英語のスラングで「basic」,「AF」,「woke」ってどんな意味?



2017年に流行中の英語スラング「basic」、「AF」、「woke」の意味と使い方を紹介します!



今回の記事では、2017年に英語圏のインターネットで流行っている「スラング・俗語」の意味と使い方を紹介していきたいと思います。

そのスラングの中でも、今回は3つのよく使われている流行語を選んで、それぞれの単語の意味と使い方を紹介したいと思います^^

これらの単語は主に「インターネットの世界」で使われています。ですから、今後英語圏のウェブサイトやSNSを見た際に一度は目にする言葉だと思います。

日常会話でも使われる事がありますので、この機会に是非覚えてみて下さいね! それでは、いきましょう!


2017年に流行中の英語スラング「basic」、「AF」、「woke」の意味と使い方を紹介します!
2017年に流行中の英語スラング「basic」、「AF」、「woke」の意味と使い方を紹介


こちらの記事もお勧めです:




1. 人のセンスを表現するスラング: basic



「basic」
意味:メインストリーム、つまらない



この「basic」は「形容詞」になります。例えば、誰かの「メインストリーム(一般的な)のファッションテイスト」や「メインストリーム音楽のテイスト」について話す際に使う単語です。

「basic white girl」(典型的なメインストリームの白人女性)や「basic bitch」(つまらないテイストのある女性)というフレーズもよく出てきます。



実際の例文:



Your fashion is so basic. You should try something different.
(あなたのファッションテイストはとてもメインストリームでつまらないよ。あなたは違うスタイルをしてみた方がいいよ。)


I am the epitome of the “basic white girl”. I wear Ugg boots, drink Starbucks and I’ve got long blonde hair.
(私は典型的なメインストリームの白人女性です。私はUggブーツをはいて、スターバックスコーヒーを飲んで、髪の毛は長くて金髪です。)


John’s girlfriend is such a basic bitch. I thought he was into rock chicks!
(ジョンの彼女は凄くメインストリームでつまらない女だね。彼はロック女子が好きだと思ったのに!)




2. 何かを強調する際に使うスラング: AF



「AF」
意味: 凄く、とても、超



この「AF」という単語の省略形も主にインターネットの世界で使われます。メール、テキストメッセージ、SNSで使う省略です。

会話として使うと「as fuck」というフレーズになります。意味としては「とても・凄く」という何かを強調する際に使います。

そして「as fuck」という表現はかなり下品ですが、英語圏の若者は主に「友達同士」で使っています。



実際の例文:



She is basic AF.
(彼女は超メインストリームでつまらない。)


He is hot as fuck!
(彼は超セクシー!)


This movie is lame as fuck.
(この映画は超つまんない。)

※「lame」は「だめ・ださい」という意味になるスラングです。




3. その人の考えや意識を表現するスラング: woke



「woke」
意味:民族・階級・性別差別に対して意識がある(人)



これは少し日本語に翻訳しにくい単語ですが、「意識がある」という意味になります。例えば、誰かが「人種差別や性別差別、社会問題」等に対して詳しい・意識があれば、その人は「woke」と呼ばれます。

「woke」は「wake」(起きる・目覚める)という「動詞の過去分詞」になります。スラングとしての由来は、「この人は目が覚めている」というイメージから来ている単語です。

それでは、実際の使い方を例文でみていきましょう。



実際の例文:



A:Even though Steve is a man, he is really aware of women’s issues.
(スティーヴは男性だけど、女性の問題に意識があるね。

B:Yeah, he’s woke.
(そうだね。彼はそれに対して詳しいね。)


I didn’t realise there were so many woke guys out there.
(私は社会的不公正に対して敏感な男性がこんなに多いと思わなかった。)


以上、今回の記事は、2017年にインターネットで流行中スラングを3つ紹介してみました。

今度、英語圏の人とインターネットでコミュニケーションする機会があれば、タイミングや相手の様子を見計らって使ってみてくださいね!









   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post