「Dude」というスラングはどういう意味?「Dude」の意味と使い方や単語のルーツを紹介



ハリウッド映画でもよく聞くアメリカ英語のスラング「Dude」とはどういう意味なのでしょうか?



今回の記事ではハリウッド映画、日常英会話、歌詞、テレビドラマ、SNSでも度々出てくる「dude」という単語の意味と使い方を紹介したいと思います。

「dude」という単語は、元々はアメリカ英語のスラングですが、現在はイギリス英語、オーストラリア英語でも使われています。「dude」という単語は「男性」という意味になります。


この単語は19世紀の後半頃から使われています。19世紀の後半では「dude」は「おしゃれな男性」という意味でした。「dude」という単語の由来はスコットランド英語だそうです。

duddies」という単語はスコットランド英語で「洋服」という意味になります。「dude」は「duddies」という単語から来ているようです。



「Dude」というスラングはどういう意味?「Dude」の意味と使い方や単語のルーツを紹介します
「Dude」というスラングはどういう意味?「Dude」の意味と使い方やルーツを紹介


こちらの記事もお勧めです:




「Dude」の意味と使い方や単語のルーツ



その昔、アメリカのカウボーイは都会の男性を「dude」と呼んでいました。何故なら、都会の男性はお洒落な洋服を着て自分の格好や、見た目に気にしていたからです。

そして、時は流れ、1960年代に「dude」という単語の意味が少し変わりました。当時、「dude」は「おしゃれな男性」という意味ではなく、単純に「男性」という意味で使われるようになりました。

そして、女性は「dudette」と呼ばれるようになりました。当時の「dude」は主にヒッピー達に使われていたスラングでした。


1970年代にはサーファーが「dude」という単語を使い始めました。当時の「dude」は男性の「呼びつけ」として使われていました。つまり、「お前」や「君」のような呼びつける単語です。

1980年代には「dude」は「カッコいい男性」というニュアンスとして使われるようになりました。「dude」は「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」などの80年代のアニメでよく使われるスラングでした。


そして、現在では「dude」は様々な意味と使い方がありますので、それらの使い方を実際の例文で紹介していきます。



1. 男性の呼び方としての「dude」



男性同士の友達が話しかける際に「dude」を使う人が多いです。この点で、「man」や「bro」と同じような使い方になります。


実際の例文:


Dude! You’re late again!
(ねえ、お前!また遅れちゃったね!)


What’s up, dude?
(調子どう?)


Dude! Your new car is awesome!
(お前の新しい車は最高だぜ!)




2. 「男性」という意味の「dude」



この使い方は単純に「男性」という意味になりますが、「軽いスラングの言い方」なのでフォーマルなシーンでは使いません。


実際の例文:


Who is that dude over there?
(あそこの男性は誰?)


That’s the dude I met at the bar!
(それはバーで知り合った奴だよ!)


That dude’s way too drunk. Let’s go.
(あいつは超酔っ払ったぞ。行こう。)




3. 「カッコいい男性」という意味の「dude」



この使い方は男性同士で使われています。意味としては「カッコいい男性」や「女性と成功する男性」というニュアンスで使われています。

そして「cool dude」というコロケーションはよく使われています。


実際の例文:


He is one cool dude.
(彼はカッコいい奴!)

He is one of the popular dudes in our class.
(彼は私たちのクラスの人気者の一人だ。)

You’re dating that chick? You are such a dude, man!
(お前はその子と付き合っているの?お前はやるね!)※友達が彼を尊敬している雰囲気。


以上で「dude」という単語の使い方やニュアンス、単語のルーツを紹介しました! 今度ハリウッド映画を観る機会があれば、その際に「dude」という単語の使い方を確認してみて下さいね!



お勧めのスラング教材















   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post