「あなたたち」は英語で何と言う?「You guys」や「you lot」の使い方を紹介!



ネイティブは英語で「あなたたち」と言う際にどんな言い方をするのでしょうか?



今回の記事では、英語で「あなたたち」という際の言い方を紹介してみたいと思います。この「あなたたち」という際の英語の言い方は、丁度、日本中学校の1年生の英語授業で教えられています。

中学校の英語の教科書をみてみると「あなたたち」は単純に「you」になりますが、実はネイティブの日常会話でもっと違う言い方がよく使われています。


今日紹介する言い方は、英会話だけではなく、ハリウッド映画や英語圏のテレビドラマなどにもよく出てきますので、是非覚えてみて下さいね^^!

それでは、英語で「あなたたち」という際の色々な言い方を紹介して行きたいと思います!


「あなたたち」は英語で何と言う?「You guys」や「you lot」の使い方を紹介!
「あなたたち」は英語で何と言う?「You guys」や「you lot」の使い方を紹介!


こちらの記事もお勧めです:




英語で「あなたたち」という際の表現: 1. 「you guys」



「guy」という単語は元々「男性」や「奴」という意味でしたが、最近は女性に対しても使われるようになりました。

英語で「あなた」や、「あなたたち」は両方とも「you」になりますので、「you」を複数形にさせるために「you guys」という表現が使われるようになりました。


実際の例文:


What do you guys want to do tomorrow?
(あなたたちは明日何がしたい?)


Did you guys have fun yesterday?
(あなたたちは昨日楽しかった?)


Come on, you guys! Let’s go! We’re going to be late!
(ねえおいで、あなたたち!行こうよ!遅れちゃうよ!)




英語で「あなたたち」という際の表現: 2. 「you lot」



「You lot」は「you guys」に似ていますが、主に「イギリス英語」で使われています。そして、主に「怒っている時や部下と話している」というような際に使われている表現です。

あまり丁寧な言い方ではないので、友達や子供と話しているような時以外は使わないようにしましょう。



実際の例文


Where on earth have you lot been? I’ve been waiting here for an hour!
(あなたたちは一体どこにいたの?!私はここで一時間も待ってるよ!)


You lot! Get out of here!
(君たち!ここから出ろ!)

※警察や先生などの偉い人が子供に叱っている例です。


What do you lot want?
(君たちは何が欲しいの?)




英語で「あなたたち」という際の表現: 3. 「y’all」



この表現は「you all」の省略です。この言い方は主に「アメリカ英語」で使われています。そして、地方の方言(主にアメリカの南の方にある州)といった感じの言い方です。

ハリウッド映画やアメリカのテレビドラマを観ると時々出る表現なので、覚えておくと便利だと思います。


実際の例文


How y’all doing?
(あなたたちは調子どうですか?)


Where y’all going?
(あなたたちは何処に行きますか?)


Did y’all enjoy dinner?
(あなたたちは夕食を楽しみましたか?)




英語で「あなたたち」という際の表現: 4. 「yous」



この言い方はどの英語圏の国でも耳にしますが、主に地方の方言です。例えば、イギリスでは主に「スコットランドやイングランドの北部」で使われているカジュアルな言い方です。

そして、アイルランドでも使われています。アメリカの場合、主に「東北(ボストン、フィラデルフィアなど)」で使われている方言です。

この方言が一部の地域で使われている理由としては、ボストンやフィラデルフィアなどの町には「アイルランド系やスコットランド系の人数多く住んでいる」という事が関係しています。


実際の例文


What do yous want?
(あなたたちは何が欲しいの?)


Where are yous going?
(あなたたちは何処に行くの?)


What are yous going to have for dinner?
(あなたたちは夕食何を食べるの?




英語で「あなたたち」という際の表現: 5. 「you two」、「you three」、「you+人数」



他には、「you two」や「you three」といった言い方があります。これは英語圏中で使われている言い方になります。


実際の例文


How have you two been? I haven’t seen you two for ages!
(あなたたちの調子はどうでしたか? 久しぶりですね!)


You two need to hurry up. The school bus will be here soon.
(あなたたちは急がないといけないよ。 スクールバスはもう直ぐ来るよ。)


You two can make dinner tonight. I’m too tired.
(あなたたちは今夜夕食を作ってくれるよね。私は疲れすぎた。)



以上、今回は英語で「あなたたち」と言う際の様々な言い方を紹介してみました。

英語ネイティブといっても英語圏の国によって色々な国の英語の種類があります、方言などもあります。今回紹介した言い方は知識としては覚えておくと、役に立つと思います^^










   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post