ネイティブがよく使う「insane」とはどんな意味?スラングの使い方も紹介


英会話でよく使われる「insane」の様々な意味と使い方を紹介します!



今回の記事では「insane」という単語の様々な使い方を紹介したいと思います。「insane」は元々「正気でない,精神障害の,狂気の」という意味になりますが、最近若者のスラングとして使われるようになってきています。

それでは、「insaneの様々な意味と使い方、スラングとしての使い方、ニュアンス」も合わせて紹介していきたいと思います。


ネイティブが会話でよく使う「insane」とはどんな意味なのでしょうか?
ネイティブが会話でよく使う「insane」とはどんな意味なのでしょうか?


こちらの記事もお勧めです:




1. 「正気でない,精神障害の,狂気の」という意味になる「insane」



「insane」という単語の正式な意味は冒頭でも紹介したように「正気でない,正気でない,精神障害の,狂気のの,狂気の」という意味になります。「insane」は形容詞で”頭のおかしい人”について話す際に使うような単語です。

特に「うつ病」などの精神病という意味合いよりも「変な行動をさせるような精神障害」というような人について話す際に使う単語です。


実際の例文:



Unfortunately, my uncle is insane and is regularly taken to hospital.
(悲しい事に、私の叔父さんは精神障害があって定期的に病院に運ばれます。)


My brother was a soldier. The war turned him insane.
(私の兄は軍人でした。戦争のせいで精神病になった。)




2. スラングや感嘆詞として使う際の「insane」の意味



「insane」をスラング・感嘆詞として使うと、「それはおかしい!」や「それはすごい!」、「ありえない!」というニュアンスの単語になります。

この使い方は最近、英語圏の若者の会話でよく出てくるスラングになりました。


実際の例文:


人1:I like your phone. It’s the latest model, isn’t it?
(新しい携帯かっこいいね。最新の商品だよね。)


人2:Yes. I had to line up for 5 hours to buy it.
(そうだよ。これを買うために5時間も並ぶ必要があったんだ。)


人1:That’s insane!
(それはおかしいね!)


実際の例文(電話の会話):


夫:Hi. I’m going to be late home tonight. The traffic on the motorway is insane.
(もしもし。私は今夜家に帰ってくるのが遅くなってしまうよ。高速道路の混雑がやばいよ。)


妻:No problem. You can have your dinner when you get home.
(大丈夫だよ。帰ってきたら夕食を食べればいいね。)




3. 「変な(人)」、「変な事をする人」という意味の「insane」



「insane」という単語を”人”に対して使うと「重い精神障害」という意味だけではなく「あなたはおかしいよ!」や「あなたは変な事をするね!」という意味になります。

ニュアンス的には「crazy」という単語にとても似ています。それでは、わかりやすいようにダイアログで実際の使われ方をみていきましょう。


実際の例文:


人1:I really enjoyed that movie.
(私はその映画をとても楽しんだよ。)


人2:Are you insane? It was awful!
(あなたは頭がおかしいの? とても悪い映画だったよ!)



実際の例文2:


友1:Do you think I should tell her I like her?
(彼女に告白した方がいいと思う?)


友2:No! She’s married! You are insane!
(だめだよ!彼女は結婚しているよ。あなたは頭がおかしいよ!)


以上、今回は「insane」という単語の様々な意味・ニュアンスと使い方を紹介しました。かなり使える単語なので、ニュアンスを理解してネイティブと英語で会話する際に是非使ってみて下さい!


こちらの記事もお勧めです:







   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post