文法

lookとlook likeの違いとは? look likeとbe likeの違い、使い分けを詳しく解説します

lookとlook likeの違いとは?

look likeとbe likeの違いとは? lookとlook likeの違いと使い方、使い分け、ニュアンスを徹底解説



マリ
マリ
皆さん、こんにちはイギリス人の英語教師 マリと申します。今回はある英語学習者の方から頂いた質問として「lookとlook likeの違い」、「look likeとbe likeの違い」について詳しく解説してみたいと思います。


英語を本格的に勉強していくと、意味が同じような似た単語や表現に出くわすことも増えてくると思います。特に初心者の方であれば、こういった微妙な違い、使い分けの違い、ニュアンスについて気になる方も多いと思います。

実は私はつい先日、マンツーマンの英会話レッスンの中でこのような質問をされました。


読者の方の質問:


最近になって英語を基礎からやり直そうと思って勉強しているのですが、lookとlook likeの違い、be likeやlook alikeの使い方をネイティブの視点で教えて下さい。

また、これらを英語ネイティブ達はどのようなシチュエーションで使っているのでしょうか? 実際の使い方を例文で教えてください。よろしくお願いします。



確かに一見すると、この「lookとlook like」、「look alike、be like」という英語はとても似ていますね。しかし。これらの使い方は異なりますので、英語学習初心者はよく間違えやすいです。

そして、これらは日常英会話ではとてもよく使われますので、今回紹介する使い方、使い分けをマスターしていくと実際の会話でとても役に立つと思います。





Lookの意味と使い方とニュアンス


まず「Look」は形容詞と一緒に使います。「~そうにみえる」という意味で使います。主に「感情を表す形容詞」(happy, sad, tired等)と一緒に使いますが、「delicious」などの形容詞と一緒に使ってもOKです。

否定文にしたい場合、「look」の前に「don’t」を持ってきます。それでは、実際のネイティブの使い方を以下の例文を通して確認してみましょう。


ネイティブが「look」を使う際の例文:



You look happy!
(あなたは幸せそうにみえますね!)


Rob looks tired today.
(ロブは今日疲れているようです。)


Mary looked sleepy this morning.
(メアリーは今朝眠そうだった。)


You don’t look well. What’s wrong?
(あなたは元気そうではないね。どうしたの?)

That cake looks delicious!
(そのケーキはおいしそう!)




look likeの意味と使い方とニュアンス


to look like 誰々」というフレーズは「誰々に似ている・誰々にそっくり」という意味になります。そして、「look like 名詞・名詞句」という使い方もあります。

例えば、「It looks like rain」は「雨が降りそうだ」という意味になります。「looks like 動詞ing」という使い方もあります。これは日本語で「~ようにみえる」という意味になります。

それでは、文章の説明だけでは、わかりにくいかもしれませんので、実際のネイティブの使い方を以下の例文を通して確認してみましょう。


lookとlook likeの違いとは?

ネイティブが「look like」を使う際の例文:



Your son looks just like you!
(息子さんはあなたにそっくりだ!)


My teacher looks like Tom Cruise.
(私の先生はトム・クルーズに似ています。)


It looks like rain. I’d better take an umbrella.
(雨が降りそうだ。傘を持っていった方がいい。)


That looks like an interesting book.
(それは面白そうな本ですね。)
※「an interesting book」は「名詞句」になります。


He looks like he’s having fun!
(彼は楽しんでいるようにみえるね!)


He looks like he wants to go home.
(彼は帰りたそうですね。)




be likeの意味と使い方とニュアンス



be like 誰々」は”似たような見た目”や”性格の話”をする際に使う文法です。「人 be like 人」というパターンでよく使われています。

What is/was ~ like?」という質問は「~はどんな感じですか?」という意味になります。それでは、実際のネイティブの使い方を例文を通してみていきましょう。


ネイティブが「be like」を使う際の例文



You are just like your sister. She is short-tempered too.
(あなたはお姉ちゃんにそっくりだね。彼女も短気だからね。)


She is just like her sister.
(彼女はお姉さんにそっくりです。)


Are you like your mother?
(あなたはお母さんに似ていますか?)
※この質問はハッキリは言っていませんが「性格が似ていますか?」というニュアンスです。


What’s your new job like?
(あなたの新しい仕事はどうですか?)


What was your trip to New York like?
(ニューヨークの旅はどんな感じでしたか?)

What’s your new English teacher like?
(あなたの新しい英語の先生はどんな人ですか?)




be alikeの意味と使い方とニュアンス


be alike」は「~と~が似ている」という意味になります。「be very alike」(=とても似ている)という表現が最もよく使われます。

「alike」は見た目だけではなく「性格が似ている」という表現をする際にも使えます。


ネイティブが「be alike」を使う際の例文:



My dad and my brother are very alike.
(父親と兄はとても似ています。)

My mum and my sister are not alike at all.
(母親と姉は全然似ていません。)

Their personalities are very alike.
(彼らの性格がとても似ています。)

Even though they are father and son, Mike and Dave are not alike at all.
(親子のわりにマイクとデイヴは全然似ていません。)




lookとlook likeの違い、look alikeとbe likeの違い:まとめ


まとめると、look、look like、look alike、be likeは一見すると全て似ているような表現ですが、微妙なニュアンスと使い方の違いがあります。

今回紹介したlookに関する表現の一覧リスト

  • look = ~そう、~にみえる
  • look like = ~そう、~に似ている、~にそっくり
  • look alike = ~と~が似ている
  • be like = ~と~が似ている、どんな感じ?

上記の表現は日常英会話で非常によく使われますので、この機会に是非覚えてみてくださいね!

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

●ステップ1: リスニング
●ステップ2: リピーティング
●ステップ3: シャドーイング
●ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
●ステップ5: ディクテーション

英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

当サイトが制作したビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。