リスニング

オーストラリア英語が聞き取れない理由と対策・勉強法を紹介

オーストラリア英語のリスニング力を上達させる勉強法を紹介します!



今回の記事では、TOEICを勉強している方等からよく耳にする「オーストラリア英語の聞き取れない」という悩みに対する解決策をネイティブのオーストラリア人である私、kylie(カイリー)が紹介してみたいと思います。


カイリー
カイリー
マスターランゲージをご覧の皆様、こんにちはオージーの英語教師のカイリーです。オーストラリア英語の訛り、発音に慣れていない方は聞き取れないという方は多いようです。それでは、何故、オーストラリア英語は聞き取りずらいと言われているのでしょうか?


今回の記事では、久しぶりにオーストラリア英語の特徴オーストラリア人の英語の発音について詳しく話してみたいと思います。


オーストラリア英語はアメリカ英語やイギリス英語ほどメジャーな存在ではありませんが、私の意見ではオーストラリア人が使う英語は、英語学習者であれば、ちょっとでも知っておくべきだと思っています。

それは何故なら、日本に来るオーストラリア人が多いですし、オーストラリアに行く日本人は意外に多いです。つまり、日本人の英語学習者は英語圏のネイティブというと、オーストラリア人と交流する機会は意外に多いです。

そして、他のアジアの人たち(中国人、韓国人、インドネシア人など)もオーストラリアを留学先として使って英語の勉強をしていますので、オーストラリア英語の特徴や訛り、表現を使う人も多いです。

ですから、オーストラリア英語が分かれば、色々な人とスムーズにコミュニケーションを取る事が出来ると思います。


オーストラリア英語が聞き取れない理由

しかし、日本の義務教育の中で英語と言えば「アメリカ英語が中心」になっています。ですから、日本人がいきなりオーストラリア英語を耳にすると、アメリカ英語と違い、独特の発音に困る人が多いと思います。

オーストラリア英語とアメリカ英語は発音が違いますし、使う表現、スラング、イディオムなども違います。多くの日本人の英語学習者は「オーストラリア英語が訛っていて聞き取れない!」という事を言う人も多いようです。

確かに私が日本に来た頃、他の英語ネイティブ、例えばアメリカ人と話した際に彼らは私の話す英語には特徴があって「可愛い」と言っていた記憶があります^^。

私にはオーストラリア人の知り合い(夫婦)、イギリス人の友達、アメリカ人の友達など、色々な国の英語ネイティブがいますが、それぞれの国の英語はちょっとした点で違いがあります。

私達ネイティブが会話していて、お互いの英語が通じないという事はありませんが、使う単語には違いがあるので、そういった部分の気をつければ、コミュニケーションで問題が起きる事はありません。


今回の記事では、「オーストラリア英語の”リスニング力”をアップさせる方法」を紹介してみたいと思います。オーストラリア英語の音声は最近のTOEICのリスニングテストにも出てきます。

ですから、オーストラリア人の友達がいなくてもこの記事で紹介する情報は役に立つと思います。それでは、始めましょう。




まずはオーストラリア英語の発音の特徴を理解する事


オーストラリア英語を聞き取れるようにするには、まず、オーストラリア英語の発音の特徴を理解した方が良いと思います。日本人の英語学習者にとってアメリカ英語の発音は馴染み深く、その特徴を理解している方は多いと思います。

そして、中にはイギリスの文化、イギリスのテレビドラマ、映画が好きという方もいらっしゃると思いますので、そういった方はイギリス英語の発音の特徴についても、ある程度理解がある方も多いと思います。



しかし、オーストラリア英語に関しては知識がない方は多いと思います。特にオーストラリア英語の発音となると、それを知っている方は少ないはずです。オーストラリア英語の発音は、アメリカ英語ともイギリス英語とも違います。

そこで、オーストラリア英語の初心者に分かりやすいように重要なポイントを3つにまとめました。実はオーストラリア英語の発音は「イギリス英語が元になった」と言われています。

その昔、初めてオーストラリアへ行ったヨーロッパ人はイギリス人とアイルランド人でした。オーストラリア英語の発音はそれらの地方の発音から進化して出来上がったものです。

そして、オーストラリア英語の発音とロンドンの「コックニー」の発音は似ている点が多いようです。





オーストラリア英語の発音の特徴1: オーストラリア英語は「r」を発音しない


オーストラリア英語の発音は「非rの発音」です。つまり、イギリス英語と同じように単語の中、一番最後に出てくる「r」は発音しません。

例えば、「car」という単語の「r」は発音しません。日本語のカタカナの「カー」のように発音します。


逆に、アメリカ英語ではその「r」ははっきり発音します。その点でイギリス英語とオーストラリア英語の発音は日本人にも発音しやすいと思います^^

「非rの発音」は英語で「non-rhotic」といいます。ほとんどのイギリス英語の地方の訛りは「non-rhotic」ですが、スコットランド英語とアイルランド英語の発音は「rhotic」です。

つまり、「r」をはっきり発音する英語の種類です。オーストラリア英語はどの地方であっても「非rの発音」になります。



オーストラリア英語の発音の特徴2: 「a」の発音は「アイ」になる


「day」や「pay」などの単語「a」の発音は「エイ」ではなく「アイ」に近い発音になります。オーストラリア英語の有名な挨拶は「g’day mate」ですよね。

アメリカ英語の発音では「グデイ・メイト」になりますが、オーストラリア英語の発音では「グダイ・マイト」に近いです。


オーストラリア英語の発音の特徴3: 「ca」の発音は「キャ」ではなく「カ」になる


オーストラリア英語の発音では「ca」は「キャ」ではなく「」に近い音になります。これもイギリス英語に似ていると思います。例えば、「can」という単語は「キャン」ではなく「カン」に近いです。

「can’t」は「キャント」ではなく「カーント」に近い発音になります。他にも微妙な母音の違いがありますが、この3つのポイントが最も大きな違いだと思います。

これらの違いが分かれば、オーストラリア英語を聞き取る際にもう少し聞き取りやすくなると思います。それでは、具体的にオーストラリア英語を勉強する際の方法やポイントを紹介していきます。


オーストラリア英語を勉強する方法


オーストラリア人の「単語を省略する癖」を理解する事


オーストラリア英語の最も有名な特徴は「単語を省略する癖」だと思います。オーストラリア人はとてもカジュアルにコミュニケーションを取ります。そのため、「日常会話中では面倒なので長い単語を短くする」という人が多いです。

例えば、「afternoon」(午後)という単語は「arvo」になります。「mosquito」(蚊)は「mozzie」になります。「Australian」(オーストリアの)は「Aussie」になります。

多くの場合、省略された単語は「~o」か「~ie」という語尾になっていますので、判別はしやすいと思います。例えば、代表的な省略として以下のようなものがあります。

  • afternoon → arvo (午後)
  • mosquito → mozzie (蚊)
  • Australian → Aussie (オーストラリアの)
  • barbecue → barbie (バーベキュー)
  • cup of tea → cuppa (紅茶)
  • sunglasses → sunnies (サングラス)
  • biscuit → biccies (クッキー)
  • breakfast → brekkie (朝ごはん)



他にも例は沢山あります! そして、単語だけではなく「人の名前」を省略してニックネームを作る場合も多いです。そして、その場合「~o」か「~ie」という発音で終わるニックネームが多いです。

  • Steven → Stevo
  • Thomas → Thommo
  • Dean → Deano




オーストラリア人の「リンキング」を理解しよう!


英語の「リンキング」とは、会話中に「単語と単語をつなげて発音する」という話し方の事を指します。

例えば、「this is a pen」というフレーズは「ゼィス・イズ・あ・ペン」と言う発音ではなく、ネイティブが言うと「ゼィセィザペン」という発音になります。この現象を「linking」といいます。

どの種類の英語でもリンキングは行われますが、「オーストラリア英語が聞き取れない」という人は「リンキング」について理解するべきです。


 


効果的な学習法としてオーストラリア英語のリスニングマラソンを行おう!


当たり前の事ですが、オーストラリア英語を聞き取れるようになりたいなら「リスニングする量を増やす」ということが最も効果的です。

オーストラリア英語教材は他の英語教材と比べると少し数が少ないですが、こちらのサイトでも紹介されているようにアマゾンでも買う事が出来ます。




こういったオーストラリア英語の教材を購入して音声を何度も繰り返して聞き取る練習を行うようにしましょう。とにかくリスニング量を増やして耳を慣らす事が大切です。

そして、教材だけではなく、ネイティブ向けのオーストラリア映画も見た方が良いと思います。オーストラリアの映画を探すのは難しいと思いますが、以下のページでオーストラリア映画のお勧め一覧リストを読む事が出来ます。



 


実際にオーストラリア人と会話して練習してみよう!


日本にいながらにしてオーストラリア人のネイティブと英語で会話する機会は少ないでしょう。そして、オーストラリア人の友達がいるという方も少ないと思います。

そんな時に利用したいのが、最近ブーム中の「オンライン英会話スクール」でのレッスンです。こういったスクールを調べるとオーストラリア人が講師の英会話スクールは沢山あります。

例えば、DMMのオンライン英会話スクールでは、先生の国籍を選ぶことが出来ます。今ざっと調べてみても「22人」のオーストラリア人の先生を見つける事が出来ました。





オーストラリア英語が聞き取れるようになる勉強法のまとめ


オーストラリア英語が聞き取れないという人は多いと思いますが、今回紹介した5つのステップを行って学習していけば、オーストラリア英語に対してのリスニング力をかなりレベルアップする事が出来ます。


  1. オーストラリア英語の発音の特徴を理解しよう。
  2. オーストラリア人がよく使う省略を覚えておきましょう。
  3. 「リンキング」に慣れましょう。
  4. 教材、映画を使ってリスニングの量を増やしましょう。
  5. オーストラリア人と話してみましょう。

それでは、皆さん! TOEIC試験、オーストラリア留学、オーストラリア人とのコミュニケーションの為にオーストラリア英語の勉強を頑張りましょう!

当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際に会話する際に使う「文法パターン」を繰り返し「アウトプットの訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: Practice(アウトプットの練習)
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。