ビジネス英語

英語で「担当、担当者、係、日直」は何と言うのでしょうか?

ビジネス英語でもよく使う「担当」や「担当者」、「~係り」は何と言うのか? どんな表現があるのでしょうか?



カイリー
カイリー
皆さん こんにちは。今回の記事は日本で英語教師をしているオーストラリア人のカイリーが、ビジネス英語でよく使う「担当」や「担当者」、「~係り」という表現の英語の言い方を紹介しますので、よろしくお願いします。

ビジネス英語では、よく「担当者」や「~の担当」、「~係り」という言い方をする事がありますね。そして私は日本の中学校で英会話を教えている事もあり、学校の中の係りとして「日直」という単語もよく耳にしますので、これらの英語の言い方をまとめて紹介してみたいと思います。


私は授業中に生徒からよく日本語の「~は英語で何と言うの?」という質問をよく受けます。そして昨日、たまたま生徒から「“日直”は英語で何と言うんですか?」という質問をされましたので、まずはこの質問から紹介します。




「隔週」は英語で何と言う?日常英会話やビジネス英語で役に立つ表現を紹介
「隔週」は英語で何と言う? 日常英会話やビジネス英語で役に立つ英語表現ビジネス英会話や日常英会話にも役に立つ「隔週」という意味になる英語の言い方を紹介します! 今回の記事では「隔週」という意味にな...






英語で「日直」という際に何と言う?




実はこの「日直」という習慣自体が日本の学校特有の習慣ですので、英語に上手く翻訳する事は難しいです。

しかし、この独特の日本語の表現をあえて英語にするなら「the person/student on duty today」などのフレーズを使えば、英語圏のネイティブ達にも「日直」というコンセプトを説明する事が出来ると思います。



英語で「日直」という表現をする際の例文



My daughter was the student on duty today.
(私の娘は今日、日直でした。)


Who is the person on duty today?
(今日の日直は誰ですか?)


What jobs do the student on duty have to do?
(日直の仕事は何ですか?)


The student on duty tomorrow is Kato.
(明日の日直は加藤君です。)


The homeroom teacher chooses the student on duty every day.
(担任の先生は毎日日直を選びます。)




ビジネス英語でも使える「~担当」、「担当者」、「係り」という表現


それでは今回の記事の本題の英語で「担当者」、「~担当」、「~係り」という表現をする際には以下のような表現をよく使います。

「~担当・担当者」や「~係り」は「person in charge (of ~)」や「person responsible for ~」、「person who handles ~」、「person who deals with ~」などの表現になります。

こういったフレーズは英語の日常会話だけではなく、ビジネス英語でも非常によく使われていますので、必ず覚えておいた方が良いと思います。


「~担当」、「~係り」の例文:



She is in charge of the reception desk.
(She is the receptionist).
(彼女は受付係りです。)


I want to speak to the person in charge of accounts.
(私は経理の担当者と話したいのですが。)


Who is the person responsible for customer complaints?
(お客様のクレームの担当者は誰ですか?)


The member of staff responsible is out of the office today.
(担当者は今日外出中です。)


He is in charge of the junior high school first graders.
(彼は中学校一年生を担当しています。)


Who is in charge of this area?
Who is responsible for this area?
(この地域の担当者は誰でしょうか?)


At my company, I am the person who deals with overseas customers.
(私の会社で私は外国人のお客様を担当しています。)





「担当者」、「~係り」に関する関連の英語表現


学校には「担任の先生」がいます。「担任の先生」はアメリカ英語で「homeroom teacher」といいます。イギリス英語では「form teacher」という言い方の方が一般的です。

ビジネス英語では「責任者」という関連表現があります。「責任者」は英語で「the person responsible」という言い方になります。


英語で「担任の~」、「責任者」という表現をする際の例文:



My homeroom teacher is Mr. Tanaka.
(私の担任の先生は田中先生です。)


My form teacher is very strict.
(私の担任の先生はとても厳しいです。)


The person responsible for your account is out of the office today. He will call you tomorrow.
(お客様のアカウントの責任者は本日外出中です。彼は明日にお電話します。)


I will contact the person responsible.
(私は責任者に連絡します。)




英語で「担当」,「担当者」,「~係り」,「日直」と表現する際のまとめ


まとめると、「日直」、「担当者」、「責任者」、「係り」は英語にすると様々な言い方がりますが、「the person in charge (of ~)」という言い方は、どのようなシーンでも使えますので、覚えておくと便利な表現です。

この表現は日常英会話だけではなく、ビジネス英語でも使えます。そして、学校の先生について話す際にも使える表現になります。


ビジネス英語に関する当サイトのお勧め教材


ビジネス英語を勉強している方には当サイトのネイティブライターが企画、制作から編集まで一貫して行った「ビジネス英語教材」をお勧めします。

このビジネスイングリッシュマスターという教材は、ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。

また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。






当サイトが制作したビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。