Subscribe: RSS Twitter

イギリス英語とアメリカ英語の歴史からみるスペルの違いについて


イギリス英語とアメリカ英語のスペルの違い

イギリス英語とアメリカ英語のスペルの違い




今回の記事では、イギリス英語とアメリカ英語の違いの中で最も大きな違いといえる、「英語のスペル」について紹介していきたいと思います。

イギリス英語とアメリカ英語は18世紀頃まで、両国共に英語のスペルの制度はとても曖昧で、詳しくは決まっていませんでした。

イギリスとアメリカでは、地方やエリアによって英語の発音が異なっていますので、当然の事ながら単語のスペルにもそれぞれ違いがありました。


18世紀になってはじめて英語の辞書が出版されるようになり、それによって正式な英語のスペルが決められました。1755年にサミュエル・ジョンソンというイギリス人は「A Dictionary of the English Language」という辞書を出版しました。


そして1828年には、アメリカ人のノーア・ウェブスターが「An American Dictionary of the English Language」という辞書を出版しました。現在両国で使われている英語のスペルは殆ど、この二冊の辞書に基づいて作られています。


ウェブスターは当時、自身の思想に基いてアメリカの独立的なアイデンティティーを守る為に「アメリカ英語だけのスペル」を作りました。しかしイギリスにおいては、「ラテン語やフランス語やギリシャ語」などの外来語がルーツの単語は、そのスペルが保存されました。




アメリカ英語とイギリス英語のスペルの違い:~ourの単語



単語の最後の「our」の音節にアクセントがなければ、アメリカ英語のスペルは「u」を抜きます。


イギリス英語アメリカ英語
colourcolor
favouritefavorite
flavourflavor
harbourharbor
honourhonor
humourhumor
labourlabor
neighbourneighbor
rumourrumor

(他の例もある)




アメリカ英語とイギリス英語のスペルの違い:~re/erの語尾



イギリス英語アメリカ英語
calibrecaliber
centrecenter
fibrefiber
litreliter
manoeuvremanoeuver
meagremeager
sabresaber
sombresomber
spectrespecter
theatretheater

(他の例もある)
デザインやスタイルの為として、アメリカ人は「場所」、「建物」、「地名等」にイギリス英語のスペルを使う事があります。特に建物は多いと思います。




アメリカ英語とイギリス英語のスペルの違い:~ce/seの語尾



イギリス英語アメリカ英語
licence名詞license
licence動詞license
practice名詞practice
practise動詞practice
defencedefense
offenceoffense
pretencepretense




アメリカ英語とイギリス英語のスペルの違い: ~ise/izeの語尾



このルールは複雑で英語圏のネイティブもよく間違えます。イギリス英語ではギリシャ語がルーツの単語は「izeの語尾」になり、フランス語やラテン語がルーツの単語の場合は「iseの語尾」を使う事になっています。


しかし一般的には、イギリス英語では「~ise」の方が多く、アメリカ英語では「~ize」の方が多いです。
以下に最もよく使われている単語を紹介していきます。


イギリス英語アメリカ英語
organise/izeorganize
recognise/izerecognize
realise/izerealize




アメリカ英語とイギリス英語のスペルの違い:~yse/yzeの語尾



イギリス英語アメリカ英語
analyseanalyze
catalysecatalyze
hydrolysehydrolyze
paralyseparalyze




アメリカ英語とイギリス英語のスペルの違い: ~ogue/ogの語尾



イギリス英語アメリカ英語
analogueanalog
cataloguecatalog
dialoguedialog
homologuehomolog
monologuemonolog




アメリカ英語とイギリス英語のスペルの違い: ae/oe ギリシャ語がルーツの単語の例



イギリス英語アメリカ英語
amoebaameba
anaemiaanemia
anaesthesiaanesthesia
archaeologyarcheology
caesiumcesium
diarrhoeadiarrhea
encyclopaediaencyclopedia
faecesfeces
foetalfetal
gynaecologygynecology
haemophiliahemophilia
leukaemialeukemia
oesophagusesophagus
oestrogenestrogen
orthopaedicorthopedic
palaeontologypaleontology
paediatricpediatric


イギリス英語はギリシャ語のスペルを保存しています。




アメリカ英語とイギリス英語のスペルの違い: ~llのルール



一般的にイギリス英語では「 l 」で終る単語は過去形になると、もう一つの「 l 」を入れます。勿論、例外もあります。


イギリス英語アメリカ英語
cancelledcanceled
counsellorcounselor
cruellestcruelest
labelledlabeled
modellingmodeling
quarrelledquarreled
signallingsignaling
travellertraveler
travellingtraveling




アメリカ英語とイギリス英語のスペルの違い: e抜きのルール



イギリス英語アメリカ英語
ageingaging
likeablelikable
liveablelivable
rateableratable
saleablesalable
sizeablesizable
unshakeableunshakable




さらに詳しい英語のスペルに関しては、当サイトのイギリス人ライターが制作したイギリス英語の学習する為の専門教材内で紹介しています。この教材では、イギリスのカルチャーやイギリス英語の特徴、発音、スペル等、イギリス英語の全てを学べる教材になっています。

英語音声の後に日本語訳の音声が流れる音声教材も付属しているので、場所を選ばす空いた時間を使って好きな時にイギリス英語の勉強が出来ます。

イギリス英語教材:ブリティッシュイングリッシュ・マスター








   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。

   ビジネス英語教材:ビジネス・イングリッシュ・マスター





当サイトの英語圏のネイティブライターが行う無料メルマガ英語塾の会員募集



マスターランゲージでは現在、当サイトの4ヶ国のネイティブ英語講師が行う無料メルマガ英語塾を開講しています。

全8回で行われるこのメルマガ英語塾は、コミュニケーションを主体とする話せる英話学習をテーマにした内容で行っております。

ネイティブとの会話の際にすぐ使える実践型の英会話テクニックやビジネス英語講座、TOEICのスコアアップ講座等も合わせて紹介していきます♪
メールを送るサーバーの限界があるので、初回300名様限定とさせて頂きます。

・第一日目: 1.英語圏の文化を理解する為に必要な英語のイディオムとフレーズの学習:食べ物やカルチャー偏

・第二日目: 2.英語力を磨くために:句動詞をマスターする学習

・第三日目: 3.パターントレーニングに応用可能な映画やドラマなどの会話フレーズで学習

・第四日目: 4.シークレットアドバイス:ネットで無料で英語スピーキングする為の方法やサイトの紹介

・第五日目: 5.絶対にTOEICのスコアアップをさせる為に必要なスキルとオリジナルノウハウ紹介

・第六日目: 6.恋愛英語フレーズと国際恋愛英語

・第七日目: 7.すぐに使えるビジネス英語フレーズ集

・第八日目: 8.リスニング力をアップさせる教材の探し方とテーマの選び方について

また、お申し込み頂いた方に以下の無料で英語学習のE-BOOKをプレゼントしています。
このE-BOOKは「ビジネス英語をマスターする為の英語フレーズにテーマをしぼった教材です」

※こちらのE-BOOKは、メルマガ英語塾の最終回である第八日目にプレゼントさせて頂いております。



※ 最近、携帯電話のキャリアのメールアドレスにはメールが届きにくくなっています。登録の際はパソコンのメールアドレス(プロバイダーのアドレスやyahoo,gmail等)のアドレスでのご登録をお願い致します。

※また、こちらのメールシステムの都合上、お名前を登録して頂く際に変わったニックネームで名前を登録されますと、メールが届かなくなってしまう事があるので、出来るだけニックネームではなく、お名前で登録お願いします。


お名前
メールアドレス




© 2016 独学で英語を勉強してマスターする為の方法を紹介する英語学習サイト:マスターランゲージ | イギリス英語の学習方法も紹介しています。 · Subscribe: RSS Twitter · マスターランゲージ