句動詞にハイフンは必要なのでしょうか? 句動詞を名詞する方法とは?

句動詞を名詞する方法を紹介! 句動詞を使う際にハイフンは必要なのか?



今回の記事では、英会話力上達において、きっても切り離せない非常に重要な「句動詞の使い方」をテーマに記事を書いてみたいと思います。

先日紹介したように、最近、当サイトのライターである「マリ」は”ネイティブが使う句動詞”をメインにした電子書籍を出版しました。

その際に購入者の方から早速、句動詞に関する質問が来ています。そこで今回の記事では、その頂いた質問の中から1つだけピックアップしてお答えしてみたいと思います。(勿論、他の方の質問にもお答えしています^^)

具体的な質問内容としては「句動詞を書く際には”ハイフン”が必要ですか?」という質問です。

まずは、この質問に答える前に「句動詞について」、「句動詞の重要性と使い方」について少しだけ話してみたいと思います。



句動詞を使う際にハイフンは必要なのでしょうか?
句動詞を使う際にハイフンは必要なのでしょうか?


こちらの記事もお勧めです:




句動詞とは?



まず、句動詞とは「動詞+前置詞」または「動詞+副詞(+前置詞)」という単語の組み合わせです。一見するとフレーズのように見えますが、実は「一つの動詞として扱った方が良い」と思います。そして、句動詞はよく「イディオム」とも呼ばれていますが、イディオムっぽいですが、本当のイディオムとまた違うカテゴリーの言葉です。

実は「句動詞」という用語を聞いた事がなくても、ベーシックな英語を勉強した事がある方なら、もう既にいくつかの句動詞が知っているはずです。

例えば、皆さんもよくご存知の「get up」(=起きる)、「stand up」(立ち上がる)、「sit down」(座る)などは全て句動詞です。



句動詞の重要性について



英会話をする際、英語を理解する為には「句動詞の知識はとても重要」になってきます。それは何故なら、句動詞の知識がないとネイティブの英会話を理解できない事が多いからです。

英語ネイティブは、会話中で非常に数多くの句動詞を使っています。ですから、ネイティブの会話、英語圏の映画、テレビドラマなど理解するためには句動詞の知識をレベルアップする必要があります。

その理由もあって、当サイトのライターである、マリ・マクラーレンはネイティブとの会話でよく出てくる句動詞をまとめて電子書籍にしました。この電子書籍の中には「15のカジュアルな会話風のダイアログ」が収録されています。

このダイアログを通して、実際に役に立つ句動詞を中心に紹介していきます。一般的な少し堅い句動詞の英語教材よりも、「楽しみながら句動詞を学習できる」という点がポイントです。





句動詞にハイフンを使う必要はありますか?



今回の質問である「句動詞にハイフンを使う必要はある?」の答えですが、これは「ノー」になります。何故なら、句動詞にはハイフンが入っていません。

しかし、場合によっては「動詞と前置詞の間にハイフンを入れる」と「新しい名詞か形容詞を作る事が出来る」という場合もあります。

例えば、「to wake up」という句動詞は「目が覚める」という意味になります。これは句動詞なのでハイフンは必要ありません。しかし、「wake」と「up」の間にハイフンを入れると「wake-up」という”名詞・形容詞”になります。


実際の例文:


句動詞の場合:

What time did you wake up?
(あなたは何時に目が覚めたの?)


形容詞の場合:

I need a wake-up call tomorrow morning at 5:30.
(私は朝の5時半にモーニングコールが必要です。)


もう一つの例としては「to build up」(=溜まる、交通が渋滞する)という句動詞です。

動詞として使うとハイフンは必要ありませんが、”名詞”として使うと「build-up」になります。


実際の例文:


句動詞の場合:

The traffic is building up.
(交通渋滞が悪くなっている。)


名詞の場合:

There is a build-up of traffic.
(交通渋滞があります。)


しかし、多くの場合、句動詞が名詞になるとハイフンはなく単純に一つの単語になります。

例えば、「to log in」(ログインする)という句動詞はちゃんとした名詞になっていますので「log-in」ではなく「login」という書き方になります。

結局、ハイフンを使うかのか? 使わないのか?という事は正しい文法ルールで決まっていませんが、句動詞として使った場合はハイフンは使いません。

句動詞は英語学習者において非常に重要な知識になりますが、扱い方が複雑になります。もし英語学習中に句動詞に関する質問があれば、是非当サイトにご連絡くださいね^^ 





スポンサーリンク




   当サイトお勧めメソッド系英語教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

このEnglish Rebootという教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。
  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション
英語の知識や英単語を沢山知っているが英会話となるとさっぱり話せなくなるといった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。





   当サイトの制作のビジネス英語学習教材   


当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャー、そしてインドのビジネスマナーやシンガポールのビジネス英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて紹介しています。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。




  マスターランゲージ”の公式フェイスブックページ


マスターランゲージの公式フェイスブックページがオープンしました!
今後は今までメルマガで行っていたメルマガ塾の内容もこちらでアップしていく予定です!

今までサイト内やメルマガではお伝えしきれなかった情報もこちらの公式FACEBOOKページ内でアップしていく予定なので是非楽しみにお待ちください^^。また、英語やカルチャーに関する質問等はこちらのページから直接送って頂いても結構です^^






Share This Post