「鼻くそ」,「鼻水」,「鼻水が出る」は英語で何と言うの?


英語では「鼻水」や「鼻くそ」,「鼻水が出る」は何と言うのでしょうか?



今回の記事では少し子供っぽいというか、ちょっと下品な言葉を含むテーマになりますが、「鼻水、鼻くその英語の言い方」を紹介してみたいと思います(笑)。

どうしてこういった気持ちが悪い単語を紹介するのかというと、例えば、風邪を引いた際、海外で医者に行く際、国際結婚して子供が生まれると、どうしても「鼻水」や「鼻くそ」などの単語が会話上で出てきます(笑)。

そして、英語圏のテレビドラマやハリウッド映画、アニメ、コミックなどを見ているとこれらの単語は結構な確立で出てきます。

そこで、今回の記事では、色々なシーンで出てきそうな「鼻水、鼻くそ、鼻水が出る」の英語の言い方を紹介してみたいと思います。それでは、はじめましょう。


「鼻くそ」,「鼻水」,「鼻水が出る」は英語で何と言うの?
「鼻くそ」,「鼻水」,「鼻水が出る」は英語で何と言うの?


こちらの記事もお勧めです:




1. 「鼻水」は英語で何と言うのでしょうか?



最もカジュアルな言い方で、日常会話でもよく使う単語としては「snot」になります。子供でも大人でも使う単語です。「snot」は名詞ですが「snotty」という形容詞も使えます。

これは「鼻水が沢山ある・鼻水だらけ」という、ちょっと気持ちが悪い意味になります(笑)。

医学用語で「鼻水」は「nasal mucus」という言い方になります。医者に行った際に「nasal mucus」という言い方を使っても大丈夫ですが、「snot」は凄く下品な言い方というわけではありません。

ですから、例えば耳鼻科の医者や内科の医者と話す際に使っても大丈夫なレベルの言い方です(笑)。しかし、風邪薬などのパッケージには「nasal mucus」という表現が使われています。



実際の例文:


子供:Ahchoo!
(はくしゅん!)

母親:Let me wipe your nose. Snot came out when you sneezed.
(鼻を拭かせてね。くしゃみした時に鼻水が出ちゃったね。)

医者:I’ll give you some medicine to clear up the nasal mucus.
(鼻水を止めるために薬をだします。)


お勧め記事:「BigとLargeの違いとは? bigとlargeの使い分けやニュアンスを解説します!




2. 「鼻水が出る」は英語で何と言うのでしょうか?



日常英会話では、「鼻水が出る」というフレーズは「to have(またはhave got) a runny nose」という言い方になります。

「鼻水」(snot)という単語は使いません。「runny」は「流れる」という意味になります。


実際の例文:


医者:Tell me your symptoms.
(症状を教えてください。)

患者:I’ve got a runny nose, a headache and sore joints.
(鼻水が出ますし、頭が痛いし、関節も痛いです。)

医者:That sounds like the flu.
(それはインフルエンザの疑いがありますね・・。)

母 My daughter has had a runny nose since yesterday.
(娘は昨日からずっと鼻水が出ています。)


お勧め記事:「「cannot」,「can not」,「can’t」はどう違うのでしょうか?正しい使い方や使い分けを解説します!




3. 「鼻くそ」は英語で何と言うのでしょうか?



「鼻くそ」はアメリカ英語で「booger」になり、イギリス英語で「bogey」になります。これらの言い方はかなり子供っぽいです。

ですから、当然、医者相手に使うような言い方ではありません(笑)。医者が「鼻くそ」という単語を使いたい場合、「dried mucus」という言い方をします。


実際の例文:


母親:Stop picking your nose!
(鼻をほじらないの!)

子供:But there’s a booger in there!
(でも、鼻くそが入ってるよ!)


友1:I saw something disgusting on the train yesterday.
(私は昨日、電車で何か気持ち悪い事を見ちゃったのよ。)

友2:What?
(何を見たの?)

友1:A middle-aged man picked his nose and ate his own bogies!
(中年のおじさんが自分の鼻をほじって、その後に鼻くそを食べたよ!)

友2:Ugh! That’s gross!
(ええ! それはキモイ!)


以上、今回は子供との会話や医者に行った際、花粉症やアレルギーなどの会話をする際に出てくる「鼻くそ」,「鼻水」,「鼻水が出る」の英語の言い方を紹介してみました^^


こちらの記事もお勧め:








   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post