若者がよく使う英語のスラング・口語:「freak」、「freak out」、「freaky」とはどういう意味?


海外ドラマや洋画、洋楽でよく出てくる「freak」、「freak out」、「freaky」ってどういう意味?



今回の記事では、英語圏の国の若者がよく使う口語・スラングを紹介したいと思います。今日これから紹介する単語は「freak」という単語とそれに関係する表現(スラング)になります。


洋画や海外ドラマを観ていると、「freak」という単語がよく出てくると思います。そして、洋楽のポップミュージックなどの歌詞をよく聞いていると、「freak」やそれに関係する表現をよく耳にします。

以上の事から、「英語をぺらぺら」と話せるように英語学習者の方、もっと英語圏のカルチャーに精通したいという方はこの言葉を必ず覚えておいた方が良いと思います^^

それでは、まず「freak」の正式な意味、それぞれの使い方を紹介していきたいと思います^^



若者がよく使う「freak」ってどんな意味?
若者がよく使う「freak」ってどんな意味?


お勧め記事:

お勧めの教材


この記事を書いたライター(Mairi)が書いた電子書籍をお勧めします!



1.「freak」の正式な意味と使い方を紹介



「freak」を形容詞として使うと、「異常な」や「風変わりの」という意味になります。つまり、「珍しいハプニング」などの現象は「freak ~」と表現する事が出来ます。

例えば、異常な天気(嵐、あられなど)などの話をする際によく使われているパターンですね。 では、実際の使われ方を例文でみていきましょう。


例文:

There was a freak storm last night.
(昨晩、異常な嵐がありました。)


そして名詞として使うと、「珍奇なもの」や「異常な現象」、「奇形な動物・植物・人間」という意味になります。人に対して使うと主に”ネガティブなニュアンス”になりますが、素晴らしいアスリートや異常に頭の良い人に対して使うと”ポジティブなニュアンス”になる場合があります。


例文:

That cat is a freak. It has two tails!
(その猫は奇形な動物ですよ。ニ本の尻尾が付いています!)


Usain Bolt is so fast! He is a freak!
(ウサイン・ボルトは異常に早い!彼は異常な人間です!)

※この場合はポジティブなニュアンスを与える意味になります。




2.「freak」の口語・スラングとしての使い方を紹介



「freak」は様々な口語・スラングの使い方があります。形容詞として使うと、「変な人」、「気持ち悪い奴」という意味になります。

それでは、スラングとしての使われ方を例文でみていきましょう。


例文:

That guy is such a freak. He keeps staring at me!
(あいつはめっちゃキモイ。彼はずっと私をじっと見ているのよ。)


She’s a bit of a freak. She spends all her free time watching horror movies.
(彼女はちょっと変な女ですよ。彼女は自由時間にいつもホラー映画を観ているよ。)



もう一つの役に立つ使い方としては、「趣味+freak」というパターンです。これは「~ファン」や「~マニア」という意味として使います。

例文:

My husband is a fitness-freak.
(私の旦那はフィットネスマニアですよ。)


I’m a soccer-freak.
(私はサッカーの大ファンです。)


My wife is a control-freak.
(私の妻は几帳面な人です。)

※「control-freak」という表現は「何でも管理しようとしている人」という意味になります。正しくは「完ぺき主義者よりもさらに厳しい性格」の人を指します(笑)。そして同時にネガティブなニュアンスのある表現です。


もう一つのスラング的な使い方としては、「性癖のある人」や「セックス的に積極的な人」という意味になります。

例文:

She is a freak in bed.
(彼女はセックスする時に積極的だよ。)




3.「freak out」の意味と動詞としての使い方



「freak out」という句動詞には様々な使い方があります。基本的には「怒りで急に暴れだす」という使い方です。


例文:

He freaked out when he heard his wife was cheating on him.
(彼は、奥さんが違う旦那と浮気しているというニュースを聞いて怒って暴れだした。)



もう一つの意味は「パニックする」や「興奮する」という使い方です。これは特に誰かが何かを「怖がっている」という際に使います。

例文:

I’m sure I saw a ghost! I’m freaking out here!
(私は絶対ゴーストを見たのよ!パニックしているよ!)



最後の使い方は「ドラッグでぶっ飛んでいる」という意味になる使い方です。


例文:

He is freaking out on LSD.
(彼はで幻覚症状を起こしているよ。)

参考:「英語圏の若者が使うスラング”感嘆符”にはどんな意味がありますか?




4.「get one’s freak on」アメリカ英語のスラングとしての意味と使い方



最後の使い方は「get 誰々’s freak on」という表現です。これはアメリカ英語のスラングになります。簡単に言うと「セックスをする」という意味になります。

この表現は多くの音楽の歌詞で使われています。それでは、実際の使われ方を例文でみていきましょう!


例文:

A:Where’s Mike?
 (マイクはどこ?)


B:He’s out getting his freak on.
 (彼はセックスをしに行ったよ。)


ところで、皆さんは世界の歌姫であるBeyoncé(ビヨンセ)の「Freakum Dress」という曲をご存知でしょうか?彼女はこの曲のタイトルである「freakum dress」という表現を考え出した本人だと思いますが、結局、このタイトルの日本語訳は「彼氏がシット(ウンチ)しちゃうくらいのセクシーなドレス」という意味になります(笑)。

下にこの曲の動画を参考として載せておきます^^ 確かにビックリするくらいセクシーなドレスですね^^



「Freakum Dress」というBeyoncé(ビヨンセ)の歌













   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post