「Make」は英語で様々な意味と使い方があり!ネイティブの様々な「Make」の使い方紹介


「Make」は「作る」という意味以外にも色々な使い方がある!



今回の記事では「make」という動詞の様々な使い方を紹介していきたいと思います。日本の中学校の英語の授業では「make=作る」という意味を教えられますが、実は英語ネイティブの日常英会話で「make」はもっと色々な使い方があります。


そこでこの記事では、ネイティブが日常会話で使っている「make」の様々な使い方を紹介していきたいと思います。数が多いので全ては紹介でませんが、会話で最も役に立つ表現を紹介したいと思います。

それでは、「Make」の様々な使い方を順番に紹介していきます!始めましょう。


ネイティブの様々な「Make」の使い方
ネイティブの様々な「Make」の使い方


こちらの記事もお勧めです:



1. 最もベーシックな使い方:「作る」という意味の「make」



これは皆さんもご存知の「make」の最もベーシックな使い方です。「make」の過去形は「made」、過去分詞も「made」になります。

進行形は「making」になります。料理の話では特によく使われる「make」です。


実際の使い方の例文:

What are you making?
(あなたは何を作っていますか?)


I’m making a curry.
(私はカレーを作っています。)


How many cookies have you made?
(あなたは何個のクッキーを作っていますか?)

I have made 20 cookies.
(私は20個のクッキーを作っています。)




2. 「間違いをする」という表現で使う「make」



「make」は数多くの「phrasal verbs(句動詞)」で使われています。この場合は「作る」という意味になりません。今回の場合は「する」という意味になります。

では、実際の使われ方をみていきましょう。


実際の使い方の例文:

I made a mistake.
(私は間違えました。)


Try not to make a mistake.
(間違えないようにしてね。)


We all make mistakes when we speak a foreign language.
(外国語を話す際に皆間違えるよ。)




3. 「友達ができる」という表現で使う「make」



「友達が出来る」という日本語は英語で「make a friend」という表現になります。しかし、「恋人」、「彼氏」、「彼女」の場合は、「make」を使いません。

「彼氏が出来た」というフレーズは英語で「got a boyfriend」になります。この辺りを混同して使っている方は多いのではないかと思います。


実際の使い方の例文:

Have you made any new friends at college?
(大学で新しい友達は出来ましたか?)


It is difficult for me to make friends.
(私にとって友達を出来る事は難しいです。)


I think I have made a new friend!
(私は新しい友達が出来たと思います!)



  • I made a boyfriend. (不自然な表現)×
  • I’ve got a new boyfriend. (自然な表現)○
  • (私は新しい彼氏が出来ました。)




    4. 「努力する」という表現で使う「make」



    「努力する」という動詞は英語で「make an effort」というフレーズになります。「effort」の前に形容詞を入れても大丈夫です。

    例えば、「I made a big effort」(私は一生懸命努力しました)というフレーズとして使う事が出来ます。


    実際の使い方の例文:

    Please make an effort.
    (努力してください。)


    I didn’t really make an effort.
    (私はあまり努力しなかった。)


    I want you to make more of an effort.
    (私はあなたにもっと努力して欲しいと思います。)




    5. 「予約する」という表現で使う「make」



    「予約する」という日本語は英語で「make an appointment」になります。

    このフレーズはどのシーンでも使えます。例えば、医者、美容室、上司との会議などの場面で使えるフレーズです。


    実際の使い方の例文:

    I would like to make an appointment.
    (私は予約をしたいんですが。)


    Can I make an appointment for 4pm tomorrow?
    (私は明日の4時に予約出来ますか?)


    Shall I make an appointment for you to see the doctor?
    (医者と(会う為)の予約をしましょうか?)


    次に予約が出来たら、その後は「have an appointment」や「get an appointment」という表現を使う事が出来ます。


    例えば・・・

    I have an appointment at 3 o’clock.
    (私は3時に予約があるんですが。)

    Do you have an appointment?
    (予約はございますか?)

    I couldn’t get an appointment.
    (私は予約が出来ませんでした。)




    その他の役に立ち「make」の使い方



    もう一つのとても重要な使い方は「~させる」、「~させてくれる」という意味の「make」です。この使い方は以前に書いた記事で紹介しましたので、興味があれば是非ご覧ください。

    こちらも参考になります:「letとmakeの違いと使い方とニュアンス:日本人の英語学習者が間違えやすい英語表現」 


    今回は、ネイティブが日常的によく使っている「Make」の様々な意味と使い方を紹介してきました。こういった昔から知っているような簡単な単語の意味や使い方を再度掘り下げていく事で今まで知らなかった違った使い方が出来るようになり、さらに英語の表現力は上がってくると思います。


    やはり英語のボキャブラリーは単語だけで覚えるのではなく、文章毎(チャンク)覚えた方が実用性があります。

    これから本格的に英会話をやっていきたいと思っている方は、ボキャブラリーを覚える際に必ず文章毎(まとまりで)、使い方を覚えるようにしましょう。









       当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


    当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

    本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

    また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




      マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


    マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
    今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

    今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







    Share This Post