英語でツイッター?!英語のツイートを理解する為に最近流行っているツイッタースラングと用語を紹介




英語のツイートを理解する為の最近流行っているツイッタースラングと用語を紹介



マスターランゲージをご覧の皆さんはツイッターを使っていますでしょうか。今やツイッターは、世界で最も人気のあるソーシャルネットワークサイトにまで成長しました。ツイッターのユーザー数は約 500,000,000人以上の利用ユーザーがいますので、ツイッターは使い方によっては非常にパワフル且つ、役に立つコミュニケーションツールです。

そしてツイッターは上手に利用すれば英語学習のツールにもなります! 英語圏の多くの芸能人やスポーツ選手はツイッターを使っていますので、彼らを「フォロー」すると、本物の海外セレブとコミュニケーションを取ることが可能になるんですね^^

英語学習者にとってツイッターはとても楽しい英語学習ツールだと思います。


しかし、ツイッターの世界では多くのスラングや専門用語、アクロニムが使われていますので、英語を勉強し始めた初心者にとっては、少し分かりづらい言葉も出てくるかもしれません(中には私にも分かりづらい英語用語があります^^)。

今回の記事では、英語圏のツイッターユーザーによく使われているスラングと用語を紹介していきたいと思います。



英語のツイートを理解する為に最近流行っているツイッタースラング業界
英語のツイートを理解する為に最近流行っているツイッタースラング業界






今回紹介するツイッターのスラングと用語について



  • 1. tweet
  • 2. Dweet
  • 3. IMO, IMHO
  • 4. Mistweet
  • 5. tweeple, tweeps





英語圏のツイートを理解する為のスラングと用語紹介: 1. tweet



tweet (トウィート)

この単語は日本語でも既に使われている言葉だと思いますが、「tweet」という単語は「ツイッターの短いメッセージ(140文字以内)」という意味になります。

「Tweet」という単語の本当の英語の意味は、「鳥のさえずり」=「ぴよぴよ」という音の擬音語です。
しかしツイッターの爆発的なブームによって、「Tweet」という単語は現在、名詞としても動詞としても使われています。


例文:

Did you read that tweet that Mike wrote?
(あなたはマイクが書いたツイートを読みましたか?)

Mike tweeted me yesterday.
(マイクは昨日私にツイートを送りました。)

※Tweetの過去形は「tweeted」になります。




英語圏のツイートを理解する為のスラングと用語紹介: 2. Dweet



Dweet (ドウィート)

これはツイッターの世界で使われているスラングなのですが、簡単に説明すると「drunken」(酔っている)と「tweet」の省略という意味になります。
このスラングの意味は「酔っている時に送ってしまったツイート」という意味になります^^

「Dweet」を送った人は、後で恥ずかしくなって、自分の行動を後悔する可能性がある。(笑)
これも名詞か動詞とし使われています。


例文:

Be careful about dweeting!
(ドウィートの事を気をつけましょう!)





英語圏のツイートを理解する為のスラングと用語紹介: 3. IMO, IMHO



IMO, IMHO

この省略は英語圏の人のツイートでよく使われる事が多いですね。この「IMO」、「IMHO」という言葉は「私の意見で」という意味になります。

・「IMO」=「In My Opinion」
・「IMHO」=「In My Humble Opinion」が原形です。


例文:

IMO, Michael Jackson was a great artist.
(私の意見では、マイケルジャクソンは素晴らしいアーティストだった。)





英語圏のツイートを理解する為のスラングと用語紹介: 4. Mistweet



Mistweet (ミストウィート)

これは 「間違えて送ってしまったツイート」という意味になります。
例えば、メッセージを間違えて違う人に送ってしまった場合にこの単語を使います。 「後悔している」というニュアンスが含まれています。


例文:

I mistweeted and sent a message to my ex-boyfriend instead of my husband.
(私は旦那へ送るはずのメッセージを元彼に送ってしまった。)





英語圏のツイートを理解する為のスラングと用語紹介: 5. tweeple, tweeps



tweeple, tweeps (トウィープル・トウィープス)

これらの変わった単語は「twitter people」の省略から作られました言葉です。
「Tweeple」とは、自分のツイッター「友達」、自分と繋がっているコミュニティーという意味になります。


例文:

Hi tweeps. I have a question for you….
(ツイッター仲間の皆さん。こんにちは、私は質問があるんですが・・・)





英語圏のツイートを理解する為のお勧めの本:






この本はツイッターで使われている英語を紹介する本です。
英語でツイッターをはじめてみましょう^^! 世界中の人達とつながれるチャンスですね^^

特に同じ趣味を持った英語圏の仲間とつながる事が出来れば、英語学習の効果も抜群です。















   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post