ビジネス英語

ネイティブに伝わるビジネス英語勉強法:ビジネス英語のライティングスキルを上げる勉強法

ビジネス英語のライティングのスキルをアップさせる勉強方法

ビジネス英語のライティングスキルを上げる勉強法



ビジネス英語というテーマで英語学習を行っている人の中には、英語の文章をライティングするのは得意だけど、ネイティブとの実際のコミュニケーション、つまりスピーキングやリスニングが苦手という人も多いかと思います。

それとは逆に、ネイティブとのコミュニケーションは得意だけど、英語の文章をライティングする事が苦手といった人もいると思います。

このように個人の英語スキルに違いが出てくる理由としては「今まで学んできた英語の勉強法の違い」により、自分の得意なスキル、苦手なスキルに対して開きが出来てきたんだと思います。

しかし、スピーキングやリスニングについては共通して行える勉強方法があります。

今回のこのビジネス英語の勉強方法記事は全2回に分けて紹介していきたいと思いますが、今回の実践ネイティブに伝わるビジネス英語勉強法として、ビジネス英語のライティングのスキルをアップさせる勉強方法を紹介していきたいと思います。


ビジネス英語のライティングのスキルをアップさせる勉強方法ビジネス英語のライティングのスキルをアップさせる勉強方法




ビジネス英語のライティングのスキルをアップさせる勉強方法



ビジネス英語のライティングスキルを使うビジネスシーンとしては一般的に、海外の企業とのメールのやり取り、FAXのやり取りが主な目的だと思います。

ビジネス英語のライティングスキルが最も必要とされる業種としては、商品の輸出入関連ビジネスを行っている貿易会社や、自社製品を海外の企業に売り込んでいる会社など、これらの業種では非英語圏の外国人の人達と英文メールでコミュニケーションする事も日常茶飯事だと思います。必要であれば、実際に英語で電話して交渉を行う事も多いと思います。


特に自社商品の参考資料やビジネスの契約文書の作成など、ビジネス文書としては形式的な物の種類になりますが、それらを読んで理解する、それらを理解して書けるスキルのニーズはとても高いでしょう。

これらの業務では、英語をライティングする事が苦手だとビジネス上において、とてもハンディキャップになってしまいます。



以上の事を踏まえてみると、ビジネス英語のライティングスキルは、ある程度形式的なパターンを使って学習出来るスキルです。

まず勉強方法としては、ビジネスのシーンでよく使われる基本的なビジネス英語のフレーズを何度も書きながら使って覚える訓練が最も有効です。


特に顧客とのやり取りで使われる英語のフレーズや表現は形式的な物が多く、参考になる例文や表現のパターンさえ覚えてしまえば、ある程度の応用が利きます。

ですから、自分の中に多くのパターンをインプットする事が大切です。ビジネス英語のメールの例文やビジネス文書の例などは、インターネットでも多数紹介されていますので、これらを利用して実際に書く練習をすると上達も早くなるでしょう。


これは、日本語でも英語でも同様の事だと思いますが、ビジネス英語でのメールや文書には決まりきったパターンがあります。
最終的にはこれらの形を何も見ないである程度書けるようになるまで何度も書いて覚えましょう。

ライティングする際は、パソコンに自分が仕事で使いそうなフレーズ集、例文集を作りながら行っていくのも良いでしょう。


しかしここで気をつけて欲しいのが、参考にする際の例文です。例文は必ず英語ネイティブのチェックが入っている例文を使うようにして勉強して下さい。時々インターネット上に公開されているビジネス英語のメールの例文集をみていると、ネイティブが絶対に使わないような表現やニュアンスのおかしな例文も多く見かけます。


特にニュアンスについては、ビジネス英語という事もあって、とても大切な部分ですので、例文を利用する際は必ずネイティブのチェックが入っているメールの例文を使いましょう。


そしてある程度ライティングスキルがついてきたら、今度は今まで書いて覚えたフレーズを基に、実際に現場で使えそうなビジネス英語の文章を書く練習をしていきましょう。イメージ的には、業務上で使いそうな単語やフレーズを意識して勉強する方が効果的です。




ビジネス英語教材とニュアンスについて



ビジネス英語に限らずネイティブとコミュニケーションをしている際、自分の話している英語のニュアンス、自分の書いている英文のニュアンスについて気になる人は多いと思います。

特に英語もある程度理解出来てくると、英語での微妙な表現や言い方なども含めてさらに英語の精度をあげて読み書きしたいと思っている人が多いのでないでしょうか。

ビジネス英語についてのニュアンスなどは、ネイティブと接していればいる程、自然と相手の言葉使いや文面からニュアンス吸収していけると思います。やはりはじめは、出来るだけある程度決まったパターンに沿って、参考になる例文を使い英文メールやビジネス文書を書く練習と実践を繰り返し行っていく方が上達も早いと思います。



本サイトが制作したビジネス英語教材でも、今回の勉強方法で紹介した「ビジネス英語の例文を使った勉強方法」を推奨しています。英語圏のビジネスで使われているビジネス英語のフレーズを多数、収録しているので、すぐに使えるビジネス英語の基本フレーズパターンなどをマスターしたいと思っている方には役に立つと思います。


この教材で紹介されている例文やフレーズは覚えた、その日すぐに仕事で使えるような即戦力のあるフレーズ集です。
また英語圏のネイティブが作ったビジネス英語の教材なので、ビジネスレベルで使えるニュアンスもバッチリな英語です。







当サイト制作のビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語に特化したボキャブラリー教材です。

本書籍では、ビジネスシーンで頻繁に使われるビジネス英語のボキャブラリーを「ビジネス英語の名詞」、「ビジネス英語の動詞」、「ビジネス英語の形容詞・副詞」の3つのセクションに分けて学習していきます。

各セクションでは100語のビジネス英語の単語と実際の使い方の例文を紹介しています。トータルとして、300語のビジネス英語の単語を学べる内容になっています。各単語と合わせて、ネイティブの使い方が分かるようにビジネスシーンを想定した例文を紹介しています。