カルチャー

外資系ビジネスマンはチェックしたいビジネス英語リスト:アメリカのビジネスカルチャーポイントのトップ10

アメリカのビジネスカルチャーのポイント紹介

アメリカのビジネスカルチャーポイントのトップ10リスト


アメリカのビジネスカルチャーやマーケティングモデルは、世界中で紹介されているようにとてもパワフルなものが多いです。
今回の記事では、外資系ビジネスマンを目指している人に役に立つビジネスカルチャーのポイントをトップ10リストで紹介していきます。


アメリカのビジネスカルチャーのポイント紹介アメリカのビジネスカルチャーのポイント紹介


アメリカのビジネスカルチャーポイント



  1.  アメリカの会社では年齢よりも成績で昇進する。
  2.  

  3.  遠回りの話し方よりも、直接に話せば相手にリスペクトしてもらえる。

  4.  自嘲や謙遜する話し方はNG、自分の長所を話した方がリスペクトされる。

  5.  「時間イコールお金」という考え方があるので、遠回しな話で時間を無駄しないように。

  6.  熱心に新しいアイディアを売り込んだ方がいい。

  7.  アメリカの会社では新しくて革新的なアイディアがリスペクトされる。

  8.  取引先やお客先に贈り物を与える習慣がない。逆に贈り物は賄賂のようなニュアンスがあるので禁止されている場合がある。

  9.  アメリカの会社では、自由な雰囲気があります。しかし階層がなさそうに見えるが実はしっかりとした階層がある。

  10.  長期の考え方よりも、短期で利益を生み出す事を目標としている場合が多い。

  11.  偉そうな職名(肩書)が流行っているので、人の職業が知りたければ直接質問した方がいい。







当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。