「fitspo」,「drunk-dial」,「freecycle」ってどういう意味?英語圏の若者が使う口語・スラング紹介



英語圏の若者がよく使う「fitspo」、「drunk-dial」、「freecycle」ってどういう意味なのでしょうか?



今回の記事では、最近英語圏の若者が使っている新しい口語とスラングを紹介してみたいと思います。


Oxford English Dictionaryという英語辞書は、定期的に新しい英単語を辞書に登録しています。そして、登録する度に「Oxford Dictionaries」というブログで新しく登録した英単語を紹介しています。

今日紹介する単語は、2017年の2月に新たに登録された英単語です。こういった単語をみると、その時代の新しいカルチャーや、その時にブームになった事などがわかるので、とても面白いですよね^^


参考:「オックスフォード辞書が新しく登録した英単語(2017年2月版)


英語圏の若者が使う口語・スラング紹介
英語圏の若者が使う口語・スラング紹介


こちらのスラングに関する記事もお勧めです:




英語圏の若者が使う口語・スラング: 1.「fitspo」



この単語はフィットネスファンのインスタグラムでよく出てくる単語ですね^^。

現在世界中でフィットネスブームが起こっていると思いますが、この「fitspo」という単語は「fitness inspiration」(フィトネスのインスピレーション)の省略です。

主にハッシュタグでよく使われている単語です。会話よりもSNSで使われている単語ですね。


実際の例文:


Whenever I need fitspo, I look at her Instagram feed.
(私はフィトネスのモチベーションが必要な時、彼女のインスタを見ます。)





英語圏の若者が使う口語・スラング: 2.「drunk-dial」



このスラングは「酔っ払った時に誰かに電話する事」という意味になります。

「drunk-driving」という英語は「飲酒運転」という意味になりますので「drunk-dial」という表現はそのフレーズの言葉遊びだと思います。


多くの若者はお酒を飲んだ後、いきなり友達や元彼・元カノに電話したくなる!?という傾向があるようです(笑)。この現象は「drunk-dialling」と言います。

酔っ払った状態でメールやsmsを送る場合には、「drunk-text」という言い方になります。



実際の例文:


I did a terrible thing last night. I drunk-dialled my ex!
(私は昨日の夜に酷い事をやっちゃったのよ。私は酔っ払った状態で元彼に電話しちゃったよ~!)


I got loads of drunk-texts from my male friend last night. I think he likes me.
(私は昨日の夜、酔っ払った男性の友達から数多くのメッセージをもらったよ。もしかして、彼は私の事が好きなのかしら?)




英語圏の若者が使う口語・スラング: 3. 「freecycle」



「freecycle」という単語は「free」(無料)と「recycle」(リサイクル)の組み合わせです。簡単に言うと、いらない物を捨てる事ではなく「誰かに無料であげる」という事です。


実際の例文:


A:What are you going to do with that table when you move house?
 (あなたが引越す際にそのテーブルはどうするの?)

B:I think I’ll freecycle it. Do you want it?
 (誰かにあげると思うよ。あなたは欲しい?)


A:That’s a really nice vase. Where did you buy it?
 (それはとても素敵な花瓶ですね。どこで買いましたか?)

B:I didn’t buy it. It was freecycled. My friend gave it to me.
 (買った物ではなかったよ。無料でもらった。友達からもらったよ。)


他にも以下の新しい単語が沢山登録されています。下記のリストでは、それぞれの単語の意味を簡単に紹介していきます。


  • superfruit = 健康にとても良い影響を与えるフルーツ
  • shoestring fries = とても薄く切ったフライドポテト
  • climate denier = 地球温暖化を信じない人(ドナルド・トランプ氏など)
  • cat lady = 猫を沢山飼っている独身のおばさん
  • sausage party = 男性しかいない集まり・パーティー


今回紹介したようなスラングや口語は、自分が使わない場合でも英語圏の新聞、雑誌、SNSなど見るとよく出てくるかもしれませんので、この機会に是非覚えておきましょう!

もっとスラングについて知りたい方はこちらの記事もおすすめです:











   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post