英語で「シミ」や「しわ」,「そばかす」は何と言うのでしょうか?


顔に出る「シミ」や「しわ」,「そばかす」を英語で何と言うのでしょうか?



今回の記事では、「顔に出るシミ」や「顔のしわ」、「そばかす」の英語の言い方を紹介したいと思います。

様々な言い方がありますので、英語ネイティブが会話中に使う自然な言い方を紹介してみたいと思います。それでは、「シミ」、「しわ」、「そばかす」は英語で何と言うのでしょうか?


英語で「シミ」や「しわ」,「そばかす」は何と言うのでしょうか?
英語で「シミ」や「しわ」,「そばかす」は何と言うのでしょうか?


こちらの記事もお勧めです:



1. 「シミ」は英語でなんというの?



「シミ」といっても広い意味がありますが、この「肌のシミ」という単語は英語で「mark」や「blemish」という言い方になります。

もっと具体的に言うと「肝斑」のようなシミは「age spot」や「liver spot」という言い方になります。

また「age-related pigmentation」という表現も「肝斑」という意味になります。


実際の例文:



I have lots of blemishes on my face.
(私の顔にはシミが多い。)


I want to remove this mark from my face.
(私は顔にあるシミを消したいです。)


My hands are covered in liver spots.
(私の手は肝斑だらけです。)




2. 「しわ」は英語で何というの?



「しわ」は英語で「wrinkles」になります。とても深いしわは時々「creases」や「lines」と呼ばれます。小さく浅いしわは「fine lines」と呼ばれます。

こういった表現は英語圏の国の化粧品などのCMや宣伝でよく使われています。ちなみに「笑った時に出てくる目の周りのしわ」のことを「crows feet」という言い方になります。


実際の例文:


I bought some wrinkle cream yesterday. It was very expensive.
(私は昨日しわ用のクリームを買いました。とても高かったです。)


I’m only 30 but I’ve already got crows feet.
(私は30歳だけどもう目の周りにしわがある。)


This product is good for fine lines and wrinkles.
(この商品は色々な種類のしわに良いです。)




3. 「そばかす」は英語で何というの?



そばかすは英語で「freckles」と言います。他の言い方はあまり使われていません。


実際の例文:


My nose is covered in freckles.
(私の鼻はそばかすだらけです。)


My freckles come out in summer.
(夏になると私の顔にそばかすが出てくる。)


I think freckles look cute but some people don’t like them.
(私はそばかすが可愛いと思うけど、好きじゃない人もいる。)




4. 「にきび」は英語で何というの?



「にきび」の正しい英語の言い方は「acne」(発音:アックニ)になります。これは日常会話で使われている言い方ですが、主に”医学用語”です。カジュアルな言い方も沢山あります。

例えば、イギリス英語では「spots」という言い方が使われています。アメリカ英語で「zits」というスラングもあります。


実際の例文:


My brother had very bad acne when he was younger.
(私の弟は若い時に酷いにきびがあった。)


I still get spots, even though I’m almost 40.
(私はもう直ぐ40歳になるけど、まだにきびができる。)


That poor girl has terrible zits.
(その可哀想な女の子は酷いにきびがあるね。)


以上、今回は”顔に出る”様々な「しみ」の英語の言い方を紹介しました。自分が使わなくても結構耳にする単語だと思いますので、この機会に是非覚えてみて下さいね。







   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post