スピーキング

英会話スクール通わずに英語の発音を練習する方法:日本人の英語の発音と発音練習のコツ

自宅で一人で英語の発音を練習する方法

自宅で一人で英語の発音を練習する方法


我々日本人は、英語の発音に対して、特にコンプレックスを抱いている人が多いと思います。
綺麗な英語の発音でなければ、みんなの前で英語を話す事は恥ずかしいとか
完璧な英語の発音が出来るようになるまで、人前で英語を話しずらいな・・。など。

このような考えを持っている人は多いと思います。

しかし、ビックリする事に、英語圏の人たちからみると、非英語圏の人たちが話す
独特の英語のアクセントは、チャームポイントになる事もあるようです^^



自宅で一人で英語の発音を練習する方法自宅で一人で英語の発音を練習する方法




英語スクールに通わずに英語の発音を練習する方法



まず、彼ら、ネイティブが話す英話を聴いてみると、一目瞭然ですが
一般的に、日本人が英語の発音をする時は、フラットな発音になってしまうと思います。

これは、日本語の特性から来ていることと思いますし、カタカナカルチャーの強い日本では
和製英語が多い為に、特にこのような英語の発音が染み付いてしまっています。


以上の事を踏まえて、英語の発音の練習方法としては、少し単語に抑揚をつけるように意識して
言葉を発する際に、少しだけ感情的になるように話すとよりいいと思います。(ネイティブの発音に近くなるように努力する)。

また、一人で練習する際は、必ずネイティブと会話している場面を頭の中でイメージしながら練習するようにして下さい。


始めのうちは、英語を発音しようとすると、舌が上手に動かず、英語の発音が上手に出来ない場合も多いと思いますが
あきらめず、何度も、繰り返して口に出して下さい。

発音の教材としては、何でもよいと思いますが、発音の学習が単調にならないように
自分の好きな俳優が出ている映画のフレーズを何回も聴いて、真似したり
好きな歌手の歌を使って練習したりするなどの対策で、発音の練習も苦にならないと思います。

英語発音の練習の際には、スピーキングの練習とも同じ事が言えると思いますが
できるだけ、英語を話している自分の声を録音して、自分が目指している、ネイティブの英語と聞き比べて、どのくらい差があるのかを確認すると、さらに効果的な練習方法になります。






当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。