マインドセット

英語が話せる人はどんな方法で英語の勉強をしているのか?

英語をペラペラ話せる人達の勉強の仕方

英語がペラペラ人達の勉強の仕方考え方


私の友人の中には、外国語を話せる人が比較的多いです。各々は、それぞれ少しだけ違った勉強方法を行っています、結局は、突き詰めてみると学習方法は非常に似通った点があります。

彼らの共通点こそが、語学学習の成功の秘訣だと思ます。今回の記事は、外国語をマスターした人達の学習の共通点について紹介してみたいと思います。



英語に触れる機会が多く英語に費やす時間が圧倒的に長い


書店に入って、英語学習関連の本を見ると、「一日五分で英語が話せる方法!」や「一ヶ月で英語がペラペラ!」などの楽観的なタイトルが多いですよね・・。

これらのような過激なタイトルで販売されている英語学習の本は「努力と時間を費やさずに英語が習得できる!」といったキャッチコピーで、英語学習の初心者たちに甘い言葉使って本を買わせようしている
マーケティング担当者の仕掛けに過ぎないと思います。

確かに、一日5分の学習は全く勉強しないよりはいいかもしれませんが、一日5分程度の英語学習でそれ以外に何も英語に触れずにいると、実際に英語が話せるようになるまでに数年間を要する可能性があります。

外国語を流暢に話せる人達に、英語習得に必要な勉強量を質問してみると少し謙遜しながら・・・ 「まあ、大体、毎日少しくらいは勉強してたね」と答える人が多いかもしれません。

しかし、彼らは確実に英語習得までに数千時間のリスニングの学習スピーキングの練習やリーディングの学習に時間を割いています。私も日本語が話せるのでいつもこんな質問をされます。

「あなたは、言語の才能があるでしょう?」

日本語を話していると、決まってこのような質問をされる事が多いです。実は、私は全く語学に対して才能がないと思っています。私自身中学校の時は一番成績の低い教科は”外国語”でした。苦手意識があって本当に出来ませんでした。

しかし、今になって考えてみると当時の私の外国語に対する勉強量は圧倒的に少なく、自分ではやっているつもりでも殆ど勉強していない状態だったと思います。もっと言うなら外国語を勉強する上で重要なポイントがずれていました。

しかし、日本語の習得の充てた勉強時間は「数千時間」は費やしたのではないかと思います。勿論、ストイックに勉強した時期もありましたが、基本的には自分の好きな教材を使い、自分の興味のあるテーマで勉強を進めていきました。それらの結果、様々な会話の知識が蓄積されたからこそ現在は日常生活で不自由なく日本語を話せるようになったとのだと思います。

「あなたは英語に触れている時間を1時間でも多く増せますか?」


英語習得者は多くの異ったメディアと教材を使っている


英語習得者達は、英語の教科書だけで勉強していない。一番「勉強」が上手な人は、実は伝統的な勉強方法使っていないと思います。

その代わりに彼らは、多くの本や、音楽、映画や、ドラマを教材として使っている。自分の周りに、積極的に英語の環境を作っている。一つの教科書を勉強していて退屈であれば、英語圏の映画を見て勉強する方法を知っている。




目標を持って英語を使う事が好きである


これは当たり前だと思いますが、英語を話す事が恥ずかしいと思ったり嫌なことだと思っているなら、正直言ってしまうと中々英語力アップは見込めません。

英語習得者達は、英語を話す機会があれば、当然その機会を積極的に使います。人と話す事が好きですし、英語でアクティビティーをするのが好きです。英語を使う事が好きであれば、練習時間が自然と増える。



外国語が上手な人はモチベーションが高い人が多い


英語習得者達のモチベーションは高いと思います。語学を勉強する目的があるし、目標もある。英語が自分の生活にとって必要な人も多いかもしれません。モチベーションが低ければ、途中で英語学習を諦める可能性が高いからです。

あなたの英語学習の目標は何でしょうか? 目標を明確にする事で、学習モチベーションや学習時間の管理をしっかりと行えます。



積極的に独学で自主学習している


英語習得者達はの中には英会話教室を通っている人もいるでしょうし、大学で英語を勉強した人もいます。また、中にはプライベートで英会話レッスンを受けている人もいると思います。

だからと言って、先生や英会話スクールに頼りすぎると英語学習のスタイルは「受動的な学習」のみになってしまうと思います。

英語習得者達は、先生や英会話スクールの講師を使って勉強しているかもしれないが、大部分のインプット(リスニングやリーディングなど)は、個別に自習を行っています。



先生やネイティブスピーカーを上手く使っている


私から、本当の意見を言えば、自分の仕事がなくなってしまうかもしれませんが、英語(外国語)を話せるようになりたいなら先生や教室は殆ど必要がないと思います(笑)。

殆どの言語関係の情報(ボキャブラリー、文法のパターンや、文法の使い方など)は、本やインターネットを使って自分で勉強する事ができる。

実際には、殆ど先生は必要がないと思っています。ですが、以下の内容を確認したい時には、積極的に利用するべきです。

「スマートな英語習得者になる為には、先生や会話パートナーを上手く使う事」

自分が会話した内容のフィードバックのために使えますし、ネイティブが使う自然な会話の例を吸収できます。教科書に載っていない情報を得るためには、英語の先生やネイティブスピーカーが役に立つツールになります。

実際多くの英語習得者達は教室に通っていない人も多いと思います。あなたは現在、英語学校に通っているのなら、自分の先生とレッスンタイムを上手く使っていますか?



英語習得者は忍耐強い


成功する英語習得者は本当に忍耐強いと思います。何度も同じ表現を繰り返して聴いたり、話したりしながら「自分の言葉として英語を使える」という状態になるまで何度も同じ文法パターンを練習します。

そうやって、自分の知識を復習しています。人間の記憶力は忘れてしまいやすいので、新しい知識や情報を直ぐ忘れてしまいます。

しかし、英語が上手な人達はボキャブラリーや文章、表現を忘れないように常にインプットした情報を繰り返して復習しています。

あなたは、英語学習の知識を復習する習慣とシステムを持っていますか? フラッシュカードを使えば簡単に単語やフレーズの確認が出来ます。

ミュージックプレイヤーに入っている英語を忍耐強く繰し聞いていますか? 繰り返しの復習が英語習得の唯一の近道です。



当サイトのメソッド系英語教材

当サイトの記事を書いてるネイティブのライターが制作から編集までを行った英語のニュアンスも完璧なメソッド系英会話教材「English Reboot」をご紹介します。

この教材は、日本の中学校で教えられている英会話において基礎になるベーシックな英語知識(文法)を”ゼロから頭脳にインストール”するというコンセプトの教材になっています。

当教材は合計で「12のセクション」で構成されています。中学校の1,2,3年生の時に学習した基礎英文法をステップバイステップでメソッドにより学んでいきます。

「English Reboot」は以下の学習ステップに沿って”英語を話す為の基礎知識”を固めていき、実際の英会話で使われている「文法パターン」を使い繰り返し「アウトプット訓練」を行っていきます。

  • ステップ1: リスニング
  • ステップ2: リピーティング
  • ステップ3: シャドーイング
  • ステップ4: プラクティス
  • ステップ5: ディクテーション


英語の知識や英単語を沢山知っているが「いざ英会話となるとさっぱり話せなくなる」といった英語学習者の為にアウトプットとリスニングに重点をおいた英語教材になっています。

英語初心者の方でもお使い頂ける学習内容・レベルになっていますので、英語の勉強をゼロからやり直したい方、英語を話せるようになりたい方にはお勧めの学習メソッドです。