コミュニケーション

観光に必要な英語力はどのくらいか?海外旅行で使える英語フレーズ紹介

観光に必要な英語力は?

観光に必要な英語力はどのくらいあればいいのかという疑問

 

円高が追い討ちをかけ日本国内の企業の景気は芳しくない状況ですが
それとは、裏腹に以前にも増して海外旅行の需要が増えてきました。

初海外旅行の人は、ネイティブの外国人と英語で接する事も、初めてなんて言う人も多いでしょうから
観光で必要な英語について心配する人も多いのではないでしょうか。


 

観光に必要な英語力は?観光に必要な英語力は?

 
 

ちなみに、英語は世界共通語ですので、英語ネイティブではない国でも
ホテルや空港、ショッピングなどで、ほぼ間違いなく通用します。

しかし、海外旅行で使用するレベルの英会話は、日常英会話よりもずっと敷居が低いです。
使うシーンも、飛行機内でのスチュワーデスとの会話(これも、相手が日本人であれば必要ないですね)

入国審査で質問される英語(主に何の目的で来たのかなどを質問されます)
滞在先のホテルでサービスを受ける際に使用する英語、レストランに入った時に必要な英語

買い物する際に店のスタッフとやりとりする際に使うフレーズなど。
考えてみると、非常に限定された場面でのみ英語が必要となります。

勿論、英語圏の国であれば町中の表記は英語で書かれていますから
ある程度の単語力が必要ですが、我々日本人が中高で学んだ英単語の理解力であれば
街に書かれている情報くらいは理解できると思います。


それより、海外旅行においてどんな英語のフレーズが一番必要かと言えば
道に迷った際に、自分は道に迷ってしまったけど。○○は、どこにありますか?など
現在の自分の状況を説明できる英会話のフレーズを覚えておくと大変役に立ちます。




海外旅行で使える英語フレーズ紹介

 

・I’m lost.
(道に迷いました)

・Where is the station ?
(駅は何処にありますか?)

・Could you say that again please ?
(もう一回言って下さい。)

・Airport please.
ホテルからタクシーに乗った際に
(空港までお願いします。)

・How much is this ?
ショッピングの際に商品の値段を聞く
(この品物は、いくらですか?)

・I’m just looking.
英語圏の国では、ショッピングしていると何かと店のスタッフが話しかけてきます。
これは、お客に対する一種のマナー的なものですが、日本人にはなれない習慣ですが・・・。
セールストークに聞こえるかもしれません。

Can I help you ? と話しかけてきます。

そうしたら、I’m just looking.(みているだけです)と答えて下さい。
何も、答えないと失礼になりますので。

など。簡単に使える短いフレーズを覚えておくと便利ですね。




当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。