ネイティブとペラペラ話せる・コミュニケーション重視の英語勉強方法


ネイティブとペラペラ話せる・コミュニケーション重視の英語勉強方法


ネイティブとのコミュニケーションを中心に考えている英語の勉強をするなら
個人的には、ただ英単語の丸暗記をするよりも、会話の言い回し=
会話のフレーズを丸々覚えた方が効果的だと思っています。


会話のフレーズをいくつも覚えていけば、ネイティブとの会話で、そのまま活かせますし
それら覚えたフレーズは、単語の一部を差し替えれば
簡単に別の表現をつくり出す事も出来ます。



海外旅行にいった際にも、すぐに使えるので即効性がある方法です
旅行に行って、簡単に現地のネイティブとのコミュニケーションが取れるという事は、とても重宝しますよね。

それに、この方法が効果的思ったのは
その昔、まだ私が海外生活をしていた当初に凄く感じました。


私は、その昔仕事の手伝いで、しばらくの間、アメリカに住んでいた時があったんですが
その当時は、ほぼ初の海外生活という事もありましたし、英語なんて
高校受験以来、全く勉強していなかったので・・・。
私の英語力はホントひどいモノでした。



アメリカに来る人や留学に来る人は、ある程度日本で英語を勉強してから
留学にやってくる人が多いので、一般的に英語の知識に下地がある人が多かったのですが。

そんな中でも・・・。

私くらい英語が出来ない人も珍しかったと思います(笑)。



そして、あまりに英語が不憫だった為に留学生が通う英語学校や移民が通う語学教室に行きました。

通常は、日本人が行く語学学校って日本人のスタッフが常駐していて
アメリカの語学学校でも、日本語でサービスが受けられる為に
殆どの日本人が、そのような学校に通います。


しかし、私が通った語学学校は
日本人のスタッフはおろか、日本人の生徒もめったにいない語学学校でした(笑)
いるのは、ロシア人や、モンゴル人、ラテン系ではブラジルやメキシコ、グアテマラ
スペインやタイ、フィリピンなど国際色豊かな学校でした。

しかし何で、そんな語学学校に行ったかというと・・・・。

単に家の近所という事と、授業料の値段が異常に安かったから行くことにしたんですが(笑)。


しかし、その日本人が全くいない
環境で、最初に私の英語力がアップしたきっかけになりました。

日本人のサポートスタッフがいないので
授業料や、ビザ、テストやその他、事務手続きなどをすべてつたない英語で
やりとりする必要がありました。。

また、他の生徒とも当たり前ですが
英語でコミュニケーションとらなくてはいけないので
毎日、簡単に日常会話ができるように英語のフレーズを覚える事に集中して
いたら、日常会話のスモールトークくらいできるようになりました。

また、そのフレーズがきっかけで
話が膨らみ相手からの質問が来て、また相手の質問のわからない意味を
調べてみたいな感じで、毎日を過ごしていたらいつの間にか
少しずつ英語による会話が成立していたんです。

その時から、私は以前やっていた勉強法の単語を丸々暗記する学習をやめて
文章・フレーズに含まれている、一つの単語の使い方の知識を深めるようになりました。


やはりこの方法によって
当時の私は、英語の勉強のコツを少しずつ
理解できるようになった気がしました。
















   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post