ビジネス英語学習者は必見:ネイティブとのコミュニケーションで言葉以上にインパクトが大きいのボディーランゲージ・ジェスチャーの活用法



ビジネス英語を勉強する際に合わせて覚えたいボディーランゲージ・ジェスチャーの効果とルールについて


のボディーランゲージ・ジェスチャーと英語の関係は非常に密接な関係で、特に英語で自分の事について、自分の意見を発表する際にものボディーランゲージやジェスチャーはとても有効です。

特にビジネスシーンで英語を使う際には、このボディーランゲージやジェスチャーが、英語=言葉以上に力強い表現力を持っている事、相手に強い印象を与える事が出来るという事を理解された方がいいと思いましたので、今回はボディーランゲージ・ジェスチャーについてを紹介します。


これは日本語でも全く同様の事だと思いますが、一般的に人に何かを説明したりする事が得意な人、相手を納得させる交渉力のある人は身振り手振りを巧みに取り入れた話し方、ジェスチャーがとても上手です。

ボディーランゲージやジェスチャーは、ネイティブとのコミュニケーションの際に、コミュニケーション力をアップさせる事が出来るツールとして、使い方によって英語と同様の効果を発揮します。



ビジネス英語を勉強する際に合わせて覚えたいのボディーランゲージ・ジェスチャーの効果とスキル
ビジネス英語を勉強する際に合わせて覚えたいのボディーランゲージ・ジェスチャーの効果とスキル





英語圏各国のボディーランゲージ・ジェスチャーについて



当サイトは、4カ国の英語圏ネイティブによって運営されているサイトという事もあり、今まで各国の英語の特徴や英語圏各国のカルチャーについても今まで解説してきました。同じ英語圏であっても国民性は全く異なりますし、ビジネスカルチャーも全く異なることからボディーランゲージやジェスチャーについても多少表現は異なります。


アメリカのボディーランゲージとジェスチャー



アメリカ人とコミュニケーションする際やアメリカ人のビジネスマンと話す際にはいつもの自分よりも少し大げさくらいのボディーランゲージとジェスチャーを使って、自分の意見や考えを表現するといいと思います。

アメリカ人の性格は他の英語圏の国民よりも喜怒哀楽がハッキリしている事もあり、ジェスチャーもかなり豊富でユニークです。

手の動きを巧みに使って、自分の気持ちを表現する事が多いです。簡単に言うとアメリカ人のHIPHOPラッパーをイメージしてもらえると分かりやすいですね^^




イギリスのボディーランゲージとジェスチャー



イギリス人とコミュニケーションする際は、逆にアメリカと話す時よりも少し大人しめのボディーランゲージとジェスチャー
を使って、自分の意見や考えを表現するといいと思います。イギリス人はアメリカ人程、喜怒哀楽がハッキリしていないので過剰な自己主張や大げさなボディーランゲージとジェスチャーは、少しうるさいと感じられるかもしれませんね^^


特にイギリスは、マナーや礼儀にうるさい国柄という事もあり、特にマナーに関してのルールは比較的、日本に近いようなルールを持っていると思います。ビジネスのシーンでは少しアグレッシブに意見を主張してもいいと思います。

また、イギリスのジェスチャーで日本と全く違う事といえば、例えば日本では、学校の授業やビジネス会議などで、意見がある人は手をあげる(挙手)と思います。

しかしイギリスでは、手をあげる代わりに人差し指を上に向ける形で意思表示します。




英語圏(欧米)で使えるボディーランゲージとジェスチャーについて



以下に英語圏(欧米)で日常的に使われている代表的なボディーランゲージ・ジェスチャーを紹介していきます。



両手にVサインを作って指をクイっと曲げるジェスチャー



これは、その言葉を強調する為の引用符を表すジェスチャーです。
会話中、その単語や言葉を強調したい際に、その言葉を話しながら同時にVサインを作って指をクイっと曲げます。
これによって、その言葉を強調する事が出来ます。これはかなりネイティブっぽく見えるジェスチャーですね^^


腕を組むポーズ



映画でも相手を威嚇する際にするポーズで登場していますね。
警戒を示すポーズでネガティブな意見、自分とは反対意見の際に使われるボディーランゲージですね。


両手を広げるポーズ



英語圏に行くとよく見られるポーズですね。
理解できないというポーズです。アメリカ人などは、アクシデントや怒った時によく使いますね(笑)。



親指を立てるポーズ



フェイスブックでマークでおなじみのいいね!のポーズですね。



手の平を相手に見せて動かすポーズ



相手に自分の手のひらを見せて話したり、コミュニケーションを取ったりする事で”自分はあなた心を開いていますよ”という意思表示を出来ます。逆にポケットに手を突っ込んだり、手の平を隠した状態で話をする事はあまりよくないと思います。

特にビジネスのシーンで英語圏のネイティブとコミュニケーションをする際は、出来るだけ身振り手振りを入れて英語で自分の気持ちを表現すると信頼されると思います。















   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post