スピーキング

独学で英語を勉強する際のモチベーション維持の方法と5つのアドバイス

英語を独学で勉強する際に知るべき5つ学習アドバイス

英語を独学で勉強していく際のモチベーションを維持する上手な方法


マリ
マリ
今回の記事を担当するマリと申します。今回の記事では、独学で英語を勉強しようと考えている人に「勉強モチベーションを維持する方法・5つの学習アドバイス」を紹介したいと思います。


自分の気持ちが意欲的で勉強のモチベーションが高い時には、独学で英語を勉強する事はとても良い勉強法だと思います。

何故なら、独学で英語を勉強する人は、他の人と一緒に受ける授業、英会話のレッスンを受けるよりも、自分のニーズに合わせて勉強する事が出来るという事があげられます。そして、授業ではないので、自分の好きなスピードで学習を進める事が出来るからです。

そして、自分の好きな教材やツールを活用しながら勉強をする事が出来ます。独学には色々な有利がありますが、一つだけ弱点をあげるとすれば、独学に飽きて「勉強のモチベーションが維持できない」という問題です。

英語の勉強に飽きてしまうと、学習ペースも減って当然のことながら英語力は伸び悩みます。そこで、今回の記事では、英語を独学で勉強したいと考えている人のために「英語の勉強モチベーションの低下を防ぐ方法」も紹介してみたいと思います。

そして、独学の際に使う英語教材の選び方と学習の進め方に関する色々なアドバイスも紹介していきたいと思います。

先ず、今回のアドバイスを紹介する前に「英語の独学を始める前に考えるべき大切なポイント」を紹介していきたいと思います。その後、「モチベーションを維持する方法」、「教材の選び方」、「勉強の進み方」と言った順番で紹介していきたいと思います。






なぜ英語が話せるようになりたい? 最終的な目標を考える事


英語を独学で勉強する際に知るべき5つ学習アドバイス

独学で英語の勉強を始める前に、最も考えるべき大切なポイントとしては、最終的に「自分はどうして英語を勉強したいのか?」というマインドセットの部分が大切になってくると思います。

つまり、「英語を勉強する動機」です。一見単純のように思う方も多いと思いますが、私の意見では、多くの日本人の英語学習者は具体的な動機がないまま英語の勉強、英会話の練習をしている方が多いのではないかと思います。

もっと言うと、ちゃんとした目標と勉強する理由がないと、学習モチベーションをキープする事がとても難しいと思います一般的に英語を勉強する理由として、いくつかあると思いますが、例えば・・

  • 仕事に英語が必要
  • 海外留学をする予定
  • 外国人の友達と英語で話したい
  • 国際結婚をしている
  • 海外旅行に行く予定
  • 子供をバイリンガルに育てたい
  • 難しい海外の大学に入りたい



英語を勉強している方は以上のような理由があるのではないかと思います。結局、具体的な理由がないと、英語の勉強を継続して続けていく事は難しくなります。

そして、学習に行き詰った際に英語の習得を諦めてしまう可能性が高くなります。




自分に必要な英語のスキル・ニーズを考える事


英語を独学で勉強する際に知るべき5つ学習アドバイス

もし、自身の英語を勉強する理由が明確になっていれば、その後に自分のマスターしたい英語スキルのニーズを考えた方が良いと思います。

例えば、もしアメリカの大学で留学する事が決まっている場合には、そういった留学生活の中で使う英単語・英語表現・フレーズを勉強する事が必要になります。

例えば、大学の先生と英語で話す際に使うボキャブラリー友達とのカジュアルな会話に使う表現や話し方なども役に立ちますね。

また、ビジネスで英語を使うと考えている場合には、ビジネス英語を中心に勉強する必要が出てきますね。例えば、業界内だけで使われるようなビジネス業界用語・専門用語、交渉時に必要な英語フレーズなどの英語を勉強する必要があります。

まとめると、独学で英語を勉強する際に「自分がマスターしたい英語のスキル」を考えないと、そういったニーズに合わせた魅力的な英語教材に出会う事は出来ません。

自分のニーズに合った英語教材ではないと、当然のことながら学習モチベーションが低下すると思います。ですから、まずは自分の英語に対するニーズを考えてみましょう。




英語を独学する前に現在の英語レベルを知る事


英語を独学で勉強する際に知るべき5つ学習アドバイス

英語の勉強をしていると学習モチベーションが下がってしまう理由はいくつかあると思いますが、その中でも最も大きな理由は使っている「英語教材が自分の英語レベルに合っていない」という人は意外に多いです。

例えばの話、今、使っている英語教材が自分のとって簡単すぎると、学ぶ事は少ないので、当然勉強が直ぐ退屈になってしまうと思います。

そして、当然英語のレベルは上がりません。逆に、使っている教材が難しすぎると「私は英語に向いていない!」といったネガティブな気持ちが出てきてしまい、またモチベーションが下がります。

以上の事から、英語教材を選ぶ際には、現在の「自分の英語レベルよりも”少しだけ上”のレベルの教材を選ぶ」という方法が得策です。

ですから、選ぶ基準としては「自分の現在の英語を伸ばすような教材でありながら、尚且つ難しすぎない教材」といったレベルがちょうど良いと思います。

現在の自分の英語レベルが正確に分からない場合には、一度、正式な英語の試験を受ける事はお勧めです。例えば、仕事で英語を使おうと考えている方、TOEIC試験を受けてみてもいいですし、実用性を求める方は英検、TOEFL、IELTS(アイエルツ)等もお勧めです。


こういった英語試験の点数によって、現在の自分の英語レベルがはっきり分かるはずです。その後に、改めて自分のレベルより少しだけ難しい教材を選ぶようにすれば上手な教材選びが出来ると思います。

それでは、これから具体的にどんな教材を選ぶべきなのか? というお話しをしてみたいと思います。






英語を独学するなら「勉強スタイル」を先に考える事


英語を独学で勉強する際に知るべき5つ学習アドバイス

何故、英語をマスターしたいのか?という自分の具体的なニーズを決めたら、そのニーズに合わせた教材をようやく選べます。その次には「自分の”勉強スタイル”を考える」という事が大切になります。

ここで言う”勉強スタイル”とは「自分に合った最も効果的な勉強法」という意味です。ですから、その勉強法は個人の好みによっても変わってきます。

例えば、リーディングとライティングがあまり好きではないという人は、リスニングをメインにした英語教材を選んだ方が良いと思います。

また、書きながら勉強するスタイルが事が好みという方はドリルのような問題が多いスタイルの教材にした方が良いと思います。

そして、最近は「教材=英語を勉強する為の教科書」というわけではありません。最近では、オンラインで出来るEラーニングシステムという便利なシステムもありますし、映画を通して英語を勉強できる教材も沢山あります。

そして、英語学習アプリ、動画、オンライン英会話のスカイプレッスンもありますから、自分の学習スタイルに合わせて選べる教材はたくさんあります。



独学する際に楽しい英語教材を選ぶようにする事


英語を独学で勉強する際に知るべき5つ学習アドバイス

学校で勉強する英語は正直にいうと・・つまらないですね。多くの場合、学校の授業は受験対策向けの授業内容なので、先生のレクチャーから始まり、その後に練習ドリル(ミニテスト)を行って勉強しますね。

多くの学生達は、ドリルや教科書で勉強する英語の授業内容は、とても退屈なので英語の勉強に飽きてしまう人が多いと思います。飽きてしまえば当然の事ながら、モチベーション何て保つ事は出来ません。

しかし、独学の良い点は、自分の好きな教材を使って英語を勉強出来るという点です。英語は「生きている言語」なので、面白い教材とメディアが沢山あります。

例えば、ハリウッド映画を通して英語を勉強してみたらどうですか? ヒップホップの歌を使って英語ボキャブラリーを勉強してみたら? スポーツが好きな人はスポーツのニュース記事を読んで英語を勉強したら面白いですよね^^

先程も言いましたが、「教材=教科書」が全てというわけではありません。そのため、英語の勉強を飽きずに続ける為には「自分が楽しいと思っている映画、歌、小説、ユーチューブ動画」といった興味のあるメディアを教材として使った方がモチベーションをキープ出来ると思います。





独学する際のお勧めの勉強の仕方やスケジュールは?


英語を独学で勉強する際に知るべき5つ学習アドバイス

この記事では、英語を独学で勉強すると一口にいっても、人によってそのニーズと学習スタイルは異なるというお話をしてきました。

ですから、”これはだけはお勧め”という特定の「効率的な勉強法」というものは紹介出来ません。しかし、以下に紹介するアドバイスは、どんな勉強スタイルを選んでも役に立つと思いますので、参考になさって下さい。

先ずは「勉強のスケジュール」を先に考えた方が良いと思います。出来れば、毎日ちょっとした空き時間でもいいので、勉強を行った方が良いと思います。

この「毎日ちょこちょこ勉強する」という考え方が大切だと思います。私の意見では、一週間に一度長い時間をとって勉強する事よりも「毎日短時間でも勉強する」という、習慣・やり方の方が効果的だと思います。

それは何故なら、勉強していない時間を空けすぎてしまうと、前に勉強した情報を忘れてしまう傾向があるからです。しかし、毎日ちょこちょこ勉強していれば、勉強した内容は記憶に残ります。


次のアドバイスは、一つの教材・勉強法だけではなく、色々な種類の勉強法を試しながら学習を進めた方が良いと思います。つまり、色々な角度から英語を勉強するという意味です。

この際に、一つの教材をだけではなく、色々な種類の教材を同時に少しずつ使って勉強した方が良いです。例えばの例ですが、英語教材で新しい文法を覚えたら、その後に映画や音楽で楽しみながらリスニング力を上げるという勉強を行います。

そして、通勤の際に空き時間の使って、アプリを使ってボキャブラリーを覚える練習等も出来ますね。そのような勉強法の方が効果的ですし、勉強に飽きづらいと思います。


最後のアドバイスは、実際に「英語のアウトプットを練習する」という工程になります。主に独学で勉強していく人はインプットが多いですが、自然とアウトプット(スピーキングとライティング)をする機会が少ない傾向にあります。

その為に、独学で英語を勉強する人は出来るだけ英語を使う機会、アウトプットを練習する機会を作らる必要があります。

もし、周りに英語でコミュニケーションを取れる外国人の友達がいなければ、オンライン英会話やランゲージエキスチェンジを通して英会話を練習した方が良いと思います。




独学で英語を勉強する際のポイント:まとめ


まとめると、独学で英語を勉強する際には下記のステップで学習を進める事をお勧めします。


独学で英語を勉強する際のポイント

  1. 英語を勉強する理由を考える事
  2. ニーズを考える事
  3. レベルを考える事
  4. 自分に合う勉強スタイルを考える事
  5. 楽しい教材を選ぶ事
  6. 定期的に勉強する事
  7. 色々な勉強法を使う事
  8. アウトプットを忘れないようにする事


それでは、皆さん、以上のポイントを考えながら独学で英語の勉強を頑張りましょう!


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。