Subscribe: RSS Twitter

日本人が英文法の間違えを気にしてしまう理由と対策:英対話力を磨きネイティブとコミュニケーション


今回は、日本の英語教育と日本人の英会話力=英対話力について書いてみたいと思います。
日本の中学校や、高校の英語教育では、英文法の間違えは、厳しくチェックされると思います。

これは、英語教育を受ける生徒の英対話力=コミュニケーション力に教育の重点がおかれるのではなく
文章を正しく翻訳する能力が、英語が出来る能力だと認められている傾向にあるからだと思います。

このせいか、日本人は一般的にが英語を話す際に、文法の間違えを気にしすぎて、英語を話す前によけい躊躇してしまいます。
私が教える英語の授業でも特に多いですが、このコミュニケーション能力に苦手意識が働いて、結局は、授業で何も話さないで、済ます生徒も多いです。

しかし、良い英語スピーカーになるためには、とにかく英語の細かい文法の間違えを気にせずに、言いたい言葉を話し出した方がいいです。(Just speak!) その理由は、コミュニケーションをしながら、英語の言葉遣いや、英文法の能力を磨くことができるからです。

とにかく、文法的な間違いは、英語ネイティブの人もよくあるので(笑)。
自分の文法の間違えを気にせず話してみるといいと思います!


英語ネイティブの文法間違え:ベスト5

英語ネイティブの文法間違え:ベスト5






英語ネイティブの文法間違え:ベスト5



1. ”You did good!” “We did great!”

上記の文章は、日本語の「よく出来ました!」という表現に相当しますが、英語のバージョンでは、多くの間違えがあります。
Goodやgreatは、形容詞だが、そのときに、副詞を使った方が正しい使い方です。”You did well”が文法的に正しいです。
しかし、この間違えは、よく使われているので、もう普通の英語になってしまいました。



2. ”10 items or less”

この表現は、英語圏のスーパーのレジによく貼ってあるキャッチコピーで使われているんですが。
10個の商品をまとめて買いたい人のためにできた言葉なんです。

この間違えが分かるでしょうか?少し細かい文法ルールになるので、わかりづらいかもしれませんが、”less”は、数えられない場合のみに使われるはずです。ですから”less water”という文章は大丈夫ですが、”10 items or less”は、”10 items or fewer”になるはず。
新聞のジャーナリストや、学校の先生達は、これについてよく文句を言っていますが、もう普通に使われているのでしょうがないかもしれませんね^^



3.”Jack is taller than me”

この比較の文章は、日本の中学2年生の時に教えられているので、殆どの日本人は使い方が分かるかもしれません。
しかし、英語圏のネイティブの中では、この文章を間違えて使っている人が多いです。

実は、この表現で正しい使い方の”than I”より、正しくない”than me”の方がよく使われているんです。
“than I”を使っている人は少なく、”than I”を使う人こそ間違いに聞こえる事が多いです。
ネイティブのような英話を話したかったら、正しい文法を忘れて、”than me”を使った方がいいかもしれないですね。



4. ”Me and my mum went to the shop”

英語圏のネイティブは、よくI(主語)とme(目的語)の使い方を間違えます。
この文章は、正しく言うと”My mum and I went to the shop”になるはずですが、会話で”me”を使う人が多いです。
そして、この間違えは、よく使われているので、逆にmeを使った方がいい場合に、しつこく” I ”を使う人がいます。

例えば”Mike spoke to Katy and I”などの文章。

正しくは、”Katy and I ”ではなく、”Katy and me ”が正しい言い方です。
では、ネイティブ達は、なぜこういう間違えをするのでしょうか?

これは、おそらく、現在の英語圏の国語の授業では、英文法が教えられていない事に関係していると思います。
多くの生徒は「主語」や、「目的語」などのコンセプトが分かっていないと考えられます。



5. “I should of studied harder”

この間違えは、会話よりも、よくライティングの方で間違える人が多いと思います。

正しい文章は”I should have studied harder”。

Should have ~は、日本語の「~した方が良かったのに」というフレーズに相当します。
そして、英語のshould haveは、よくshould’veに省略されています。
発音的に、これがshould ofに近いことから、英語として書くときに間違える人が多いんです。
この間違えは、絶対に真似しない方がいいですね^^






ネイティブスピーカーと対等に話せる英会話を完全独学でマスターする為の英語学習教材:Efficient English (イフィシェント・イングリッシュ)








   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ