「Delicious」と「Yummy」と「tasty」と違いと正しい使い方:英語の日常会話でよく使われる単語


英語の日常会話でよく使われる「Delicious」と「Yummy」と「tasty」と違いと正しい使い方について



今回の記事では3つの似ている英単語の意味とニュアンス、使い方について紹介したいと思います。


この3つの単語は日常英会話でよく使われていますので使い方をマスターしておくと便利で役に立つと思います。今回紹介する単語は「delicious」、「yummy」、「tasty」になります。


「Delicious」と「Yummy」と「tasty」と違いと正しい使い方
「Delicious」と「Yummy」と「tasty」と違いと正しい使い方


おすすめ記事:

お勧めの教材


この記事を書いたライター(Mairi)が書いた電子書籍をお勧めします!



Deliciousの意味とニュアンス・正しい使い方



Delicious

意味: とても美味しい


殆どの英語学習者は「delicious」という単語の意味が分かると思いますが、意外と使い方を間違えている人が多いと思います。

先ず、「delicious」は「最高に美味しい」という意味になるので、「very delicious」などの言い方は使いません。

しかし、「absolutely delicious」や「utterly delicious」という言い方は使う事が出来ます。


そして、日本語で、「美味しい店」というフレーズは使えますが、英語で「delicious restaurant」は少しおかしい表現です。何故なら、「レストランは食べ物ではありません」(笑)。

「美味しくない」という単語は「not delicious」にはなりません。「美味しくない」と言いたい場合には、「not good」や「not nice」等のフレーズを使いましょう。



例文:

This ice cream is delicious.
(このアイスクリームはとても美味しいです。)


Emma’s wedding cake was absolutely delicious.
(エマのウェディングケーキは本当に美味しかったです。)


I know a restaurant that serves delicious food.
(私は美味しいお店を知っています。)


Japanese home-cooked food is delicious.
(日本の家庭料理はとても美味しいです。)


My sister’s cooking is not very good.
(お姉ちゃんの料理はあまり美味しくない。)




Yummyの意味とニュアンス・正しい使い方



Yummy

意味:おいちい!


「Yummy」は子供が使う英単語です。子供と話している大人も使えますが、大人同士は「yummy」をあまり使いません。

これはカジュアルで子供っぽい言い方ですが、「delicious」と同じ意味になります。


例文:

Is that yummy? Do you want some more?
(美味しい?もっと食べる?)
※ママと赤ちゃんの会話


I love chocolate! Chocolate is yummy!
(私はチョコが大好き!チョコはおいちい!)
※子供の話




Tastyの意味とニュアンス・正しい使い方



Tasty

意味:味が美味しい


「Delicious」と「tasty」は大体同じ意味になります。しかし、「delicious」の方が強いニュアンスの形容詞です。

「Tasty」は「taste」(味、味わう)という名詞・動詞に関連する形容詞です。つまり、「味が美味しい」という意味になります。


「Delicious」と違って、「tasty」は「very」と一緒に使う事が出来ます。

私の個人的な印象ですが、「tasty」は甘いもの、スイーツと一緒には使いません。例えば、「tasty chocolate cake」よりも「delicious chocolate cake」という言い方の方がネイティブっぽい言い方だと思います。


例文:

This chicken pie is very tasty.
(このチキンパイはとても美味しいです。)


I thought that pasta dish was quite tasty.
(あのパスタ料理は結構美味しいと思いました。)


I had a really tasty curry at that new Indian restaurant last night.
(私は昨晩新しいインドレストランでとても美味しいカレーを食べました。)








   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post