「cannot」,「can not」,「can’t」はどう違うのでしょうか?正しい使い方や使い分けを解説します!


日本人の英語学習者がよく間違えやすい英語として「cannot」や「can not」,「can’t」はどう違う?



今回の記事では、日本人の英語学習者によく間違えられる英語をクローズアップして紹介していきたいと思います。

今日これから紹介する英語は「cannot」、「can not」、「can’t」の違いや使い分けです。

一見すると、この三つの単語は同じ意味と思う方も多いと思います。そして、実はこれらは英語ネイティブも間違える事があるような英語なんです。

ですから、日本人の英語学習者にとっても尚更間違えられて当然!というような単語だと思います^^。

そこで今回の記事は「cannot」、「can not」、「can’t」のそれぞれの意味、使い分け、正しい使い方を例文を交えて紹介していきたいと思います。それでは行きましょう!


「cannot」,「can not」,「can't」はどう違うのでしょうか?正しい使い方や使い分けを解説します!
「cannot」,「can not」,「can’t」はどう違う?正しい使い方や使い分けを解説!


こちらの記事もお勧めです:




1. 「cannot」の正しい使い方



英語を勉強している皆さんは、当然「can」という単語の意味は分かっていらっしゃると思います^^。 「can」は、一般的に「~が出来ます」、「~をする事が出来ます」という意味になります。

例えば、「I can speak English」は「私は英語が話せます・話す事が出来ます」という意味になります。そして「can」は一般動詞の前で使う助動詞です。


「cannot」は「can」の否定文です。つまり「出来ない」、「~する事が出来ない」という意味になります。しかし、「cannot」は現在、主に”ライティングで使われている単語”です。日常会話では「can’t」という省略を使う事が一般的です。


ですから、「正式な論文やエッセイ」などを英語で書く際には「cannot」を使った方が良いと思います。

それでは、実際の使い方を例文でみていきましょう!



実際の例文:


I cannot attend my brother’s wedding.
(私は兄の結婚式に出席出来ません。)


The Prime Minister cannot speak English.
(総理大臣は英語が話せません。)




2. 「can not」の正しい使い方



「can not」を「出来ない」という意味として使った場合、文法的には正しくありません。つまり「can not」は「出来ません」という意味になりません。

「can not」は正しくは「can not only ~」(~が出来るだけではなく・・。)という文脈で使います。これは「出来ない」の「cannot」とは違う文法ですね。

文章だけで説明すると、ニュアンスがわかりにくいと思いますので、実際の例文で使い方をみていきましょう!


実際の例文:


He can not only speak English well, he can write English well too.
(彼は英語が上手に話せるだけではなく、英語のライティングも上手に出来ます。)

She can not only cook Japanese food, she can also cook French food.
(彼女は日本食だけではなく、フランス料理も出来ます。)




3. 「can’t」の正しい使い方



記事の冒頭でも少し紹介したように、「can’t」は「cannot」(=出来ない)の省略です。また、この「can’t」の英語の発音は「アメリカ英語の発音とイギリス英語で少し違う」ので気をつけましょう。

アメリカ英語の発音は「キャント」に近いです。イギリス英語の発音は「カーント」に近いです。オーストラリア英語はイギリス英語に近い発音を使っています。

「can’t」はフォーマルなライティングには、一般的に使いませんが、「メール、手紙、雑誌の記事、ブログ記事」等には使っても大丈夫です。そして、会話等では「cannot」よりも「can’t」の方が使われています。


実際の例文:


I can’t eat natto. I don’t like the smell.
(私は納豆が食べれないよ。匂いが好きじゃない。)


She can’t come to the party because she’s busy on Saturday.
(彼女は土曜日に忙しいからパーティーには来れないよ。)


以上、今回は「cannot」、「can not」、「can’t」の正しい使い方を紹介してみました。以外に使い方を間違えていたという方は多いのではないでしょうか。

この機会に是非正しい使い方をマスターして下さいね^^ 当サイトの英語ネイティブのライターに聞きたい質問があれば、是非ご連絡くださいね!

質問はこちらのページからお願いします! → →「マスターランゲージに質問する









   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^



Share This Post