英語圏のネイティブでも英単語のスペルを間違える事はあるのでしょうか?という質問について


英語圏のネイティブでも英単語のスペルを間違えるのでしょうか?



今回はある読者の方からこんな質問を頂きました。ご質問を頂いた方ありがとうございました^^

質問:「英語圏のネイティブでも英単語のスペルを間違える事はあるのでしょうか?」


私達、英語圏のネイティブスピーカーの立場からみても英語のスペルは、「他のアルファベットを使う言語」よりも難しいと思います。

英語圏の子供たちは、小学校で毎週のように英語のスペルの小テストを受けますし、英語の先生達は子供達にスペルを教える為に、わざと間違えやすい単語をテストに出題してきます。


英語の発音とスペル」には、読み方にかなり差があるので、英単語のスペルを覚える事は日本人の子供達が漢字を覚える時にように難しい事になります。


そして、英語圏の子供達だけではなく大人達にとっても書きづらい英単語が多々あります。特に珍しい単語のスペルを書こうとして思い出す事は、「日本人が漢字を思い出せずに書けない」という状況に似ていると思いますので、やはり英語圏のネイティブの大人であっても難しい事があります。

そして、現在パソコンのスペルチェッカーや辞書のお陰(せい?!)で、英語圏のネイティブも単語の書き方を忘れる人が増えているの事も事実です。



英語圏の人でもスペルを間違えるのでしょうか?という質問について
英語圏の人でもスペルを間違えるのでしょうか?という質問について




英語圏において最もスペルを間違いやすい単語のリスト



それでは以下に、英語圏のネイティブスピーカーにとって最も間違えやすい単語を紹介していきたいと思います。




ネイティブスピーカーが間違えやすい英単語: 1. 二つの子音が出てくる単語



  • address
  • accommodation
  • commitment




ネイティブスピーカーが間違えやすい英単語: 2. ieかeiのうちどちらか?!



  • believe
  • achieve
  • receive

など、また英語圏の子供達は以下のルールを覚えなければなりません。


“i before e, except after c”

つまり一般的に、「ie」という順番が通常のパターンですが、その前の字が「c」であれば、「ei」というルールになります。




ネイティブスピーカーが間違えやすい英単語: 3. acqのコンビネーション(特にcを忘れる人が多い!)



  • acquire
  • acquaintance


ネイティブスピーカーが間違えやすい英単語: 4. ~antか、~entのうちどちらか?!



  • apparent
  • blatant
  • competent




ネイティブスピーカーが間違えやすい英単語: 5. ~ibleか、~ableのうちどちらか?!



  • compatible
  • flexible
  • predictable
  • understandable








   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post