「catch up」,「catch up with」,「catch up on」の意味と違い、使い方を紹介


句動詞(イディオム)として使う「catch up」,「catch up with」,「catch up onの意味と違いを紹介します



今回の記事では、「意味が似ている3つの句動詞の意味と使い方の違い」をテーマに紹介してみたいと思います。

皆さんは「句動詞」という動詞の種類をご存知でしょうか? 「句動詞」とは、「動詞+前置詞・副詞」という”フレーズのような動詞”です。

例えば、「get up」(起きる)や「sit down」(座る)、「turn off」(消す)などの英語でよく使われる動詞は全て「句動詞」です。


句動詞は英語ネイティブの日常会話で非常によく使われていますので、英語をマスターするためには、必ず句動詞の使い方もマスターする必要があります。

しかし、実際にはこの句動詞が曲者で日本人の英語学習者にとっては扱い方が難しいと思われいるようです。その最も大きな理由としては「動詞に前置詞や副詞を付けると意味が変わる」という事があるからです。


例えば、「turn」という動詞は「回す、回る」という意味になりますが、これに「off」をつけると「~を消す」という意味になります。

しかし、「turn off」ではなく「turn on」にすると、また意味が変わります。「turn on」は(電気などを)付ける」という意味になります。

今日これから紹介する句動詞には全て「catch」という動詞が入っています。「catch」という動詞だけ使うと「キャッチする・捕まえる」などの意味になりますが、前置詞や副詞と一緒に使うとまた別の意味になります。

本当に句動詞はやっかいです^^; それでは「catch」という単語が含まれた日常会話でよく使われる句動詞を紹介していきたいと思います。


「catch up」,「catch up with」,「catch up on」の意味と違い、使い方を紹介
「catch up」,「catch up with」,「catch up on」の意味と違い、使い方を紹介


こちらの記事もお勧めです:


お勧めの句動詞教材:






1. 「catch up」の意味と使い方



意味: 追いつく、(相手の)の近況報告を聞く


「catch up」は”自動詞”として使います。つまり「目的語」が必要ありません。そして、二つの意味があります。一つ目は「追いつく」という意味になります。

二つ目は「友達・相手の近況報告」という意味になります。過去形は「caught up」になります。


実際の例文:


He was running so fast but I caught up eventually.
(彼はとても早く走っていたが、私はようやく追いつく事ができた。)

Let’s catch up over coffee. I haven’t spoken to you for ages!
(コーヒーを飲みながら最近のニュースを交換しよう。私はしばらくあなたと話していないね。)




2. 「catch up with」の意味と使い方



意味:人・物に追いつく、人の近況報告を聞く、勉強・読書などの遅れを取り戻す


「catch up with」は上記の「catch up」にとても似ていますが、「with 人」や「with 物」というパターンで使います。

つまり、「人・物に追いつく」、「人の近況報告を聞く」という意味になります。そして、「勉強・読書などの遅れを取り戻す」という意味もあります。


実際の例文:


I caught up with my family during the winter vacation.
(私は冬休みに家族と旧交を深める事ができた。)


United are top of the league but City can still catch up with them.
(ユナイテッドはリーグの1位にいるが、シティーはまだ追いつく事が出来る。) ※スポーツチームの話


I need to catch up with my studies.
(私は勉強の遅れを取り戻す必要がある。)




3. 「catch up on」の意味と使い方



意味: 近況報告を聞く、勉強・読書などの遅れを取り戻す


「catch up on」は「catch up with」に似ていますが、「with 人」というパターンでは使えません。

例えば、「catch up on sleep」(睡眠不足を取り戻す)や「catch up on homework」(宿題の遅れを取り戻す)といった文脈では使えますが、「人・車などに追いつく」と「人の近況報告を聞く」という文脈では使えません。

しかし、「噂やゴシップを仕入れる」という意味としても使えます。


実際の例文:


I’m going to bed early tonight to catch up on some sleep.
(私は睡眠不足を取り戻すために早く寝ることにした。)


I want to catch up on some homework, so I won’t go out tonight.
(私は宿題の遅れを取り戻したいから、今夜は遊びに行かない。)


I met up with my best friend yesterday. I caught up on all the gossip.
(私は昨日友人と会った。最近のニュースとゴシップをきかせてもらった。)


以上、今回は「catch」という動詞が含まれた句動詞を紹介してみました! 今度英会話をする際には是非使ってみて下さいね!







   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^



Share This Post