スピーキング

英語が出てこない5つの理由とその解決方法とは?

英語が出てこない5つの理由と解決方法

何故「英語が出てこないのか?」英語が出てこない理由と英語が話せるようになる方法を紹介


マリ
マリ
皆さん、こんにちはマリです。今回は英語のスキルの中でもスピーキングをテーマにあるお話をしたいと思います。今日のテーマは英語を勉強しているけど、中々口から「英語が出てこない」という方へのアドバイスです。


英語を勉強している方の中には、英語が喋れない理由を説明する際に「英語が出てこないんだよね」という意見を耳にします。一般的なお話になってしまいますが、日本では「英語の知識やボキャブラリーは沢山知っているけど会話になると英語が口から出てこない=話せない」という方は多いと思います。

そして英語の知識があってさらにTOEIC等の英語試験でハイスコアの方でも実際に英語を喋れない人は多いと思います。多くの日本人は「英語は分かるけど話そうとすると英語が出てこない」という方問題を抱えている方は多いのではないかと思います。

そこで今回の記事では「英語が出てこない理由」と「英語が出てくるようになる勉強法」を紹介してみたいと思います。

それでは、何故日本人の英語学習者の方は英語の知識があるにも関わらず英語が出てこないのでしょうか? そして、英語が出てこない理由はどんな事と関係しているのでしょうか?






英語が出てこない理由1:文法パターンの知識が足りない


英語が出てこない理由1:文法パターンの知識が足りない
英語を話せるようになるには、「単語だけではなく文法の知識も必要」になってきます。もちろん、一般的な日本人の方は中学校と高校で英語文法を学んでいますが、その知識はとても「パッシブな知識」だと思います。

つまり、目の前に英語の文章で書いてあれば、その文章を読んで意味を理解する事はできますが、自分でその文章をゼロから考えて作る事は苦手な人が圧倒的に多いと思います。つまり、殆どの方は「英語の文章を理解出来るが自分で英文を作る事は難しい」という事になります。

そのため、自分が何かを英語で言いたい際に口から英語が出てきません。英会話をする際に「英単語や文法パターン」はどれが適切なのかを理解出来ていませんし、動詞の形、時制などについても迷う方もいます。

そして、「この言い方が正しいのか?」それとも、「失礼な言い方なのか?」といったニュアンスについても迷う方が多いと思います。結局、実際の英会話では、迷いすぎてしまって最終的に黙ってしまう傾向があります。

その問題を解決するには、「英語の基礎的な文法パターンをしっかり覚える」という勉強法が最も効果を上げます。しかし、文法を覚えるといっても「その文法の覚え方」が重要になってきます。

実は中学校3年間で学ぶ英文法のパターンをしっかりと覚えていれば、英語で殆どの言いたい事は言えると思います。

複雑な文法知識はベーシックな英会話には必要ありません。中学校レベルの文法を覚えて、「その文法パターンはいつ使えるのか?」、「どういったシーンで使うべきなのか?」そういった事を覚えた方が良いと思います。

実は英文法について深く分析する必要はないと思います。単純に「こういったシーンでこのフレーズを使う」という知識を数多く覚えるべきです。

例えば、誰かをどこかへ誘う際には「Would you like to 動詞?」というフレーズを使うという知識しか必要ありません。「would」や「like to」の深い意味について特に考えなくても大丈夫だと思います。

そういった細かい知識は後で勉強しても全く問題ありません。とにかく先に英語を話せるようになるために、「役に立つ数多くのフレーズを覚える」という作業に集中すべきだと思います。そして、そのフレーズをしっかりと覚えて、別に自分が表現したい事があった場合には「フレーズ内の単語だけを入れ替える」という作業をする事によって直ぐに色々なシーンで会話できるでしょう。





英語が出てこない理由2:ミスが恥ずかしいので話せない


英語が出てこない理由2:ミスが恥ずかしいので話せない
多くの人は「間違った英語を言いたくない為に会話中黙ってしまう」という方が多いと思います。私もその気持ちはよく分かります。しかし、実際には会話相手はあなたのミスをそんなに気にしていないと思います。

外国人は日本人よりも他の外国人と話す事に慣れていますので「外国人の変な発音」や「ネイティブでない多少間違った文法」などを聞いてもびっくりしないです。そして、それについて文句を言う人もいないと思います。

逆に会話相手が英語を頑張って話そうする姿勢にリスペクトする場合が多いと思います。そして、英文法や発音が完璧ではなくても、意味が通じる場合が多いので、難しいかもしれませんが、とりあえず何かを言ってみましょう! 英会話の際にもっともいけないのが黙ってしまう事です。

この問題を治す事を難しいと思いますが、基本的には「会話相手は笑わないし、誰も私の英語に気にしない」というスタンスで英会話するようにした方が良いでしょう。

殆どのネイティブは違う国の人とコミュニケーションする事が好きです。そして、コミュニケーションを取る事が第一優先なので、多少間違えても通じればOKです。間違えを恥ずかしがってはいけません。




英語が出てこない理由3:ボキャブラリーが足りない


英語が出てこない理由3:ボキャブラリーが足りない
もう一つの「英語が出てこない理由」は単純に「英語のボキャブラリーの知識が足りない」という事も関係していると思います。英語の文法パターンが分かっても言いたい単語が足りないと、当然口から英語が出てこないと思います。

平均的な英語ネイティブの人は約「20,000語の英単語」が知っているそうです。英語学習者のあなたはそこまで覚える必要はないと思います。実は「75%の英会話は同じ800語の単語しか使われない」という事実があります。

つまり、最も会話に出てくる「800語~1,000語の単語」を覚える事が出来れば殆どの事は表現する事が出来ますし、殆どの会話を理解できるはずです。

この問題を解決する為には、最もよく使われる英単語をしっかりと覚えましょう。しかし、辞書や単語リストでボキャブラリーを覚えるよりも、実際に会話で使える文章を通して覚えた方がその後実践で使えるようになると思います。

例えば、「lose」(なくす)という動詞を覚えたい場合、単語だけではなく、実際に使える文章の中に入れてその文章毎暗記した方が良いと思います。

例えば、「I’ve lost my keys」(私は鍵をなくしてしまった)といった文章を覚えた方が良いでしょう。そうすると、単語だけではなく、文法パターンとしてよく出てくる表現も同時に覚える事が出来ます。

自分がオリジナルな文章を考えられない場合は、英語のフレーズ集を使って参考にしてみましょう。





英語が出てこない理由4:英語を話す為の準備をしていない


英語が出てこない理由4:英語を話す為の準備をしていない
英語がある程度喋れても、言いたいフレーズが出てこない場合もあると思います。そういった時には、そのシーンで使う英語を準備していないという問題があると思います。

例えば、イギリス人の私は長い間日本に住んでいますし、日本語の日常会話は大丈夫ですが、それでも場合によっては「会話の前に準備しないと日本語が出てこない」といったシーンがあります。

時々、私は病院や市役所、銀行などに行く必要があります。そういったシーンでは、特別な用語が必要になります。

私は日常会話で医学用語や税金に関する用語は殆ど使いませんので、そういった会話をする際には、ある程度準備する必要があります。そうしないと中々言いたい言葉が出てきません。

その問題を解決する為には、私は病院や銀行に行く前事前に「会話中にどういった単語やフレーズが必要になるのか?」という事を想定して、先に調べたり準備しておくという習慣があります。

病院に行く前には「相談したい問題」、「相談に関する単語や用語」ある程度を調べて聞きたい質問や医者が言いそうな文章を考えて言い方を調べておきます。

そうすると、実際に使う際に口から言いたい事がスムーズに出てくるはずです。簡単に言うと、英語を話す前にシミュレーションをして言いたい事を準備して練習した方が良いです。





英語が出てこない理由え:アウトプットの練習が足りていない


英語が出てこない理由え:アウトプットの練習が足りていない
最後に「アウトプットの練習が足りない」という事は最も大きな問題だと思います。英語の読み書きが出来ても、実際に会話が出来るわけではないと思います。

例えば、サッカーの試合をたくさん見てルールを全て知っている人でも、その人がサッカーを上手にプレイできるわけではありませんね。それと同じで英語を話す事は、教科書で勉強しているだけでは不可能です。実際に口に出して練習しないとできないスキルです。

そのため、英語が出てこない人は単純に英語を話す為の練習時間が圧倒的に足りていないのではないかと思います。つまり、「瞬発力」がないという事です。

「瞬発力」とは、英会話の際に「何も考えずに一瞬で口から英語が出る」という事を指します。そのスキルを手に入れるには、「頭の中で直ぐに使える表現、パターン、チャンク、フレーズを覚えてから話す練習する」という必要があります。要するに、アウトプットを練習しないと、いつまでたっても英語のアウトプットは出来るようになりません。

アウトプットを練習する方法はいくつかありますが、最も楽な方法は英会話のレッスンを受ける事だと思います。

英会話スクールは星の数ほどありますし、オンライン英会話も最近流行っているので、いつでもどこに住んでいても英会話を練習する事は可能になりました。

もう一つのメソッドは当サイトが制作した英会話教材を使う事です。この教材は「English Reboot」と言います。English Rebootは「英語が出てこない」という人にピッタリな教材だと思います。この教材では「英語の瞬発力」と「アウトプット力」を鍛える内容になっています。




ネイティブが実際に使うような例文を使用し、基礎文法を使ってアウトプットの練習を行っていきます。例えば、「日本語を聞いて英語にしなさい」や「英語の肯定文を聞いて疑問文にしなさい」といった瞬間英作文のようなエクササイズが行えます。

また、英語のシャドーイングとリピーティングを組み合わせて行う事によってアウトプット力が上がって「英語が出てこない」という問題を解決出来るでしょう。






まとめ:英語が出てこない理由と解決方法


まとめると、英語が出てこない理由がいくつかありますが、実はこれらは非常にシンプルで簡単に直せる問題だと思います。

下記の理由を理解して、実際に直す方法に従って練習していけば、そのうち自分の口から正しい英語が出てくると思います。

  1. 文法の知識が足りない ➡ 中学校レベルの文法をしっかりと覚えよう。
  2. ミスが恥ずかしくて怖い ➡ マインドセットを変えよう。
  3. ボキャブラリーが足りない ➡ 使える文章を通して会話に出るボキャブラリーを覚えよう。
  4. 準備が足りない ➡ シーンに出る英語を想像して調べときましょう。
  5. アウトプットの練習が足りない ➡ 英会話の練習、アウトプットトレーニングを行いましょう。



それでは、英語に関する質問があれば、是非、当サイトのライターにご連絡くださいね^^


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。