ビジネス英会話においての電話のフレーズ集:最もよく使われるビジネス英語・電話の応対と電話のかけ方


最もよく使われるビジネス英語・電話の応対と電話のかけ方


ビジネス英語の中でも、難しい分類の一つとなってくるのが、電話の応対と電話のかけ方だと思います。

電話で話す事は、ネイティブスピーカーであっても、言葉の誤解が生まれる可能性がありますし
とくに、ビジネス英語を学び始めた人達にとっては、かなり難しい事だと思います。


電話では、相手の顔や、ジェスチャーが見えないので、声だけでコミュニケーションをしなければなりません。しかし、電話の会話が難しいといっても、毎回定型のフレーズが使われているので、そのフレーズを覚えれば、最低限のコミュニケーションが取れると思います。

今回は、そのビジネス英語電話の中で最も使われるであろう
電話の応対と電話のかけ方について紹介してみたいと思います



ビジネス英会話においての電話のフレーズ集
ビジネス英会話においての電話のフレーズ集




ビジネス英語:電話の応対フレーズ



・Good morning/Good afternoon/Good evening/Hello
(もしもし(おはようございます・こんにちわ・こんばんは))

・Masterlanguage Company. Kate speaking. How may I help you?
マスターランゲージ社です。ケイトと申します。

・You have reached Masterlanguage’s Marketing Department.
(こちらは、マスターランゲージ社のマーケティング部でございます。)

・May I ask who’s calling?
(どちら様でしょうか?)





ビジネス英語:電話のかけ方



・May I speak to Mr Jones, please?
・Could I speak to Mr Jones, please?
(ジョーンズさんをお願いします)


・My name is Taro Honda and I’m calling from Streetstyle.
(私は、ストリートスタイル社の本田太郎です。)


・I’m afraid Mr Jones is out of the office right now.
(申し訳ございませんが、ジョーンズは只今外出しております。)


・Do you know when he will return to the office?
(何時頃にお戻りでしょうか?)


・I’m sorry, I’m not sure.
(申し訳ございませんが、分かりかねます。)


・He should be back this afternoon.
(彼は、今日の午後に戻ります。)


・He will be out of the office until tomorrow.
(彼は、明日までオフィスに戻りません。)




ビジネス英語:伝言の聞き方、言い方



・Can I take a message?
・May I take a message?
・Would you like to leave a message?
(ご伝言はございますか?)


・Can I leave a message?
・Could I leave a message?
(伝言をお願いします。)


・Could you ask him to call me back?
(電話を下さいと、伝えて頂けますか?)


・No, it’s ok. I will call again tomorrow.
(いいえ結構です。また明日電話します。)




ビジネス英語:役に立つフレーズ集



・Please wait a moment.
・Just a moment please.
・Please hold.
(少々お待ちください)


・I’m sorry, I think you have the wrong number.
(すみません。電話番号を間違えてしまいました。)


・Could you repeat that, please?
(もう一度繰り返して頂けますか?)


・Could you speak a little more slowly, please?
(もう少しゆっくり話して頂けますか?)



さらに詳しくビジネス英語を学習したい方は、当サイトの無料メール英語塾にて詳しいビジネス英語の情報とE-bookをプレゼントしています。

無料ビジネス英語メール・英文の書き方のEbookをプレゼントしています!

↓↓↓





ビジネス英話学習教材:ビジネスイングリッシュ・マスター








スポンサーリンク




   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post