CuteとPrettyの違い、ニュアンス、使い分け、使い方:イギリス英語とアメリカ英語においても使い方が違います!


CuteとPrettyの違いって?ニュアンスや使い分け、使い方について紹介



「Cute」と「pretty」という英単語は両方とも日本語で「かわいい」という意味になりますが、英語においてニュアンスや意味の違いはあるでしょうか?

実は、英語では「cute」と「pretty」は微妙に違います。そして、イギリス英語とアメリカ英語の微妙な違いもあります。それでは、cuteとpretty違いと使い方を詳しく例文を交えてみていきましょう!


CuteとPrettyの違い、ニュアンス、使い分け
CuteとPrettyの違い、ニュアンス、使い分け


おすすめ記事:





Cuteの正しい使い方、使い分け、ニュアンスについて



意味:可愛らしい

「Cute」という単語は主に「小さくて可愛らしい動物」「赤ちゃん」「ぬいぐるみ」等に対して使う単語です。

大人に対して使うと少し「子供っぽい」や「若い」というニュアンスが含まれた意味になります。そして、大人の場合は主に女性に対して使う単語です。


例文:


That baby is so cute!
(あの赤ちゃんは凄く可愛い!)


This teddy bear is very cute.
(この熊のぬいぐるみはとても可愛いです。)


I think kittens are so cute.
(私は子猫がとても可愛いと思います。)


That actress is really cute.
(あの女優は本当に可愛いです。)


アメリカ人はイギリス人より「cute」という単語を使うような気がします。そして、イギリス人が「cute」という単語を使う場合、主に「子供や動物」に対して使います。

アメリカ人の場合はイギリス人よりも「大人の女性」に対して使う場合が多いです。




Prettyの正しい使い方、使い分け、ニュアンスについて



意味: きれい、美しい


「pretty」は「Cute」と違って「景色や花等」の「物」に対して使う事が出来ます。「Cute」には「可愛らしい」というニュアンスがありますが、「Pretty」には「上品」というニュアンスがあります。

ですから、「Pretty」は「大人の女性」に対して使う事が出来ます。しかし、男性に対しては使いません。


例文:


This is a very pretty garden.
(これはとても綺麗な庭です。)


That’s a pretty dress. Where did you buy it?
(それはとても素敵なワンピースですね。何処で買ったんですか?)


Kate has a very pretty face.
(ケイトは顔が綺麗です。)
※つまり、ケイトは上品で綺麗。「Cute」の「子供っぽさ」はありません。


Anna is both cute and pretty.
(アンナは可愛くて綺麗です。)



まとめると、「cute」は主に「小さくて、若そうで可愛い」という意味になります。「Pretty」は「見た目が綺麗、上品、美しい」というニュアンスになります。

「Cute」は見た目だけではなく、「人の性格や話し方、態度」等もcuteと表現する事があります。


おさらい:

That teddy bear is cute. (正しい使い方)
That teddy bear is pretty. (間違えた使い方)

That baby is cute. (正しい使い方)
That baby is pretty. (間違えた使い方)

That girl is cute. (正しい使い方)
That girl is pretty.(正しい使い方)
※両方の文章が正しいですが、ニュアンスが異なります。


以上、今回は「CuteとPretty」の違い、ニュアンス、使い分け、使い方について紹介してみました。







   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post