和英辞典は使わないようにしよう!英語学習において英英辞典が必要な理由。



英語学習において英英辞典が必要な理由。


今日は、英語学習においての辞書の使い方について書いてみたいと思います。

私もまだ英語を勉強しはじめた頃に、とある、英語のマスターの人に
英語を勉強している間は”英英辞典を使った方がいいよ”
和英辞典は本当に語彙力が無い初期の段階の時に使った方がいいよ!という、アドバイスをもらった事を覚えています。



英英辞典使い方
英英辞典を利用した学習方法





英英辞典が必要性と効果



確かに、語彙力が全くないような、本当の初期段階のレベルなら
ある程度は、和英辞典を使用してもいいと思います。

辞典の説明文の中に使われている単語を調べる為に、英英辞典を使用して単語を調べようとしても
その説明の中にまたわからない単語があり、他の単語を引きながら
本当に調べたかった意味が、分かるまでには時間がかかる事もありまからね。

しかし、辞書によっては、語彙の説明に対して簡単な説明で書かれている、外国人向けの英英辞典(ネイティブが使用する辞典ではありません)では、難しい単語が使われていない物がありますので

そういった英英辞典を使っていくと、語彙力も自然につきますし、思ったよりも簡単に理解できる場合が多いと思います。
もちろん英語の基礎の知識の違いにより個人差はありますが。

また、英英辞書に紹介されている言い回しは、わかりやすくで綺麗な文法で説明されているので使われていますし


その単語に対しての使い方や例文も合わせて紹介されています。
この点が、英英辞典を使用する最も良いメリットだと思います。

英英辞典を使うことによって、その単語の使われ方や、使用頻度が
理解できるようになってきます。


もはや、英英辞典は辞書としてのツールではなく
英語学習においての教材になるものだと思います。










   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^







Share This Post