々なアドベンチャーを中心にしたストーリーです。ライトなユーモアがたっぷりなテレビドラマです。^^



さらに詳しい英語圏の国民性やビジネスカルチャーを知りたい方は、当サイトの教材ビジネス・イングリッシュマスターで詳しく紹介しています。英語と日本語訳が交互で流れる音声を使ってビジネス英語を勉強出来ます。








   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post