リスニング

wanna、gonna、gottaの意味と使い方をネイティブが徹底解説します!

「wanna」,「gonna」,「gotta」はどういう意味ですか?英語のつなぎ言葉・自然な英語を話すコツを紹介

英語のつなぎ言葉・自然な英語を話すコツとして「wanna」、「gonna」、「gotta」の正しい使い方・使い分けを紹介



今回の記事では、ネイティブのように自然な英語を話せるようなる為に、wanna、gonna、gottaの意味と使い方、正しい使い分けについて紹介してみたいと思います。

そして、これらの使い分けのコツが分かればネイティブが話す英語をもっとうまく聞き取れるようになると思います。

英語ネイティブの人は日常会話の際に意外と「文法的に正しい英語」を話しません。そして、綺麗で聞き取りやすい発音を使う事は稀です。つまり、ネイティブの人はリスニング教材のように喋りません。

ネイティブは英語を話す際に単語を繋いだり、省略したりするので、ペラペラと早口で話しているように聞こえるかもしれません。また早く話したりする癖もあると思います。

そのような事も関係して日本人の英語学習者にとって、ネイティブの英語はとても聞き取りづらい場合が多いと思います。


そこで、今回の記事では、英語ネイティブが使う「つなぎ言葉」について紹介していきたいと思います。

また、つなぎ言葉の中でも日常会話で特によく使われる「wanna」、「gonna」、「gotta」という言葉を中心して使い方を紹介していきます。

では、「wanna」、「gonna」、「gotta」とはどういう意味なのでしょうか?どうやって発音すればいいでしょうか?、正しい使い方は? 以上について説明していきます。


wanna、gonna、gottaの意味と使い方をネイティブが徹底解説します!wanna、gonna、gottaの意味と使い方をネイティブが徹底解説します!








wannaの正しい使い方、使い分け、発音、ニュアンス



意味:「want to ~」と同じ意味


英文法では、「want to 動詞」は「~がしたい」という意味になります。この文法は日常会話で非常によく使われていますので、どのようなシーンの会話でもよく出てきます。

英語ネイティブの人は「ウォント・ツー」という発音ではなく、「ワナ」という発音を使います。つまり、「want」と「to」を繋いで発音します。


「wanna」は正式な単語ではありませんので、英語のライティングする際に使いませんが、友達同士のメールや、SNS等では「wanna」と書く若者がいます。



wannaを使った例文と発音の紹介



それでは、例文を使って発音を練習してみましょう。


例文:

Do you wanna go get something to eat?
(何か食べ物を買いに行かない?) ※自然な発音:ジャ・ワナ・ゴー・ゲ・ツァムセィング・トゥ・イー?


※「Do you」も繋いで発音するネイティブもいます。繋いだ場合は「ジャ」か「ドゥヤ」という発音になります。

Hey! I wanna go too!
(おーい!私も行きたいよ!) ※自然な発音:ヘーイ!アイ・ワナ・ゴー・トゥー!


What does he wanna watch?
(彼は何が観たい?) ※自然な発音:ワダセィー・ワナ・ワーッチ?

※「What」と次の代名詞も繋がります。「What does he」は「ワダセィー」になり、「What do you」は「ワダヤ」になります。




gonnaの正しい使い方と使い分け、発音、ニュアンス



意味:「going to」と同じ意味

英語の「going to 動詞」というパターンは“未来の計画”を表す文法です。自然な英会話では、「ガナ」と言う発音になります。



実際の例文と発音の紹介

What are you gonna do tonight?
(あなたは今夜、何をするつもりですか?) ※自然な発音:ワダヤ・ガナ・ドゥ・トゥナイ?


I’m gonna go to bed now.
(もう寝るよ。) ※自然な発音:アイム・ガナ・ゴー・トゥ・ベーッド・ナウ


Are you going to eat that?
(あなたはそれを食べるの?) ※自然な発音:アール・ユー・ガナ・イーッゼァー?




gottaの正しい使い方、使い分け、発音、ニュアンス



意味:「got to」と同じ意味


英文法では「got to 動詞」は「~する必要がある」という意味になります。自然な会話では「ガダ」や「ゴッタ」(イギリス英語の発音)になります。

この文法は少しスラングっぽい言い方です。正式な英語では「have to ~」と表現します。しかし、一般的なネイティブの自然な会話では「gotta」の方がよく使われますので、この機会に覚えておいた方がいいでしょう。


実際の例文と発音の紹介

Sorry, I gotta go now.
(ごめんね、もう行かないとだめだよ。) ※自然な発音:サリー・アイ・ガダ・ゴー・ナウ


You’ve gotta go to school now. Hurry up!
(もう、学校に行かないとだめだよ。急いでね!) ※自然な発音:ユーヴ・ガダ・ゴー・ダ・スクール・ナウ・ハリーアープ!


I really gotta eat this? Are you serious?
(本当にこれを食べないとだめなの?まじで?) ※自然な発音:アイ・リリー・ガダ・イーッゼィス?アール・ユー・セィリアス?!



その他の「英語のつなぎ言葉」になる表現を紹介



英語には他にも「つなぎ言葉」が沢山あります。


例えば:

  • have to → hafta (ハフタ)
  • ought to → oughta (オーダ)
  • should have → shoulda (シュダ)
  • could have → coulda (クダ)
  • would have → woulda (ワゥダ)
  • might have → mighta (マイダ)
  • don’t know → dunno (ダノー)



今度、英語圏の国のテレビドラマや映画を観る機会があれば、上記に紹介した「つなぎ言葉」を意識してリスニングしてみると、実際の使われ方がわかり勉強になると思いますので、意識して聞いてみて下さいね!



当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

●ステップ1: リスニング
●ステップ2: リピーティング
●ステップ3: シャドーイング
●ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
●ステップ5: ディクテーション

英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。

当サイトが制作したビジネス英語教材

当サイトの記事を書いてる英語圏のネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なビジネス英語教材です。

ビジネス英語の知識を学習しながら英語圏各国(アメリカ、イギリス、オーストラリア)のビジネスマナーやビジネスカルチャーが学べるとても珍しい教材です。また、インド英語やシンガポール英語、フィリピン英語等、世界各国のビジネス英語に関する知識も合わせて学ぶ事が出来る他には無いビジネス英語教材です。

本教材には音声教材(英語の後に日本語訳の音声が流れます)も付属しているので、通勤中の電車中や空いた時間を使って音声のみで効率的にビジネス英語の表現が学べます。

また外資系企業へ就職・転職を考えている方には非常に役立つ面接での表現やCV、レジュメの書き方や面接テクニック等も詳しく紹介しています。

他にも海外の輸入ビジネス、貿易ビジネスなどにも使える例文も紹介していますので、外国の企業とビジネスを行う上でも十分に活用出来る教材です。