国際的なビジネスマンになる為のグロービッシュ勉強法


グロービッシュのコンセプトを理解する

 

グロービッシュとは、ジャン=ポール・ネリエール氏によって提唱された英語のコンセプトで
非ネイティブの英語圏の国民でも簡単に習得できる英語として考え出されました。
語彙には、会話中で使用頻度の高い英単語1500語が使用されます。
それら1500英単語と簡素な英文法使ってを話します。

英語を流暢に話せるようになるというよりは、英語を道具して使うという意味合いが強いと思います。


グロービッシュ勉強方法
グロービッシュ勉強方法


 

グロービッシュを使用する主な例をあげると、
例えば、ビジネスの会議のシーンだけで使用するビジネス英語の場合
世界で活躍するトップアスリートが使うようなコミュニケーションが主体の英語。
これらのシーンでグロービッシュを使用するという位置づけになると思います。

グロービッシュの語源の意味として”Global English”が省略されてグロービッシュとなりました。

 

 

グロービッシュのブームと今後

 

ビジネス雑誌の東洋経済でビジネスマン向けの英語トレーニングとして紹介されるようになって
日本では、2010年の後半くらいから少しづつ、グロービッシュ書籍のブームが広まって来ました。

英語コンプレックスの強い日本人には、グロービッシュで提唱されている
”1500語で英語が話せる”というコンセプトが人気呼んで、ブームになってきたようですね。
比較的入門しやすい英語学習方法として認知されてきました。

今後ますます、広がっていく国際ビジネスの現場から、非ネイティブの英語圏の国は
国際マーケットから、とりのこされないようにする為に、グロービッシュ=英語を話せる人になる。に適応していく必要があるんだと思います。

非英語圏の国の人が使う英語は、英語がネイティブの国の人達にとって
時々、わかりにくい話し方や、英単語を使うと言われている事もありますが

今後は、英語圏のネイティブの人々が、少しづつグロービッシュのコンセプトを理解して
少しでも、世界中の人達が円滑に国際ビジネスの場で英語で、コミュニケーションが出来たら一番理想ですね。





ビジネス英語を勉強する為の専門教材:ビジネスイングリッシュ・マスター











   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post