Subscribe: RSS Twitter

日常英会話でよく使われる「not really」ってどういう意味と使い方があるのでしょうか?



今回の記事では日常英会話で非常によく使われるフレーズを紹介したいと思います。今回紹介するフレーズは「not really」です。

英語を勉強している方であれば「really」という単語(副詞)の意味は分かると思いますが、この単語を英和辞書で調べると、「本当に」、「間違えなく」などの意味が出てきます。


以上ことから、「reallyの前に”not”を持ってくると”本当ではない”」という意味になると考えている人は多いと思います。勿論、それも正しいのですが、この「not really」というフレーズには他にも多くの意味と使い方があります。

今回の記事では、日常会話でも役に立つ「not really」色々なの意味と使い方を紹介していきたいと思います。



「not really」ってどういう意味なのでしょうか?

「not really」ってどういう意味なのでしょうか?



こちらの記事もお勧めです:

お勧めの教材


この記事を書いたライター(Mairi)が書いた電子書籍をお勧めします!



1. 「本当ではない」、「嘘」、「実は~ではない」という意味の「not really」



実は「本当ではない」という意味の「not really」は最も珍しい使い方になると思います。日常英会話では他の意味の方がよく使われています。


例文:

Mary is not really my aunt. She is my mother’s best friend. I just call her “auntie”.
(メアリーは実は私の叔母ではないよ。彼女は私の母親の親友ですよ。私は「叔母さん」と呼んでいるだけですよ。)


She’s not really ill. She is just pretending so she can take the day off school.
(彼女は実は病気ではないよ。学校が休みたいたいから病気のふりをしているよ。)




2. 「あまり」という意味の「not really」



この使い方は日常英会話によく使われていますので、英語学習者は必ず覚えておいた方が良いと思います。「あまり~ではない」という意味になります。


例文:


I don’t really like tomatoes.
(私はトマトがあまり好きではない。)


She doesn’t really listen to much music.
(彼女は音楽をあまり聴かないね。)


A:Did you enjoy school today?
 (今日の学校は楽しかった?)

B:Not really. I got into trouble with the teacher.
 (あんまり。先生に叱られたんだよ。)




3. 「そんなに~ない」という意味の「not really」



「not really」+「very」という組み合わせを使うと、「そんなに~ではない」という意味になります。このフレーズは婉曲的なニュアンスを表します。


例文:

I’m not really very good at swimming.
(私は水泳がそんなに上手ではないよ。)


This book is not really very interesting.
(この本はそんなに面白くないね。)

※婉曲的な表現なので「この本はとても下手」というニュアンスになります。



また「not really」は「ソフトに断る」際や「婉曲的に反対する」際にはよく使われています。


例えば・・・


I don’t really have time to help. I’m sorry.
(私はあなたに手伝う時間があまりない。ごめんなさい。)

※ニュアンス的には「私は全く時間がない」という意味になります。


I don’t really agree with him.
(私は彼の意見にあまり賛成しないね。)

※ニュアンス的には「私は彼の意見とは正反対」という意味になります。


I don’t really think you should go on a date with him.
(あなたは彼と一緒にデートに行かない方がいいと思うけど。)

※ニュアンス的には「あなたは絶対に彼と一緒にデートに行かない方がいいよ。ダメな奴だから」という意味になります。


以上、今回は日常英会話でよく使われる表現・フレーズとして「not really」の意味と使い方を紹介してみました。

今回紹介した使い方は、日常会話でも結構良く使う表現なので、この機会に是非覚えてみてくださいね^-^






   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター



  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ  


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^

>> マスターランゲージ公式フェイスブックページ




当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2017 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ