Subscribe: RSS Twitter

英語で「どうしたの?」や「どうしましたか?」という表現は何と言うのか?



今回の記事では日本語の日常会話でよく使われている「どうしたの?」という表現の”英語の言い方”を紹介していきたいと思います。

日本人が英語で会話する際には自分が普段使っている日本語のフレーズを英語で言った場合にどんな表現になるのか?等はとても気になると思います。


例えば今回の「どうしたの?」というフレーズは英語の場合だと、どのようなシチュエーションで使うのでしょうか?

誰かの顔色が悪い場合や、誰かがが泣いている場合、誰かが悲しそうにみえる場合には「どうしたの?」という質問をする場合が多いでしょう。


では、下記のシチュエーションでは、どの英語のフレーズを使うべきなのでしょうか?


英語で「どうしたの?」や「どうしましたか?」という表現は?

英語で「どうしたの?」や「どうしましたか?」という表現は?



おすすめ記事:





1. What’s the matter?



この表現は日本語に直訳した場合「何の問題ですか?」という意味になりますが、ニュアンス的に日本語の「どうしたの?」と同じ使い方になります。


例文:

A: You look sad. What’s the matter?
 (悲しそうにみえますね。どうしたんですか?)

B: My dog died this morning.
 (今朝、私の愛犬が死んじゃったのよ。)


A: What’s the matter with Kenji?
 (ケンジはどうしちゃったんですか?)

B: He broke up with his girlfriend yesterday.
 (彼は昨日彼女と別れたそうです。)




2. What’s wrong?



この表現は上記の「What’s the matter?」と似ていますが、「What’s wrong?」もう少しダイレクトです。丁寧な表現ではありません。

「What’s the matter?」は医者などの人が使うような表現ですが、「What’s wrong?」は親子の会話や友達の間で使うような感じです。


例文:

A: What’s wrong now? Why are you crying?
 (もう・・どうしたの?どうして泣いているの?)

B: He hit me!
 (彼は私を叩いたよ~!)
※親子の会話


A: What’s wrong with the printer? Why isn’t it working?
 (プリンターはどうしたんだろう?どうして動かないの?)

B: I think it’s broken. Someone’s coming to fix it later.
 (壊れていると思うよ。後で誰か直しに来る。)




3. What’s up?


この表現は一番カジュアルな言い方になります。そして、この表現はアメリカ英語で挨拶としても使う事が出来ます。


例文:

A: What’s up?
(どうしたの?)

B: I’ve caught a cold.
 (私は風邪を引いたよ。)

A:Hey man! What’s up!
(おっす!元気?)

B: Hey, I’m good! Great to see you again!
(やあ!元気だよ。久しぶりだね!)
※挨拶としての「What’s up」


「What’s the matter」、「What’s wrong」、「What’s up」に「with ~」を付けると、「~はどうしましたか」という意味になります。

では実際の使い方をみていきましょう!


例文:

What’s the matter with you?
(あなたはどうしたの?)


What’s wrong with my computer?
(私のパソコンはどうしたんだろ?)


What’s up with Mike?
(マイクはどうしたの?)


他には、誰かの様子を聞く際に下記のような表現を使う事も出来ます。これらのフレーズは上記のフレーズより少し婉曲的な表現だと思います。


Is there anything wrong?
(何か問題がありますか?)


Are you ok?
(大丈夫ですか?)


Is there anything you want to talk about?
(何か話したい事がありますか?)


Are you feeling all right?
(体調は大丈夫ですか?)


いかがでしたでしょうか。自分が日本語で日常的に使っている表現って気になりますよね^^

そしてそういった自分がよく使う表現を英語に置き換えた場合にどんな言い方になるのか?等は英会話をする上でとても役に立ちます。是非この機会に覚えてみましょう!

他にも「日本語の~~は英語で何と言うんですか?」という質問があれば、是非ご質問くださいね^^

>> マスターランゲージのライターに質問






   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ