スピーキング

コミュニケーションと文化から学ぶ最も強力な英語勉強方法

英語上達方法・英語圏のネイティブとコミュニケーションする重要性

英語の教材からでは得られない・生の英語を習得する為に英語圏のカルチャーに触れる大切さ

 

このサイトでも、何度となく触れている事ですが
英語を勉強する際に、英語の教科書や英語教材のCDだけからではなく
ネイティブとの会話や、英語圏のカルチャーを理解することによって
より英語という言語に対する理解を深められる。
そんな理由からも、英語カルチャー理解の大切さをおすすめしてきたんですが

そんな事を思い出しながら最近、アメリカに数年MBA留学していた友人と話す機会があったんです。



本当の英語力は授業や教材だけでは学べない

 

彼は、MBA留学する前からある程度の英語の基礎知識があって、渡米し留学したタイプの人です。
英語も、アメリカに到着後、半年くらいである程度ペラペラと話せるようになった秀才タイプですが

そんな彼でも、英語圏の文化に常日頃触れていないと、英語の感覚が鈍るってくると言っていました。

 

これは、ただ単に英語の新聞や本、インターネットのメディアだけに
触れている事だけでなく、もっと深い部分をさしています。

例えば、英語ネイティブとの会話から得られる、新しい単語や俗語(スラング)など
英語圏の人たちと会話するという行為から生まれる、ボディーランゲージや仕草など。

 

英語上達方法・英語圏のネイティブとコミュニケーションする重要性

 

 

彼なりに色々と理由は、あると思うんですが
このことからもわかるように、やはり英語を学ぶ上でコミュニケーションを中心に英会話重視で
学習することって、英会話を向上させる上では、一番重要なんだなと改めて思いましたね。

 

 

同時に、ネイティブとの会話から得られる英語の知識と経験値は
どんな英語教材よりも、為になると思います。

 

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。