文法

「英文法が出来ない」という人への重要なアドバイス!まずは中学校レベルの英文法から始める事

「英文法が出来ない」という人への重要なアドバイス!まずは中学校レベルの英文法から始める事

英文法が苦手な人の原因とその克服方法を紹介します!



英語学習者の間では、よく「英文法できない」や「英文法が苦手だ!」という悩みをよく耳にします。これは多くの日本人の英語学習の悩みの一つだと思います。

一般的な日本人は「12歳の頃から高校生の頃まで」学校で英語を勉強していますが、教え方の影響(せい?)もあり、英文法が「理解出来ない」、「英文法は嫌い」という人が多いと思います。

そんな事から「英文法」はとても嫌なイメージで嫌な思い出になっている人は多いと思います。それは、何故なら「中学校の英語教育は主に受験対策向け」の授業なので、つまらない文法の授業やテストが多いわけですね。

そういったテストの問題に答える為には数多くの文法テストを練習する必要がありますが「これはどういう意味なの?」、「英語ネイティブは本当にこういう文章を使っている?」などの「本来英語を話す上で重要なポイントが忘れられている」という問題があります。

とにかく、今の日本の学校で求められている英語力とは「英語の授業で教えられた文法を丸暗記してテストでその覚えた知識を使い問題を解く」というようなスキルです。以上の事から本当の英語力をテストするような問題は殆どないと思います。暗記した情報を確かめる為の問題ばかりです。

しかし、英語はただの学校の科目でテストされることではなく「実際に使われている生きている言語」なのです。日本の英語教育はこの重要な部分を忘れてしまっています。

そして、英語は世界の共通語なので英語をマスターする事はとても重要だと思いますが、学校で勉強する英語は、実はリアルではあまり役に立たない場合が多いです。





英語の文法が苦手という人は実は日本の英語教育の影響!?英語の文法が苦手という人は実は日本の英語教育の影響!?

参考記事:「日本人が間違えやすい英語表現とよくある間違った英語を紹介


文法や単語を丸暗記しても外国人と英語で喋れるようになるわけではありません。

しかし、残念ながら、英文法をある程度勉強しないと英語は話せるようになりません! 文法とは、文章の意味・ニュアンスを決める事なので文法を正確に使えなければ、しっかりした英語の文章を作れません。

ですから、英文法を覚える際に学校でやってきたようなつまらない丸暗記の勉強法をする必要はありませんが、「英語の文法パターンを練習する」という必要はあります。つまり会話としてアウトプットするという事です。


私は「文法」という言い方よりも「パターン」という言い方を使った方が良いと思っています。英語の文法を「パターン」として考えると、「こういうシーンではこういうパターンを使えば良い」という考えを持てるようになります。

私の(日本語がペラペラな)外国人の友達はみんなそういった感覚で文法を捉えて覚えています。結局のところ、沢山の「文法パターン」を覚える事が出来れば殆ど、どんなシーンでも表現したい事を言えるようになると思います。


「英文法が出来ない」という人への重要なアドバイス!まずは中学校レベルの英文法から始める事「英文法が出来ない」という人への重要なアドバイス!まずは中学校レベルから始める




アドバイス1:日本語と英語の違いを理解する事



英語の英文法をゼロからやり直そうと考えている人は、まず先に「日本語と英語の大きな違い」を理解した方が良いと思います。

日本語と英語の間には、かなり違いが多いので「単語と単語をそのまま直訳する」という事ができません。そして「語順の違い」もあります。

日本語は「S O V」という語順です。例えば、「彼はテニスをしている」という文章では、「彼=S」、「テニス=O」、「している=V」になります。

英語の場合は、「S V O」という語順になります。同じ文章を英語にすると「He is playing tennis」という言い方になります。「He=S」、「is playing=V」、「tennis=O」という語順になります。


もう一つの大きな違いは、「日本語では主語を抜いてもオッケー」ですが、「英語では主語が必ず必要」という点の違いです。これは日本人の立場からみると細かく面倒な違いですが、英語の文章を作る時には「全ての代名詞(he, she, itなど)」を入れる必要があります。

もう一つの大きな違いは、「英語の動詞は主語によって形が変わる」という点です。例えば、三人称の場合、動詞の最後に「s」をつける必要があります。

上記のような違いがあるという事を理解出来れば、英語の文章を作る際にしっかりとした文章を使れるようになると思います。




アドバイス2:出来るだけ多くの例文を覚える事



中学校や高校の英語授業では文法がまるで「数学の公式」のように教えられています。例えば、「I wish + 仮定法過去完了」などの公式を覚えますね。しかし、こういう公式はとても覚えづらいと思います。

こういった覚え方で文法を学ぶと外国人と実際に英語で話す際には、こういった公式をいちいち思い出す必要が出てきてしまいます。

その後に単語を入れ替えてまた文章を作る必要があります。そうこうしているうちに相手はもういなくなってしまうかもしれません(笑)。

ですから、私のアドバイスでは、「公式」を覚える事よりも、それぞれの文法ポイントを「実際に使える英語の文章で覚える」という勉強方法をとった方が良いと思います。

例えば、上記の「I wish + 仮定法過去完了」という公式を覚える事よりも「I wish I had been a doctor」(私が医者だったらよかったのに)という文章で文法を覚えた方が効果的だと思います。

そして、英語で「~だったらよかったのに」と言いたい際には、この英語の例文を思い出せます。



>> 英文法をパターンで覚える英語教材 <<



アドバイス3:中学校で勉強する英文法の知識でOK



殆どの日常英会話は中学校レベルの文法しか使いません。とても簡単な英文法だけで殆どの言いたい事を言えると思います。

中学校の英語は3年間をかけて学びますが、実は本気で勉強すれば「3ヶ月」くらいで全て覚えられると思います。

複雑な言い方ではなく、短くシンプルで文法的に正しい言い方をすれば、世界中の人々とコミュニケーションを取れるようになると思います。複雑な文法は必要ないと思います。

ですから、「英文法ができない」と思っている方でも英語を話せるようになると思います。




アドバイス4:日本語から直訳しない事



上記でも説明したように、「日本語から英語に直訳する」という事は最も危ない行為です!

英語の言い方と日本語の言い方は、かなり違いますので出来るだけ英語の文章をそのまま覚えた方が良いと思います。

ですから、教材を選ぶ際には「沢山の例文が入っている」という教材を選んだ方が良いと思います。

数多くの英語の例文を覚えば、そのうち頭の中で、その例文を使って単語を入れ替えて新しい文章を作る事が上手になります。

最終的には、日本語で考えずに「こういう時にこういう英語が必要」というセンスを鍛える事が出来るようになります。




アドバイス5:アウトプットを練習をする事



中学校の文法テストは主に「単語を正しい順番にしましょう」や「抜けている単語を選びましょう」などの質問が大半です。こういった質問はテストの時に学校の先生がチェックしやすい為に作られているテスト形式なんだと思います。

しかし、そういったテストは実際の英会話向け、実際に英語を使えるようになる練習にはならないと思います。当たり前ですが、外国人と英語で話す際にそういったスキルは全く役に立たないですからね・・。

ですから、文法を覚えるためには、英語の練習の仕方がとても重要だと思います。特にポイントになるのが「役に立つ練習をする事」が全てだと思います。

私の意見では、「日本語から英語に翻訳する」というスキルが最も重要だと思います。そして、一瞬で「文章を疑問文にする事」や「過去形にする」というスキルの方が重要だと思います。

ですから、文法の練習をする際には「和英翻訳」のような練習が一番重要になってくると思います。



以上の問題を解決する為のお勧めの教材



当サイトは先日「English Reboot(イングリッシュリブート)」という英文法パターンを学べるメソッド系の教材を作りました。この教材は、何といっても「例文がとても多い」という点がポイントです。そして、出来る限り分かりやすい文法の説明も入れています。

そして、この教材でメインとなるには「アウトプットの練習」が出来るという点です。上記で紹介したお勧めの「和英翻訳」や「文章を疑問文にする」、「文章を過去形にする」などのアクティビティーを行っていきます。





>> English Rebootの詳細を確認してみる <<


当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

●ステップ1: リスニング
●ステップ2: リピーティング
●ステップ3: シャドーイング
●ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
●ステップ5: ディクテーション

英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

当サイトが制作したビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。