スピーキング

自宅一人で出来る英語スピーキング練習方法を紹介:スピーキング上達において最も重要な事とは?

自宅一人で出来る英語スピーキング練習方法を紹介

無料学習できる英語スピーキング練習の方法を紹介


英語のスピーキングを上達させる方法としては、一般的に英語圏のネイティブと会話する事によって
スピーキングが上達すると、考えられています。

しかし、忙しい社会人ともなると、英会話力のアップを図りたいと思っていても
仕事の後に、英会話教室に行く時間をとるのも一苦労です。

そんな時は、自宅で一人で出来るスピーキングの練習方法がおすすめです。
とくに、まだ英語のスピーキングの練習を始めたばかりの人には、この方法は最もいいと思います。


自宅一人で出来る英語スピーキング練習方法を紹介 自宅一人で出来る英語スピーキング練習方法を紹介




一人で出来る英語スピーキングの練習方法


まず、前回の記事で書いた、英語のスピーキングが中々上達しない人の為のスピーキング練習方法にも、書いた事と合わせて練習を進めていくと効果的ですが
今回は、それにプラスして”自分の日常の会話内容”から、スピーキングの練習に使う題材を用意するやり方を紹介したいと思います。


まず、どんな内容でもいいのですが、自分が友達と話している内容だったり
朝起きてから、夜寝るまでの間の日常の会話の一部分だけを選んで
i phoneや携帯電話のボイスメモの機能を使って録音してみましょう。

それが、出来ない人は、パソコンのボイス録音機能を使って、自分の会話内容や独り言を録音してみましょう。

そこまでしなくても、一日の中で自分がよく使う言葉や会話の内容を思い出せる人は
その内容をノートにメモして書き出してみて下さい。

自分の一日のうちで話している言葉は、よっぽど専門的な事をやっている人ではない限り
比較的、簡単な内容の会話をしている事に気がつくと思います。

特に、知人や友人、家族との会話になればなるほど、簡単な会話内容が多いと思います。
その会話内容の中から、いくつかの文章をピックアップして英語の文章にしていきます。



一人で出来る英語スピーキングの練習の注意点


このときに一番気をつけてほしいのが”自分が言えない難しい内容は英語で話さない”この事を心がけて下さい。
もし、日本語から英語にする作業の際に、英語に訳せない難しい文章があったとしたら
日本語の方を”同じ言い方で簡単な言い方”を探してみて下さい。
そうすれば、英語にする際もシンプルで楽に英語化できると思います。

こうして作った英語の文章を口に出して毎日空いた時間に練習します。
また、さらに自分が英語で話している内容と、英語にする前の日本語を聞き比べてもいいですね。
英語を口に出す事が難しい環境で勉強する時(例えば電車の中など)でも
自分が話した音声を、リスニングすれば復習にもいいですし、発音のチェックも出来ます。

この練習の一番の目的は・・・。

・毎日の会話で自分が最もよく使う会話のフレーズやパターンを把握する事。
・これら会話のパターンを英語にして、実際の英会話に使える知識として用意する事。
・自分が知っている英語の単語や文法などの知識だけで、英会話をする力をつける事。(←これが一番重要かと思います。)

この3つの大きな目的になります。
この事を毎日、続けていけば徐々に英語を口から出す事になれますし
自然と英語のパターンが頭にインプットされると思います。









当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。