コラム

英会話学校で英会話は上達するのか?英会話学校の口コミと実態を検証。

英会話学校だけで英会話は上達するか?

英会話学校だけで英会話は上達するのか?

 

英会話学校の口コミサイトの情報

英会話学校の口コミ情報やサイトをみると度々紹介されている口コミランキングとして
以下の英会話学校が多くランキング入りしています。


 

英会話学校だけで英会話は上達するか?英会話学校だけで英会話は上達するか?</




・AEON(イーオン)

文科省がガイドラインを定めた「全国外国語教育振興協会」の優良校として指定。


・Gabaマンツーマン英会話

近年、都心の電車広告のすべてを占領しているのでは?というような
パワーセールスをしているGabaマンツーマン英会話。


・シェーン英会話&留学

こちらも全国外国語教育振興協会に登録していて
イギリス英語が強いイメージ、しかし講師はアメリカ人、オーストラリア人、イギリス人、カナダ人など。


・ECC 英会話

全国に155店舗を展開する英会話学校の老舗英会話スクール。全国外国語教育振興協会に登録。


・Berlitz(ベルリッツ)

こちらも電車広告でお馴染みのBerlitz(ベルリッツ)英会話学校
ビジネス英会話を強みにしている感じがする広告。


以上のように、英会話教室の規模的にも全国規模の英会話学校がランクインしています。

通いやすさの視点からみると、大手英会話スクールの利用システムや通学の利便性がメリットとして上げられますが、授業の内容や質、講師の質、授業料から見た場合でも、やはり大手の英会話スクールは学費が全体的に高いです。

これらの事を踏まえた上で、英会話学校だけで英会話は上達するか?という問題を考えます。




英会話学校だけで英会話は上達するかの?



この事実を解説する前に、英会話学校の中身と実態とを解説しておきます。
英会話学校で、授業を行なっているネイティブの英語講師達は外国人に英語を教える訓練を受けてる人もいたり、ただ端に母国語として英語を話す人で一切、教育関連のプログラムを受けていない講師も含まれています。


勿論、日本の英語学校で授業を行なう前には、トレーニング期間も多く設けていますので
先生としての役割を最低限こなすトレーニングは受けています。


これらを考えても、同じ英会話学校の中でも講師のレベルは全く異なる訳です。
また、年齢も様々ですし、各講師の英語教育に関するモチベーション、英語をしっかり教えようという気持ちも違う訳です。


英会話学校に通う生徒によっては、講師に対して好きなタイプ、嫌いなタイプが異なるでしょうし相性もあると思います。
楽しく英語を教えてくれるような講師の場合は、学習モチベーションも上がりますし英語力も伸びていくでしょう。


これは、英語講師の英語の教え方というよりも、講師のキャラクターによっても左右されるポイントだと思います。

また、英会話学校に通う理由は、英会話は外国人に習うのが一番いいと考える方も多いと思います。

勿論、英語ネイティブと英会話学習することはこの上ない、英語力アップの恩恵を受ける事は出来ますが、端に英会話学校に通う頻度を上げて、教室の講師に言われている通りに授業を受けているだけでは、英語力のアップにはつながりにくいでしょう。




英会話学校の有効性まとめ



最終的には、英会話学校の授業だけで英会話を上達させる事は難しいと思います。
それよりも、個人の英語学習に対する取り組み方、姿勢の方が重要になります。

実際日本人の学習スタイルは、海外の人達との学習スタイルと違い、受身になる学習方法が多いです。

しかし、英会話は受身では絶対に上達する事はありません。
英会話上達には、自分で積極的英語を話し、活用して、自分の言葉として使っていく必要があります。


英会話学校の授業で習った会話のフレーズをネイティブとの会話の中で
自分の言葉、フレーズとして自然に口から発する機会として、英会話学校を使うという利用方法であれば
英会話学校は、大変有意義な学習方法になると思います。


また、個人的には大手の英会話スクールよりも、個人経営の規模の小さい英会話スクールの方がおすすめだったりします。
その理由については、以下のページ紹介しています。

英会話スクールは英語学習に有効な手段となるのか?

留学体験の過去記事でも紹介したように、日本の英会話学校だけで英会話がペラペラになる人もいますので
留学に行って英語を習得する人もいれば、日本の英語学習環境だけで英語が習得できるようになる人も大勢います。

つまるところ、英会話は上達においては、やはり個人のモチベーション、英語学習のマインドセットが重要になってくると思います。






当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。