「頑張る」、「頑張ってね!」は英語で何と言うのでしょうか?



英語で「頑張る」、「頑張ってね!」って何と言うのでしょうか?



今回は、日本語の日常会話でよく使われる単語(決まり文句)の英語の言い方を紹介したいと思います。今日紹介する単語は「頑張る」という表現です。


日本語では「頑張ってね!」や「頑張りますよ」などの表現を使う機会が多いと思います。おそらく殆どの方は意識せずに毎日のように使う言葉だと思います。


日本語の「頑張る」は様々なシーンで使えますし、とても役に立つ決まり文句です。しかし、この便利な言葉は英語にした場合、シーンによって全然違う表現になります。


それでは、まず日本語の「頑張る」を使うシーンを細かく分けてみてみましょう。


  1. テスト、試合、合格発表などの”挑戦”の前に言う「頑張って」、「頑張る」
  2. 諦めないで欲しい時に使う「頑張る」
  3. スポーツ観覧・応援する時に使う「頑張って」


では、それぞれの日本語の使い方に合わせて英語の表現を紹介していきます。


英語で「頑張る」、「頑張ってね!」って何と言うの?
英語で「頑張る」、「頑張ってね!」って何と言うの?


おすすめ記事:





テスト、試合、発表などの挑戦の前に言う「頑張って」、「頑張る」を英語で表現する場合



誰かがテストやする際、試合を行う前に「頑張ってね!」というフレーズを言う場合には、英語にすると、「Good luck!」、「You can do it!」という表現になります。

使い方としては「Good luck with テスト・試合」や、「Good luck for 明日・~曜日」というパターンになります。


自分が「頑張るよ」と言いたい場合には、「I’m going to do my best」や「I’m going to give it my best shot」などの表現を使います。


それでは実際の使い方をみていきましょう。


例文:

Good luck with your test tomorrow.
(明日のテストを頑張ってね。)


Good luck for Wednesday.
(水曜日の事、頑張ってね。)


You’ve got a presentation tomorrow, haven’t you. Good luck – I know you can do it!
(あなたは明日にプレゼンテーションがありますね。頑張ってね。絶対に良いプレゼンてーしょん発表が出来るよ。)


This test will be difficult but I’ll give it my best shot.
(このテストは難しいと思うけど、頑張るよ。)




諦めないで欲しい時に使う「頑張って」、「頑張る」を英語で表現する場合



英語で「諦めないで頑張って」と言いたい際に、「keep it up」、「don’t give up」、「you can do it」、「hang in there」などのフレーズを使います。

自分が「諦めないで頑張るよ」と言いたい場合には、「I’m going to hang in there」や「I’m going to keep going」などのフレーズが適切です。


では、使い方を例文で確認していきましょう。


例文:


I know this is a difficult project, but don’t give up.
(このプロジェクトはとても難しいと思うけど、諦めないで頑張ってね。)


The deadline for your dissertation is tomorrow, isn’t it? Hang in there!
(論文の締め切りは明日だよね?頑張ってね!)


You’re doing an excellent job. Keep it up.
(あなたは素晴らしい仕事をしているよ。頑張って続けてね。)


This is a really difficult book to read but I’m halfway through so I’m going to keep going until the end.
(この本はとても読みづらいけど、もう半分読んだので最後まで頑張るわ。)




スポーツ観覧・応援する時に使う「頑張って」を英語で表現する場合



自分の好きなスポーツチームを観戦する場合や、友達のスポーツ試合を見る際に「頑張れ!」という表現を使うと思います。

そういった表現を英語にした場合には、「Come on!」や「Come on ~!」というフレーズで表現していきます。


では、実際の使い方です。


例文:


Come on Reds!
(頑張れレッズ!)


Come on Tanaka! Keep going!
(田中選手、頑張れ!続けて!)


Come on! You can do it!
(頑張れ!あなたは出来るよ!)


以上、今回は日本語でよく使う「頑張る」、「頑張ってね!」という表現を英語で言う場合について紹介してきました。

やはり英会話の際には自分が普段からよく使うような表現をいくつも覚えておくと、会話する際にとても便利です。是非、他の「○○は英語で何と言うの?」という記事も参考にしてみて下さね^^







   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post