「epic」という英語の意味とスラングとしての使い方を紹介


最近よく聞く「epic」という英語はどんな意味なのでしょうか?



今回の記事では、このサイトでも人気のシリーズになります^^ 英語圏の国の若者が使う英語のスラングの意味と使い方を紹介したいと思います!

今日これから紹介するのは「epic」という単語です。この単語には、スラングではなく、正式な(正しい)使い方があるので、それを先に紹介した後に、スラングとしての意味と使い方を紹介していきたいと思います。


「epic」という英語の意味とスラングとしての使い方を紹介
「epic」という英語の意味とスラングとしての使い方を紹介


こちらのスラングに関する記事もお勧めです:




1.「叙事詩」という意味の「epic」



「epic」という単語は元々名詞・形容詞で、「叙事詩・史詩」という意味として使われていました。つまり、「長い物語」や「歴史を語った詩」という意味でした。

一般的に「epic」の詩・物語は「長い期間の間に起きた歴史や物語」を語ったような詩です。様々な過去のヒーローの物語の詩などがそれにあたります。

また、「詩」だけではなく、同じジャンルの小説、映画なども「epic」と呼んで大丈夫です。それでは、実際の使われ方を例文でみていきましょう!


実際の例文:


Dante’s “Divine Comedy” is an epic poem.
(ダンテの「神曲」は叙事詩です。)


He starred in an epic film about the Roman Empire.
(彼はローマ帝国についての叙事詩的映画に出演しました。)


上記の二つの例では「epic」は形容詞として使っていますが、名詞としても使う事が出来ます。


We had to read several epics at high school. They were so long and boring.
(私たちは高校の頃いくつかの叙事詩を読まなければなりませんでした。それはとても長くつまらなかったです。)




2. 「勇壮な」という意味の「epic」



もう一つの使い方は「勇壮な」や「大規模」という意味の「epic」です。これはまた形容詞です。

ニュアンス的には「長くて大変な~」や「勇壮な~」という意味として使います。それでは、実際の使い方を例文でみていきましょう!



実際の例文:


It was an epic battle.
(長く大変な戦いでした。)

※長く大変なスポーツの試合に対してよく使われる台詞です。


He endured an epic struggle with cancer.
(彼は癌との長い戦いがあった。)

※重く長い病気について話す際に「epic battle」や「epic struggle」というフレーズがよく使われています。


My friend and I went on an epic trip across Europe.
(私と友達はヨーロッパの長い旅に行きました。

※自分の旅を「epic」と呼ぶ事は少し大げさな話だと思いますが、「長く大変」というニュアンスを与える単語です。


Octopus and seal go head-to-head in epic fight to the death
(タコとアザラシは死ぬまで戦う。)

※これは本当にあった新聞記事の見出しでした!「戦いは長くて大変だった」というニュアンスを与える「epic」です!

参考記事:「Octopus and seal go head-to-head in epic fight to the death




3. 「凄い!」、「やばい!」、「最高!」という意味の「epic」



最後に紹介する「epic」の使い方は、最近流行っているスラング的な使い方です。「epic」は若者によく使われているスラングで、「最高!」、「やばい!」、「凄い!」という意味になります。

「epic fail」(=大失敗)という使い方は非常によく使われているスラングですね。


実際の例文:


My birthday party last year was epic. I had a hangover for about three days afterwards!
(私の去年の誕生日パーティーは最高だった。次の3日間くらいは二日酔いだったよ。)


A:How was the concert last night? Did you enjoy it?
(昨夜のライブはどうだった?楽しかった?)

B:It was epic, man! I’ll never forget it!
(最高だった。一生忘れないよ。)


Do you want to come to my 4th of July party? It’s going to be epic.
(独立記念日のパーティーに来る?とても楽しいよ!)

※「独立記念日」はアメリカで7月4日に行われる記念日です。アメリカ人は「Independence Day」という言い方をしますが、「4th of July」という言い方もよく使われています。


Your new haircut is epic, dude!
(お前の新しい髪形は凄いよ!)

※これは褒め言葉かもしれないし、皮肉った「からかい」なのかもしれません(笑)。



以上、今回は「epic」の様々な使い方とスラングとしての使い方を紹介してみました。

他の英語のスラングについて言葉の意味やルーツなどを詳しく知りたいという方は、是非ご連絡くださいね!










   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post