「株式会社」は英語で何という? 会社の様々な英語の言い方を紹介します!


英語で「株式会社」は何というのでしょうか? 株式会社という意味になる様々な英語の言い方を紹介



今回の記事では「株式会社」という単語の様々な英語の言い方を紹介したいと思います。

実はこの「株式会社」という日本語を英語にすると、色々な言い方があります。それは何故なら、同じ英語圏の国によっても言い方が違いますし、「会社の種類」によって言い方も違ってきます。

そこで、この記事では主に英語圏の国の中でも「アメリカ英語とイギリスの株式会社の言い方の違い」を紹介していきたいと思います。



「株式会社」は英語で何という? 会社の様々な英語の言い方を紹介します!
「株式会社」は英語で何という? 会社の様々な英語の言い方を紹介します!


こちらの記事もお勧めです:





1. アメリカ英語で「株式会社」という場合はどんな言い方?



アメリカ英語で株式会社は「joint-stock company」と言います。規模の大きな会社は主に「corporation」と呼ばれます。

また「limited liability company」という言い方も使われています。「limited liability」は「有限責任」という意味になります。

アメリカの株式会社は「会社名+Inc.」という表記が一般的です。例えば、iPhoneなどを作っている「アップル」という会社の正式な名前は「Apple Inc.」になります。「Inc.」は「incorporated」という単語の省略になります。「Incorporated」は「株式会社」という意味になります。



実際の例文:


A:I hear you started up a new business! What’s its name?
(あなたが新しいビジネスを作ったと聞いたんだけど。何という会社名なの?)


B:It’s ABC Inc.  We sell stationery.
(ABC株式会社だよ。文房具を売っているよ。)



実際の例文2:


友1:What is the largest corporation in the world?
(世界一大きな会社は何?)


友2:I don’t know. Maybe Walmart?
(知らないね。ウォールマートかな?)



実際の例文3:


人1:I want to turn my business into a limited liability company.
(私は自分のビジネスを株式会社にしたいです。)


人2:You’ll need to fill out a lot of forms!
(たくさんの書類を書く必要があるよ!)




2. イギリス英語の「株式会社」という場合はどんな言い方?



イギリス英語で「株式会社」は「limited (liability) company」と言います。「株式公開の会社」は「public limited company」という言い方になります。これはアメリカのcorporationと同じです。

しかし、イギリスの会社は「Inc.」という省略を使わず「PLC」という頭文字略語を使います。例えば、イギリスの「テスコ」という有名なスーパーの正式な名前は「Tesco PLC」になります。

もっと規模の小さい「株式非公開の会社」は「private limited company」と言います。会社名の後に「Ltd.」という「limited」の省略を付けます。



実際の例文:


A:I hear you started up a new business! What’s its name?
(あなたが新しいビジネスを作ったと聞いたんだけど。何という会社名?)

B:It’s ABC Ltd.  We sell stationery.
(ABC株式会社だよ。文房具を売っているよ。)


実際の例文2:


友1:What is the largest public limited company in the UK?
(イギリスの最も大きな会社は何?)

友2:I don’t know. Maybe Prudential, the insurance company?
(知らないね。保険会社のPrudentialかな?)


実際の例文3:


I’m a sole trader at the moment but I’m thinking of turning my business into a limited company.
(私は今自営業ですが、株式会社に変えようと考えています。)

※「sole trader」はイギリス英語で「個人商売・個人営業」という意味になるビジネス用語です。


以上、今回はビジネス英語基本用語として英語で「株式会社」という意味になる様々な英語の言い方を紹介してみました。

ビジネス英語にも、やはりイギリス英語とアメリカ英語の単語の違いがありますので、会話相手によって使い分けましょう。


ビジネス英語に興味がある方は当サイトのライターを制作したオリジナルビジネス英語教材:「ビジネスイングリッシュマスター」はお勧めです。この教材では、ビジネス英語以外にも、各国のビジネスカルチャーやビジネスマナーについて詳しく紹介しています。


>> ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター







   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post