英語圏の国で新しく出来たスラング紹介:2012年に新しく出来たスラングと俗語について


2012年に新しく出来た俗語とスラング紹介


英語圏の国々でも毎年、新しい表現やスラングが生まれては、使われ続けています。
スラングの単語の使用や、人気は、いつもブームしては、廃れ、毎年移り変わります。

そして、英語圏の辞書のメーカーは、毎年、これらの新しい単語を次の辞書に入れた方がいいかどうか、考えなければならない。辞書に入れると、その単語は、正式な英語のボキャブラリーになります。

そこで今回は、ここ最近イギリスでブームしたスラングを紹介します。

これらの単語は、現在、Collinsという辞書メーカーの人々によって、次の辞書に入れるべきか、どうか検討されています。まだ詳細は不明ですが、今年イギリスに行けば、これらの単語をよく聞くと思います。

英語圏の国で新しく出来たスラング紹介
英語圏の国で新しく出来たスラング紹介




イギリスの新しいスラングのベスト10



(以下は、他の英語圏の人々にも使われる場合がある)


  • 1. Amazeballs (素晴らしい、凄い、かっこいい)
  • 2. Frenemy (友達だけど、時々敵になる人)
  • 3. Shabby chic (古くて、ぼろそうな家具を使うインテリアデザインのブーム)
  • 4. Tiger mother (アグレッシブで、成績に気にしすぎるお母さん)
  • 5. Floordrobe (床に適当に置いた洋服の山。Floor=床、drobe=wardrobe(クロゼット)の省略)
  • 6. Mummy porn (中年の女性や、お母さん向けのHな本)
  • 7. Marra (友達。アイルランド語から取られた単語)
  • 8. Bashtag (ツイッターの悪口や、誰かをディスしているハッシュタッグ)
  • 9. Bang tidy (ハイクオリティー)
  • 10.Totes (凄く、とても)









   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post