Subscribe: RSS Twitter

英語で「嫌だ!」や「嫌になる」は何と言うのでしょうか?



日本でよく使われている表現を英語に訳す事は実はとても難しい事なんです。何故なら日本語と英語を比較した場合には、双方にかなりギャップがある言語だからなのですが、かといって直訳出来ない訳でもありません。

そういった事を踏まえて日本語の表現から英語の表現を考えるようになると、色々と調べるくせがつくようになると思いますので、勉強になったりする事も多いと思います^^


今日紹介するのも、日本語でよく使う単語とフレーズの英語の言い方です。今回は「嫌」に関連する表現とフレーズを紹介していきます。


「嫌」や「嫌だ!」という日本語は何かと役に立ちますね。様々な意味にもなりますので多くの場面で使う事が出来ます。残念ながら、英語にはこのような便利な単語はありません。

変わりに、シーンによって使い分ける、他のフレーズを使う必要があります。


日本語の使い方を分析すると、下記のような使い分けがあります。


  1. 「嫌な~」
  2. 「~が嫌だ」
  3. 「嫌だ!」
  4. 「嫌になる」


では、上記の使い方の英語での言い方を紹介していきたいと思います。



「嫌だ!」、「嫌になる」は英語で何と言うの?

「嫌だ!」、「嫌になる」は英語で何と言うの?



その他のおすすめ記事:





「嫌な~」という表現を英語で言う場合



「嫌な~」は英語にすると、「unpleasant」、「disgusting」、「disagreeable」という形容詞になります。

しかし、「disgusting」は最も強い意味の単語になります。「disgusting」は主に「とてもまずい食べ物」や「汚いもの・人」等に対して使う単語になります。

「unpleasant」はもう少しソフトなニュアンスになります。「disagreeable」は「人の嫌な顔」の話をする際に使います。


他には「horrible」、「nasty」、「foul」という形容詞を使う事が出来ます。

それでは、例文で実際の使い方をみていきましょう。


例文:


There is going to be some very unpleasant weather this week.
(今週は嫌な天気になるだろう。)


She is a very unpleasant woman.
(彼女はとても嫌な女性です。)


What’s that disgusting smell?
(その嫌な臭いは何だ?)


I don’t like him. He’s got a disagreeable face.
(私は彼の事が好きじゃない。彼はいつも嫌な顔をしている。)



「~が嫌だ」という表現を英語で言う場合



日本語の「~は・が嫌だ」というフレーズは「好きじゃない」、「嫌い」、「耐えられない」という意味を表現する際の言葉なので、それを英語にすると、「I hate」、「I can’t stand」という言い方を使えます。

それでは、例文を通して実際の使い方をみていきましょう。


例文:

I can’t stand hiphop.
(私はヒップホップが嫌だ。)


She said she hates the smell of cigarettes.
(彼女はタバコの臭いが嫌だって。)


I hate running.
(私は走る事が嫌だ。)




「嫌だ!」という表現を英語で言う場合



日本語で「嫌だ!」という表現をした場合には、何かを反対する際や、強く断る際に使う表現だと思います。

これを英語で表現する場合には、「No way!」や「No!」という言い方になります。


そして、相手の酷い話のリアクションとして「それは嫌だね!」という言い方をする事があります。

そういった際には、英語で「That’s awful!」や「That’s terrible!」などの表現をします。


小さい子供がよく言う「嫌だ!」は英語圏の子供の言い方にした場合、単純に「No!」になります。


例文:


A: Do you want to go on a date with Colin?
 (コロンと一緒にデートに行くのはどう?)

B: No way! He’s horrible!
 (嫌だ!彼はきもい!)


A: My boss tried to kiss me at the Christmas party!
 (私の上司は忘年会で私にキスしようとしたよ!)

B: That’s awful!
 (それは嫌だ!)


A: Would you like to hold my pet snake?
 (私のペットの蛇を抱っこしたい?)

B: No thanks!
 (嫌だ!)


A: We’re going home now so put your coat on.
 (もう家に帰るからコートを着なさい。)

B: No!
(いやだ!)
※子供の台詞。




「嫌になる」という表現を英語で言う場合



この「嫌」の使い方は「飽きる」と似ているニュアンスの意味になります。英語にすると、「get/be fed up with」や「get/be tired of」という言い方になります。

それでは例文で使い方のニュアンスをみていきましょう。


例文:

I’m getting tired of working from home.
(私は家で仕事をする事が嫌になっているよ。)


I’m fed up with studying English. It’s too difficult!
(私は英語の勉強が嫌になったよ。難しすぎる。)


先生の仕事は嫌になった。
(I’m fed up with being a teacher.)


以上、今回は日本語の「嫌」に関連する表現とフレーズを紹介してきました。ネイティブと英会話する際、英会話レッスンをする際に是非使ってみて下さいね^^






   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ